映画の日々

古今東西 映画の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天地明察

ポスター

星が動く。時代が動く。
米アカデミー賞受賞 滝田洋二郎監督最新作。
豪華スタッフ、キャストで、話題のベストセラー小説、待望の映画化!


碁をもって徳川家に仕える碁打ちの家に生まれた安井算哲。囲碁以外にも、算術・神道など様々な知識を持つ算哲が最も愛したもの、それは星を眺めること。会津藩主・保科正之の命で、日本全国の北極星の高度を測り、その土地の位置を図る北極出地の旅に出た算哲は、その途上、今、使われている暦の重大な誤りに気付く。旅から戻った算哲は、その誤りを正す改暦の大事業を担うことになるが、それは、暦を司る権力=朝廷への挑戦を意味し、更に暦の作成には正確に星の動きを知り途方も無い計算を極めねばならず、正に天と地への挑戦に他ならない。算哲を想い続け、やがて妻となったえんや、彼のよき理解者であった水戸光圀、算術や天文学に魅入られた多くの仲間たちの支えを受け、権力から度重なる理不尽な仕打ちを受けながら、算哲の生涯を賭けた挑戦が始まる――。

原作:冲方丁(『天地明察』角川書店刊)2010年本屋大賞第1位 
脚本:加藤正人(『孤高のメス』) 滝田洋二郎 監督:滝田洋二郎(『おくりびと』)
出演:岡田准一 宮あおい
   佐藤隆太 市川亀治郎 笹野高史 岸部一徳 渡辺大 白井晃 横山裕 市川染五郎
   中井貴一 松本幸四郎
共同配給:角川映画/松竹

(c)2012『天地明察』製作委員会

9月15日(土) 丸の内ピカデリー他 全国ロードショー



 楽しみです!

スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/16(金) 21:13:53|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Sundance London: Film Programme Unveiled For Inaugural Event - 7th March 2012


SUNDANCE LONDON: FILM PROGRAMME UNVEILED FOR INAUGURAL EVENT
14 Films Make Their UK Premieres, 26-29 April at The O2


London, 7 March 2012 — Sundance Institute and The O2 announced today the programme of 14 narrative and documentary feature films that will make their UK premieres at the inaugural Sundance London festival, taking place at The O2 from 26-29 April. These films premiered in January at the 2012 Sundance Film Festival in Park City, Utah – the premier independent film festival in the United States.

“I welcome the opportunity to see how people in the UK experience these films,” said Robert Redford, President and Founder of Sundance Institute. “While they are American productions they speak to universal experiences and global challenges.”

He went on to add, “Sundance London also is the perfect opportunity to continue our long-time commitment to growing a broader international community around new voices and new perspectives.”

John Cooper, Director of the Sundance Film Festival, said, “Sundance London grew out of our desire to help American independent filmmakers expand their reach, and we are happy that these 14 filmmakers are joining us on this adventure. Their participation has helped us to not only create a programme for Sundance London that reflects the diversity of our film festival in Park City, but also that helps build an enduring legacy of American stories that speak to international audiences.”

strong>Alex Hill, Chief Finance and Strategy Officer of AEG Europe, owners of host venue The O2, adds:  "All at The O2 are very excited that the inaugural Sundance London film and music festival is nearly upon us.  The 14 films which Sundance Institute is bringing to London reflect the strength, depth and breadth of American independent cinema that showcased earlier in the year at the Sundance Film Festival.  They complement an exciting music component with performances from Tricky and Placebo, and our opening night event An Evening With Robert Redford and T Bone Burnett.  In what is arguably the world's most culturally diverse city, The O2 is proud to be hosting such a prestigious festival."

In addition to film screenings, Sundance London will host live music performances and events each evening, including the previously announced Opening Night event An Evening With Robert Redford And T Bone Burnett, Placebo in concert and Tricky and Martina Topley-Bird performing Maxinquaye. Also on offer to Sundance London audiences will be unique opportunities to attend panels and hear guest speakers talk about the part they play in making films, documentaries and the role of music in modern cinema.

Forthcoming announcements include the festival’s short film programme, special events and additional music performers.

Programme information and ticket packages are available at  www.sundance-london.com. Individual tickets will be on sale in early April.

FILM PROGRAMME IN DETAIL

2 Days in New York (Director: Julie Delpy, Screenwriters: Julie Delpy, Alexia Landeau) — Marion has broken up with Jack and now lives in New York with their child. A visit from her family, the different cultural background of her new boyfriend, an ex-boyfriend who her sister is now dating, and her upcoming photo exhibition make for an explosive mix. Cast: Julie Delpy, Chris Rock, Albert Delpy, Alexia Landeau, Alex Nahon.





