FC2ブログ

映画の日々

古今東西 映画の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『HOME 愛しの座敷わらし』

「HOME 愛しの座敷わらし」サブ画像

<イントロ>

原作は、2007年に朝日新聞紙上に連載された荻原浩の『愛しの座敷わらし』(朝日文庫刊)。第139回直木賞候補にも選出された家族小説の傑作を、人気シリーズ「相棒」の主演&スタッフが真心を込めて映画化!

サラリーマン一家の絆の再生と不思議な座敷わらしとの触れ合いを、東北の美しい情景とともに、ユーモラスかつ感動的に描いていきます。

主人公・高橋晃一を演じるのは、ホームドラマへの出演が長年の夢だったと語る水谷豊。

逃がれの街』(83年)以来、これが29年ぶりの単独主演映画となる。共演は、晃一の妻・史子にNHK「てっぱん」のお母さん役も記憶に新しい安田成美。長女・梓美に『告白』で一躍注目された橋本愛。梓美の弟・智也に大河ドラマ「龍馬伝」の濱田龍臣。そして、晃一の母・澄代に、日本を代表するベテラン女優・草笛光子。監督は「相棒」シリーズの和泉聖治。

「家族のつながる場所は、きっとある」、2012年4月28日、家族映画の傑作が、誕生します。

<ストーリー>

父・晃一の転勤で、東京から岩手の田舎町へと引っ越してきた高橋一家。

晃一がよかれと思って選んだ新しい住まいは、なんと築200年を 数える古民家だった!

引っ越してまもなく、不思議な出来事が高橋家に起こり始める。誰もいない場所で物音が聞こえたかと思え ば、囲炉裏の自在鉤が勝手に動いたり、掃除機のコンセントがふいに抜けたり、手鏡に見知らぬ着物姿の子どもが映ったり。どうやらこの家に は東北地方の民間伝承に有名な“座敷わらし”が住んでいる!一風変わった同居人と高橋一家の不思議な共同生活。どうなる高橋家!?

<キャスト・スタッフ>

原作:「愛しの座敷わらし」荻原 浩(朝日文庫刊)

監督:和泉聖治「相棒」シリーズ

脚本:金子成人「義経(NHK大河ドラマ)」「敵は本能寺にあり(EX)」

出演:水谷 豊 、安田成美、濱田龍臣、橋本 愛、草笛光子

制作プロダクション:東映東京撮影所/東映テレビ・プロダクション

製作:「HOME 愛しの座敷わらし」製作委員会 配給:東映

(C)2012「HOME 愛しの座敷わらし」製作委員会

<公開日>

2012年4月28日(土)



 映画館では予告編が流れています。かなりいけそうな感じはします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/08(木) 18:00:07|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://screens.blog64.fc2.com/tb.php/1760-f2473a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。