FC2ブログ

映画の日々

古今東西 映画の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『マリリン 7日間の恋』 第84回アカデミー賞にて2部門ノミネート!! 主演女優賞(ミシェル ウィリアムス)助演男優賞(ケネス ブラナー)

「マリリン 7日間の恋」メイン画像

この度、角川映画配給3月24日(土)に全国公開する『マリリン 7日間の恋』が、1/24(火)日本時間深夜に発表されました、第84回アカデミー賞にて、主演女優賞(ミシェル ウィリアムズ) 助演男優賞(ケネス ブラナー)、2部門にて見事ノミネートされました!!

世界のセックス シンボルと謳われたマリリン モンローの誰も知らなかったラブロマンスを、コリン クラークによる回想録を元に映画化。
ブロークバック マウンテン』『ブルーバレンタイン』でオスカー候補となったミッシェル ウィリアムズがマリリン モンローを演じるほか、エディ レッドメイン、ケネス ブラナー、ジュディ デンチ、エマ ワトソンら豪華俳優陣が出演!!

<ストーリー>
世界中から愛された、"世紀のスター"マリリン モンロー
たった7日間の恋に落ちたのは、名もなき23歳の青年だった。

1956年、名優ローレンス オリヴィエとの共演のため、イギリスへやってきたマリリン モンロー。結婚したばかりの劇作家アーサー ミラーを連れて、初めての海外での撮影に意気込む。しかしオリヴィエとマリリンは、演技法の違いで日々対立し、撮影は大幅に遅れていく。さらに不安定な彼女に創作活動を乱された夫は、先にアメリカへ帰国してしまう。孤独なマリリンを理解し支えてくれたのは、新人監督の青年だった-。

マリリン モンローが初めて愛した年下の青年との間に芽生えた、
約50年間封印されていた恋の実話がいま明らかとなる。

<スタッフ キャスト>
監督:サイモン カーティス

原作:コリン クラーク 「マリリン モンロー 7日間の恋」(新潮文庫刊)

出演:ミッシェル ウィリアムズ、ケネス ブラナー、エディ レッドメイン、ジュリア オーモンド、ドミニク クーパー、ダグレイ スコット、エマ ワトソン、ジュディ デンチ 

(c)2011 The Weinstein Company LLC.,All Rights Reserved.

http://marilyn-7days-love.jp/

3月24日より全国ロードショー



 ミッシェル ウィリアムズの演技を早く観たいものです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2012/02/05(日) 23:17:27|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://screens.blog64.fc2.com/tb.php/1727-55d5f559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。