Chasing Ice (Director: Jeff Orlowski) — Science, spectacle and human passion mix in this stunningly cinematic portrait as National Geographic photographer James Balog captures time-lapse photography of glaciers over several years providing tangible visual evidence of climate change. Winner of the Excellence in Cinematography Award: U.S. Documentary at the 2012 Sundance Film Festival.





Filly Brown (Directors: Youssef Delara, Michael D. Olmos, Screenwriter: Youssef Delara) — A Hip Hop-driven drama about a Mexican girl who rises to fame and consciousness as she copes with the incarceration of her mother through music. Cast: Lou Diamond Phillips, Gina Rodriguez, Jenni Rivera, Edward James Olmos.





Finding North (Directors: Kristi Jacobson, Lori Silverbush) — A crisis of hunger looms in America and is not limited to the poverty stricken and uneducated. Can a return to policies of the 1970s save our future? Features interviews with activists including Witness to Hunger’s Mariana Chilton, Top Chef’s Tom Colicchio and Academy Award®-winning actor Jeff Bridges, as well as original music by T Bone Burnett & The Civil Wars.





For Ellen (Director and screenwriter: So Yong Kim) - A struggling musician takes an overnight long-distance drive in order to fight his estranged wife for custody of their young daughter. Cast: Paul Dano, Jon Heder, Jena Malone, Margarita Levieva, Shay Mandigo.





The House I Live In (Director: Eugene Jarecki) — For over 40 years, the War on Drugs has accounted for 45 million arrests, made America the world's largest jailer and damaged poor communities at home and abroad. Yet, drugs are cheaper, purer and more available today than ever. Where did we go wrong and what is the path toward healing? Winner of the Grand Jury Prize: U.S. Documentary at the 2012 Sundance Film Festival





Liberal Arts (Director and screenwriter: Josh Radnor) — Bookish and newly single Jesse Fisher returns to his alma mater for his favorite professor’s retirement dinner. A chance meeting with Zibby – a precocious classical music-loving sophomore – awakens in him long-dormant feelings of possibility and connection. Cast: Josh Radnor, Elizabeth Olsen, Richard Jenkins, Allison Janney, John Magaro, Elizabeth Reaser.





LUV (Director: Sheldon Candis, Screenwriters: Sheldon Candis, Justin Wilson) — An orphaned 11-year-old boy is forced to face the unpleasant truth about his beloved uncle during one harrowing day in the streets of Baltimore. Cast: Common, Michael Rainey Jr., Dennis Haysbert, Danny Glover, Charles S. Dutton.





Nobody Walks (Director: Ry Russo-Young, Screenwriters: Lena Dunham, Ry Russo-Young) — Martine, a young artist from New York, is invited into the home of a hip, liberal LA family for a week. Her presence unravels the family’s carefully maintained status quo, and a mess of sexual and emotional entanglements ensues. Cast: John Krasinski, Olivia Thirlby, Rosemarie DeWitt, India Ennenga, Justin Kirk. Winner of the U.S. Dramatic Special Jury Prize for Excellence in Independent Film Producing at the 2012 Sundance Film Festival.





An Oversimplification of Her Beauty (Director and screenwriter: Terence Nance) — A quixotic young man humorously courses live action and various animated landscapes as he tries to understand himself after a mystery girl stands him up. Cast: Terence Nance, Namik Minter, Chanelle Pearson.





The Queen of Versailles (Director: Lauren Greenfield) — Jackie and David were triumphantly constructing the biggest house in America – a sprawling, 90,000-square-foot palace inspired by Versailles – when their timeshare empire falters due to the economic crisis. Their story reveals the innate virtues and flaws of the American Dream. Winner of the Directing Award: U.S. Documentary at the 2012 Sundance Film Festival.





Safety Not Guaranteed (Director: Colin Trevorrow, Screenwriter: Derek Connolly) — A trio of magazine employees investigate a classified ad seeking a partner for time travel. One employee develops feelings for the paranoid but compelling loner and seeks to discover what he’s really up to. Cast: Aubrey Plaza, Mark Duplass, Jake Johnson, Karan Soni. Winner of the Waldo Salt Screenwriting Award at the 2012 Sundance Film Festival.





SHUT UP AND PLAY THE HITS (Directors: Dylan Southern, Will Lovelace) — A film that follows LCD Soundsystem front man James Murphy over a crucial 48-hour period, from the day of their final gig at Madison Square Garden to the morning after, the official end of one of the best live bands in the world.





Under African Skies (Director: Joe Berlinger) — Paul Simon returns to South Africa to explore the incredible journey of his historic Graceland album, including the political backlash he sparked for allegedly breaking the UN cultural boycott of South Africa, designed to end Apartheid.





 楽しみな映画祭です。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2012/03/15(木) 22:07:25|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの『紙兎ロペ』が、まさかの映画化…5月12日公開決定!

