映画の日々

古今東西 映画の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ヒューゴの不思議な発明』本年度アカデミー賞最多11部門ノミネート!

「ヒューゴの不思議な発明」サブ画像
Jaap Buitendijk
© 2011 GK Films. All Rights Reserved.

本年度アカデミー賞最多11部門ノミネート
作品賞・監督賞含む、主要部門独占!
スコセッシ監督5年ぶりの緊急来日も決定!!

パラマウント ピクチャーズ配給、3/1(木・映画の日)日本公開のマーティン・スコセッシ監督最新作『ヒューゴの不思議な発明』。早くからアカデミー最有力と注目されていた本作は、本年度のアカデミーノミネーションで圧倒的貫禄で作品賞、監督賞を含む最多11部門のノミネートを達成した。
1930年代のパリを舞台に、駅の時計台に隠れ住むひとりぼっちの少年ヒューゴの冒険を、映画の父として知られるジョルジュ・メリエスの映画創世記の時代と共に全く新しい3D映像で描いた、スコセッシ監督が魂と本物の【映画愛】を込めて贈る渾身の最高傑作。1/24現在、全世界の各映画賞において28部門を受賞、126部門のノミネートとなり、いよいよ2/16には、都内のホテルにて、来日記者会見を行う予定。『アバター』のアカデミー9部門ノミネートを超えて、ジェームズ・キャメロン監督も果たせなかった、3D映画初の作品賞や監督賞受賞へ向けて世界中の期待と注目が集まる中、本年度アカデミー賞の大本命となった。
ここ2年、『ハート・ロッカー』『英国王のスピーチ』と最多ノミネート作品が、アカデミー賞作品賞&監督賞を受賞していることを鑑みると、本作が紛れもなくアカデミー賞最有力候補となった。
<最多11部門ノミネート>:作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞、編集賞、作曲賞、録音賞、音響効果賞、視覚効果賞
配給:パラマウント ピクチャーズ
監督:マーティン・スコセッシ 製作:ジョニー・デップ
出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、ベン・キングズレー、サシャ・バロン・コーエン、クリストファー・リーほか。
3/1(木・映画の日) TOHOシネマズ 有楽座他、全国ロードショー!(3D/2D同時公開)
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン



 11部門!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2012/02/11(土) 21:59:58|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://screens.blog64.fc2.com/tb.php/1733-0bd5fa28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 2012/09/11(火) 22:50:15 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。