「紙兎ロペ」メイン画像

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2タイトルDVD売上累計3万本突破!You Tube再生回数のべ250万回超!
映画館から誕生した"下町系アニメ"
映画『紙兎ロペ』 つか、夏休みラスイチってマジっすか!?
まじで、5月12日(土)より TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー決定!!!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

全国のTOHOシネマズ(56サイト・493スクリーン)映画本編がはじまる前の"幕間"にて展開されている「GIFT MOVIE PROJECT」*第一弾でありますショートアニメ「紙兎ロペ」が劇場版長編映画に生まれ変わって、5月12日公開することが決定しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★『紙兎ロペ』とは
下町を舞台に紙兎「ロペ」と紙リス「アキラ先輩」の2人が、映画館に行くまでの珍道中を描いたショートアニメーション。
超テキトーなアキラ先輩に振り回されてばかりのロペですが、なんだかんだ2人は一緒に映画を観に行くべく、珍道中を仲良くひた進みます。シュールでゆる~い会話とストーリーを伴った独特の世界観で人気を呼び、YouTubeの再生回数はのべ250万回超!大注目のショートアニメです!
―2011年夏、勢いで長編映画化の発表をしてしまったかとおもいきや、まさかのクオリティと面白さでREBORN! 
夏休み最期の日(ラスイチ)、ロペとアキラ先輩が自由研究の最中、個性豊かな総勢約百人(匹?)の住民たちに翻弄され、巻き込まれる下町ミステリー・アドベンチャー・ストーリー!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★GIFT MOVIE PROJECTについて
ALWAYS三丁目の夕日』『踊る大捜査線 THE MOVIE』『海猿』、第81回アカデミー賞を受賞した『つみきのいえ』ROBOTとTOHOシネマズによる、新しい才能を応援するプロジェクト「GIFT MOVIE PROJECT」。第一弾作品が、『紙兎ロペ』です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★STORY
夏休み最後の日(ラスイチ)。休みを目いっぱいエンジョイしようと、アキラ先輩はロペを伴い朝から大忙し。
でも、問題が2つ。ひとつは、姉のピアスを壊してしまい、今日のデートまでに直してこいと言われていること。
もうひとつは、今日で夏休みが終わりなのに、自由研究が終わっていないこと。
偶然見つけた、落し物のきれいなイヤリングで姉のピアスの代わりにしようと考えたアキラ先輩だったが、実はこのイヤリング、この日都内の美術館から盗まれた古代エジプト時代の宝飾品「クレオパトラの涙」だった。
一方、「つちのこ」探しを自由研究のテーマに決めたアキラ先輩は、かつて遊園地だった場所へ向かうべく、ロペとバスに乗る。
同じ頃、強盗団はイヤリングを持っているアキラを探して、アキラの自宅へ向かうが、一方的なアキラの姉のペースに玄関先で退散。
最新機器を駆使してアキラを探すのだった。
アキラ先輩とロペは無事、アキラの姉にピアスの埋め合わせをできるのか、そして自由研究を終えることができるのか・・・!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★作品名:映画『紙兎ロぺ』 つか、夏休みラスイチってマジっすか!?
★声優:ウチヤマユウジ、篠田麻里子(AKB48)、バカリズム、ふかわりょう(友情出演)、ジョージ・ウィリアムズ、チャド・マレーン、LiLiCo、ピエール瀧 ほか
★メインスタッフ:内山勇士(監督・脚本・キャラクターデザイン)青池良輔(監督・脚本・アニメーション演出)日下部雅謹(企画・プロデュース)  
★上映時間:85分(予定)
★配給:東宝映像事業部    
★コピーライト ©2012映画『紙兎ロペ』プロジェクト
★5月12日(土)より TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
★映画サイト:http://www.kamiusagi.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★前売券:3月17日(土)より全国上映劇場窓口およびムビチケットサイト(http://www.movieticket.jp/)にて販売。
※前売り特典:『紙兎ロぺ』特製ペーパークラフト(数量限定)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 紙兎ロぺはほぼ全作観ていると思いますが,映画版もとても楽しみです。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/14(水) 23:05:39|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【速報!】『ドラゴン・タトゥーの女』無修正バージョン、好評につき全国5都市に拡大上映決定!

「ドラゴン・タトゥーの女」サブ画像

無修正バージョン、好評につき
全国5都市に拡大上映決定!


2月10日(金)より日本公開され、初登場NO.1に輝いた映画「ドラゴン・タトゥーの女」。3月10日から15日までの6日間限定としてTOHOシネマズ六本木にて公開された無修正R18+バージョンは、3月3日(土)3月4日(日)の動員に対し、3月10(土)11日(日)の2日間が、公開6週目にして土日前週比120%upの動員となりました。この高稼働をみて、六本木だけではなく3月17日(土)より大阪、名古屋、福岡、札幌の4大都市で無修正R18+バージョンを拡大公開することが決定しました。
 また、TOHOシネマズ六本木は、当初3月15日までの期間限定上映予定でしたが、16日以降も無修正R18+バージョンでの続映を決定しました。

===========================================================================================
監督:デヴィッド・フィンチャー(『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』)
脚色:スティーブン・ザイリアン(『ハンニバル』『シンドラーのリスト』)
音楽:トレント・レズナー/アッティカス・ロス(『ソーシャル・ネットワーク』)
出演:ダニエル・クレイグ(『007慰めの報酬』)/ルーニー・マーラ(『ソーシャル・ネットワーク』)
全米公開:2011年12月21日 / 上映時間:2時間38分 / オフィシャルサイト: http://dragontattoo.jp/

TOHOシネマズ日劇ほか全国公開中!!

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント



 無修正ヴァージョンなんて上映してたんですね。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/13(火) 22:47:37|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京国際映画祭グランプリ作品『最強のふたり』邦題決定&公開決定


この度、ギャガ株式会社配給、昨年度、第24回東京国際映画祭で上映するや話題騒然!最高賞サクラグランプリと、主演男優賞を2人(フランソワ・クリュゼ、オマール・シー)で受賞という快挙を成し遂げ、その深い感動に観た人たちの口コミで「日本での公開望む!」との声が多数寄せられていた「英題:Untouchable」(原題:Intouchables)の日本公開が9月に決まり、邦題が「最強のふたり」に正式決定致しました。

本作は、製作国フランスでは年末に公開したにも関わらずハリー・ポッターと死の秘宝Part2」や「パイレーツオブカリビアン/生命の泉」「猿の惑星:創世記」といった並みいるハリウッド大作を押さえ、年間興収No1!を記録。フランスで過去公開された全映画の歴代興行収入順位も現在4位、さらに記録を伸ばし続けています。また公開17週目の2月26日までに国内の累計動員が1910万人を突破。フランス国民の約3人に1人が見た計算となり、モンスター級ヒットを樹立しました。第37回フランスアカデミー賞(セザール賞)9部門ノミネート、主演男優賞受賞!

また他公開各国快進撃を続けておりドイツでは7週連続1位。『アメリ』を抜き過去ドイツで公開されたフランス映画の興行収入1位となったほか、オーストリアでも6週連続1位など記録的大ヒットを打ちだし続けております。ハリウッドでは『英国王のスピーチ』の製作や『アーティスト』の北米配給などで知られるワインスタイン・カンパニーが配給権とともにリメイク権を獲得。本作の5月25日の全米公開を前に、早くもそのキャスティングに注目が集まっております。(2012年3月4日現在)




事故で全身麻痺となり車いす生活を送る富豪フィリップは、新しい介護者面接にやってきた場違いな黒人青年ドリスに興味を持つ。不採用通知3つで出る生活保護手当を目的でやってきた来たドリスだが、まさかの採用に。そこから始まった異文化2人のセット生活。高級住宅地とスラム、ショパンとクール&ザ・ギャング、洗練された会話と下ネタ―。二人の世界は衝突し続けるが、やがて互いを受け入れ、とんでもなくユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。ところが・・・。
人生はこんなにも予想不可能で、こんなにも垣根がなく、こんなにも心が躍り、こんなにも笑えて、こんなにも涙があふれる。


監督・脚本:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー(セザール賞 主演男優賞受賞!)
(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP
配給:ギャガ 共同提供:WOWOW


2012年9月 TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次公開!



 昨年,東京国際映画祭で拝見しました。確かに,とても明るい面白いよくできた映画だと思います。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/12(月) 22:22:38|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『臨場 劇場版』

「臨場 劇場版」メイン画像

【イントロ】

物言わぬ死者から真実を拾い、そこに隠された真相に迫り、傷ついた被害者遺族の〈心〉をも救う。大ヒットドラマ「臨場」――型破りな検視官・倉石義男が大スクリーンに帰ってくる!迫真のリアリズムで魅せる、熱き検視官たちのヒューマンストーリー。〈事件〉を通して〈心〉を描く、魂を揺さぶる人間模様に涙がこみ上げる。



当代一の社会派ミステリ作家・横山秀夫の人気シリーズを原作に、鋭い眼力と執念で事件の真相に迫る敏腕検視官・倉石義男の活躍を描いたTVドラマ「臨場」。09年4月からテレビ朝日系列で放映されるや、リアルで緊張感あふれる検視シーン、豪放で破天荒な倉石というキャラクターの強烈な個性、事件を通し被害者・加害者たちの心の闇に迫る重厚な人間ドラマが話題を呼んだ。さらに翌年放送された「臨場 続章」では平均視聴率17.6%という高視聴率を叩き出し、警察ドラマ史に新たな金字塔を打ち立てた。そして、放映終了後も絶えず寄せられる続編希望の“声”を拾い、伝説の検視官・倉石がついに劇場版として帰ってくる。今回の映画化に当たり、倉石役の内野聖陽を筆頭に松下由樹、渡辺大、平山浩行、高嶋政伸などレギュラー陣に加え、段田安則、若村麻由美、柄本佑、平田満、長塚京三など豪華な演技巧者が集結。監督は『探偵はBAR にいる』の橋本一。TVシリーズの演出も務め、作品世界を深く理解している橋本がダイナミズムと繊細さで『臨場 劇場版』に切り込む。


【ストーリー】

検視官とは――刑事訴訟法に基づき変死体の状況捜査を行う司法警察員である。



都内で無差別通り魔事件が発生。だが実行犯は被害者遺族たちの願いも虚しく、心神喪失が認められ、刑法第39条により無罪となってしまう。その2年後、事件を無罪へ導いた弁護士と精神鑑定を行った医師が相次いで殺害される。警視庁と神奈川県警の合同捜査本部が立ち上がり、2年前の通り魔事件の遺族に疑いの目が向けられた。 「俺のとは違うな」・・・倉石は死亡推定時刻に疑問を抱き、犯人が別にいると考える。果たして彼が追った先にある真相とは――?



「拾えるものは、根こそぎ拾ってやれ!!」その先にあるのは絶望か、希望か。深い悲しみの果てに、倉石は何を視る―。

【キャスト/スタッフ】

原作/横山秀夫(『臨場』光文社文庫刊)脚本/尾西兼一 音楽/吉川清之 監督/橋本 一

内野聖陽 倉石義男/警視庁刑事部鑑識課・検視官

松下由樹 小坂留美/警視庁刑事部鑑識課・検視官心得

渡辺 大  一ノ瀬和之/警視庁刑事部捜査一課・刑事

平山浩行 永嶋武文/警視庁刑事部鑑識課・検視補助官

高嶋政伸 立原真澄/警視庁刑事部捜査一課・管理官

段田安則 仲根達郎/神奈川県警刑事部捜査一課・管理官

若村麻由美 関本直子/通り魔事件、被害者の遺族

柄本 佑 波多野 進/通り魔事件の犯人

平田 満 浦部謙作/神奈川県警地域課・駐在所勤務

長塚京三 安永泰三/横浜医大法医学教室教授

(C)2012「臨場」劇場版 製作委員会

6月30日(土)全国ロードショー



 橋本 一監督の新作です。今から楽しみにしています。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/11(日) 16:41:12|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『虹色ほたる~永遠の夏休み~』トークショー

「虹色ほたる~永遠の夏休み~」メイン画像

『虹色ほたる~永遠の夏休み~』応援隊長に尾木ママの就任が決定!

本作「虹色ほたる~永遠の夏休み~」は、著者川口雅幸の自身のホームページで連載し、人気投票サイトで上位にランクし、出版に至ったという読者と共に育ったシンデレラ小説が原作。暖かな日本人の原風景と人と人との絆を、アニメーションならではの自然の描写、そして生き生きとした少年少女たちの姿を圧倒的な映像美で描き、5/19(土)より全国公開いたします。 “尾木ママ”こと、尾木直樹さんの『虹色ほたる~永遠の夏休み~』応援隊長就任イベントを行いました。応援隊として、一般のお母さんも参加し、未来の子供たちを考える質問コーナーでは、次々と質問が飛び出し、あたたかいトークショーとなりました。

■登壇者:尾木直樹(法政大学教授)、応援隊2名

 尾木直樹さん

私の主宰している研究所は「臨床教育研究所 虹」という名前がついているんだけど、普通は「臨床教育研究所」で終わりなのよね。でも、何のために教師を辞めたのかって思った時に、人と人との架け橋を虹のように架けたいなって思いが強くあったからなの。それに私の出身地である滋賀県米原市は、毎年ほたるまつりをやるような源氏ホタルの生息地。虹とほたるにだまされてきちゃった感じよ(笑)。この映画はね、観ているとリズムが狂ってくるの。安心感のある絵のタッチと、独特のリズム感に、ユーミンの曲、そのすべてに価値があるのよ。あと、登場するおばあちゃんが良いわよ。30年前のおばあちゃんは皆こんな感じで、子供がやることを全部受け止めるの。無条件の愛ね。一番観てほしい人?
言っちゃっていいのかしら?橋下大阪市長です。もう一緒に映画館行ってあげる!観てもらえたら必ず私と共通の感覚を持ってもらえると思うわよ。だって7人もお子さんがいらっしゃって、あんなに教育に関して熱心な方ですもの。ただ私とは方法論が違うだけなのね。子供が忙しくて、ぎゅうぎゅうになっている今、わかるまで教えてほしいという子供の声は確かにあるから、子供のそういう声をもとにみんなで知恵を出し合って進めていくべきね。この映画のコピーにあるように「それでも、こどもたちは今を生きる」んですから!実は、この映画を観たときに私、主人公ユウタくんじゃなくて、その友達のケンゾーくんに感情移入しちゃったのよ。まさに私の40年前の姿!ランニングに短パンで走り回って、笹で切っちゃったりしてね。こうやって多くの方に懐かしさを感じてもらえるわよ。ぜひ親子で一緒に観てほしい。観終わった後、子供へのまなざしが温かくなっていることを感じてもらえると思うわ。


『虹色ほたる~永遠の夏休み~』
5月19日(土) 全国ロードショー

心の故郷、大自然を舞台に、時代を超えた感動的な愛と絆の運命がめぐる少年の成長ファンタジー

約束・・・守ってくれて、ありがとう

<キャスト・スタッフ>

原作:川口雅幸(アルファポリス刊)

監督:宇田 鋼之介/脚本 国井 桂/キャラクターデザイン・作画監督 森 久司/画面設計 山下 高明/美術監督 田村 せいき

音楽 松任谷 正隆

主題歌:「愛と遠い日の未来へ」松任谷 由実

出演:ユウタ 武井 証/さえ子 木村 彩由実/ケンゾー 新田 海統

ユウタ(大人) 櫻井 孝宏/さえ子(大人) 能登 麻美子/ケンゾー(大人) 中井 和哉/青天狗 大塚 周夫/蛍じい 石田 太郎

配給:東映

(C)川口雅幸/アルファポリス・東映アニメーション



 ゴールデンウイーク明けの公開。楽しみです。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/10(土) 16:29:25|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『アーティスト』来日舞台挨拶



映画『アーティスト』の来日舞台挨拶が3月8日(木)19時00分、メイン劇場であるシネスイッチ銀座にて行われました。先月日本時間27日発表となったアカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、作曲賞、衣装デザイン賞の最多5部門を受賞した『アーティスト』ですが、受賞の興奮さめやらぬまま受賞式後わずか10日後に緊急来日となりました。

『アーティスト』来日舞台挨拶

ミシェル監督とブールス氏は、2006年の東京国際映画祭でサクラグランプリを受賞して以来、6年ぶりの2度目の来日。当日到着しわずか2時間の日本滞在で舞台挨拶にのぞんだ監督とブールス氏ですが満席の会場で割れんばかりの拍手で出迎えられました。

ゲストの中谷美紀さんが大輪の花束をもって登壇すると、その美しさに両名からため息が漏れました。
フランス人らしく監督は登壇する中谷さんの手を自然にもってエスコートしたり、ブールス氏は中谷さんの手にキスをしたりとアピール。監督は、中谷さんの美しさを称賛するコメントをした後「私の妻は主演女優のベレニス・ベジョなので、変な下心はありません」と弁解し、会場の笑いを誘いました。
作品を鑑賞し、大変感動された中谷さんから来日した二人に熱心に質問がでたりオスカー像が登場し、監督が中谷さんに像を持たせるシーンでは「帰さないわよ」というジェスチャーをしたりと、終始にこやかな舞台挨拶となりました。
壇上コメント抜粋●ミシェル・アザナヴィシウス監督(45歳)(アカデミー賞監督賞受賞)
震災の1周年に来日できたことは、感慨深いです。この作品をもってこれてよかったと思います。
世界中にこの映画が受け入れられた理由に、秘密はないです。秘訣があるなら次回作のために自分でも知りたいです。ただ一ついえることは真摯な気持ちで作ったということです。受けは狙っていません。
皆さんに感動を与えられるように作りました。このロマンティックなサイレント映画はユニバーサルな言語です。映画への愛情を再認識することできます。
サイレントムービーは好きです。その感動をよく知っているので、皆さんと分かち合いたいです。

●ルドヴィック・ブールス(41歳)(アカデミー賞作曲賞受賞)
津波の映像をテレビで見ていて、6年前の東京のことを思って心を痛めていました。この時期にこの作品を日本の皆様に紹介できてうれしいです。
今回の作曲の仕事は役者の感情を監督の頭の中を翻訳しなければならなかった。エキサイティングな仕事でした。

●中谷美紀(36歳)(日本人ゲスト)
スターの栄枯盛衰、そして再生、たくさんの要素が入っている映画。大好きです。映画への愛がひしひしと感じられました。そしてわくわくし、たくさん笑って泣きました。大変感動しました。
(オスカー像を持った感想を問われて)とても重いです。お米を買って帰る時のようです。



本年度アカデミー賞作品賞他最多5部門受賞!!!1920年代のハリウッドを舞台に、白黒&サイレントで描き上げる甘く切ない、大人のためのラブストーリー
1927年のハリウッド。サイレント映画界屈指の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、新人女優ペピーを見初め、人気女優へと導いていく。強く惹かれあう二人――。しかし、折しも映画産業はサイレントからトーキーへの移行期。サイレントに固執するジョージが没落していく一方で、ペピーはスターの座を駆け上がって行くこととなり…。
古き良きハリウッドの黄金時代を舞台に、白黒&サイレントという手法で描き上げる、極上のラブストーリー。いま、世界に足りないのは、こんな〈ロマンティック〉。


(C)La Petite Reine . Studio 37 . La Classe Americaine . JD Prod . France 3 Cinema . Jouror Productions . uFilm
監督・脚本 ミシェル・アザナヴィシウス 出演 ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ 他
配給・宣伝:ギャガ


4月7日(土)シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー他全国公開
http://artist.gaga.ne.jp



 早く観たいです!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/09(金) 23:43:34|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『HOME 愛しの座敷わらし』

「HOME 愛しの座敷わらし」サブ画像

<イントロ>

原作は、2007年に朝日新聞紙上に連載された荻原浩の『愛しの座敷わらし』(朝日文庫刊)。第139回直木賞候補にも選出された家族小説の傑作を、人気シリーズ「相棒」の主演&スタッフが真心を込めて映画化!

サラリーマン一家の絆の再生と不思議な座敷わらしとの触れ合いを、東北の美しい情景とともに、ユーモラスかつ感動的に描いていきます。

主人公・高橋晃一を演じるのは、ホームドラマへの出演が長年の夢だったと語る水谷豊。

逃がれの街』(83年)以来、これが29年ぶりの単独主演映画となる。共演は、晃一の妻・史子にNHK「てっぱん」のお母さん役も記憶に新しい安田成美。長女・梓美に『告白』で一躍注目された橋本愛。梓美の弟・智也に大河ドラマ「龍馬伝」の濱田龍臣。そして、晃一の母・澄代に、日本を代表するベテラン女優・草笛光子。監督は「相棒」シリーズの和泉聖治。

「家族のつながる場所は、きっとある」、2012年4月28日、家族映画の傑作が、誕生します。

<ストーリー>

父・晃一の転勤で、東京から岩手の田舎町へと引っ越してきた高橋一家。

晃一がよかれと思って選んだ新しい住まいは、なんと築200年を 数える古民家だった!

引っ越してまもなく、不思議な出来事が高橋家に起こり始める。誰もいない場所で物音が聞こえたかと思え ば、囲炉裏の自在鉤が勝手に動いたり、掃除機のコンセントがふいに抜けたり、手鏡に見知らぬ着物姿の子どもが映ったり。どうやらこの家に は東北地方の民間伝承に有名な“座敷わらし”が住んでいる!一風変わった同居人と高橋一家の不思議な共同生活。どうなる高橋家!?

<キャスト・スタッフ>

原作:「愛しの座敷わらし」荻原 浩(朝日文庫刊)

監督:和泉聖治「相棒」シリーズ

脚本:金子成人「義経(NHK大河ドラマ)」「敵は本能寺にあり(EX)」

出演:水谷 豊 、安田成美、濱田龍臣、橋本 愛、草笛光子

制作プロダクション:東映東京撮影所/東映テレビ・プロダクション

製作:「HOME 愛しの座敷わらし」製作委員会 配給:東映

(C)2012「HOME 愛しの座敷わらし」製作委員会

<公開日>

2012年4月28日(土)



 映画館では予告編が流れています。かなりいけそうな感じはします。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/08(木) 18:00:07|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“映画×美術展”世界初コラボ!『レオナルド・ダ・ヴィンチ展 in シアター』公開決定



ギャガ配給作品『レオナルド・ダ・ヴィンチ展 in シアター』(原題:LEONARDO LIVE)の公開が4月21日(土)シネマート新宿、Bunkamuraル・シネマにて公開となることが決定いたしました。
本作は昨年2011年11月から2012年2月までロンドン・ナショナルギャラリーで開催された「Painter at the Court of Milan」の模様を、貴重な舞台裏と専門家による解説をまじえて描くドキュメンタリー。2枚の“岩窟の聖母”、世界初公開となる“救世主キリスト”など、レオナルド・ダ・ヴィンチが生涯に描いた絵画で現存する僅か15点のうち9点が集められたこの前代未聞の展覧会には毎日早朝から行列ができ、地元ロンドン民でも鑑賞困難といわれました。
この、二度と観ることができない<奇跡の展覧会>を大スクリーンで体感するという、“美術×映画”の世界初コラボに、美術ファンならずとも圧倒されること間違いなしです。




歴史上最も偉大な芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチ。彼が生涯に描いた絵画で現存する僅か15点のうち9点が集められた前代未聞の展覧会「Painter at the Court of Milan」が2011年、ロンドン・ナショナルギャラリーで開催された。前売り券は即完売し、わずかな当日券を求め、毎日長蛇の列が出来たというこの展覧会が、映画館のスクリーンで甦る。
美術史に語り継がれるミステリー、“2枚”の「岩窟の聖母」の展示、今回初めて一般公開される「救世主キリスト」など、二度と見ることができない奇跡の光景の連続は、美術ファンならずとも、息をのむに違いない。さらに、この歴史的な展覧会の舞台裏を収めた貴重な映像や、他では決して聞くことのできないダ・ヴィンチ専門家たちによる解説もふんだんに盛り込まれ、この上なく贅沢な芸術空間がここに創造された。



※写真はナショナルギャラリー所蔵版。
劇中にはルーブル美術館所蔵版も登場




他、『リッタと聖母』『ミラノの宮廷婦人の肖像』など、現存する貴重なダ・ヴィンチの絵画が登場!
(C)National Gallery, London

製作総指揮:フィル・グラブスキー
ゲストコメンテーター:ニコラス・ペニー(ロンドン・ナショナルギャラリー ディレクター)、
スチュワート・ピアソン・ライト(2011 BP Portrait Award受賞)、デボラ・ブル(バレエダンサー)、
ニティン・ソーニ―(ミュージシャン)、フィオナ・ショウ(女優/『ハリー・ポッター』シリーズ出演)他
(C)BritishSkyBroadcasting/PhilGrabskyFilms.com


4月21日(土)シネマート新宿、Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開



 展覧会をドキュメンタリーにする…新しい試みかもしれません。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/07(水) 17:45:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実力派イケメン俳優 ユ・アインandソン・ジュンギの主演作が2作品連続公開決定!邦題および公開初日決定


「ワンドゥギ」場面写真 ©2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

大ヒット韓国ドラマ「トキメキ☆成均館(ソンギュンガン)スキャンダル」で人気急上昇!
実力派イケメン俳優 ユ・アインandソン・ジュンギの主演作が2作品連続公開決定!




ユ・アイン主演/4月28日公開


ソン・ジュンギ主演/5月12日公開


邦題および公開初日決定

この度、大ヒットドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」にメインキャストとして出演し、日本でも人気急上昇中の若手実力派俳優ユ・アイン、そしてソン・ジュンギそれぞれの主演作の邦題が決定し、4月28日(土)より新宿武蔵野館にて、2作品連続で日本公開する運びとなりました。

ユ・アインが主演する『ワンドゥギ』(4月28日公開)は
、韓国のベストセラー小説を映画化し、『チェイサー』や『哀しき獣』での演技も記憶に新しい名優キム・ユンソク演じる荒くれ教師と、夢も希望もない高校生ワンドゥク(ユ・アイン)との不器用な交流を描いて、韓国では530万人動員の大ヒットを記録、男女問わず幅広い世代から支持されたヒューマンドラマです。

日本でも公式ファンクラブができるほど人気のあるユ・アインが複雑な家族環境のため、教師や友達、家族にも素直になれない高校生を瑞々しく演じ、反発しながらも次第に成長していく姿が温かな感動を呼ぶ作品です。

一方、ソン・ジュンギ主演の『ちりも積もればロマンス』(5月12日公開)は、なかなか就職できない万年ニート、ジウン(ソン・ジュンギ)がある日出会った、どケチ女(ハン・イェスル)に乗せられて、お金稼ぎのノウハウを受けることから始まる リアル・ロマンティック・ラブコメディです。

クールなイケメンの印象が強いソン・ジュンギが、本作では、適当だけど、どこか憎めない主人公を茶目っ気たっぷりに演じ、就職難、低所得に揺れ、韓国のロストジェネレーション世代といわれる現代の若者の日常が等身大かつコミカルに描かれています。

また今回、"トキメキ☆花美男(コミナム)パラダイス"と題し、2作連続公開する新宿武蔵野館では、3月10日(土)より、劇場前売特典として、ユ・アイン、ソン・ジュンギそれぞれの特製カード付特別鑑賞券の販売を開始します。
さらに、一人で2作品鑑賞でも、お友達と二人で一度に利用もOKというお得なペア券も販売し、ファンには嬉しい選べるクリアファイルを特典としてプレゼント!(ただし、どちらの特典も数量限定)

ユ・アイン、ソン・ジュンギという人気実力を兼ね備えた、まさに "旬"のイケメン俳優たちの主演作を一気に味わえる、韓流ファンならずとも映画ファンにも要チェックな2作品の連続公開となります。



【作品情報】

『ワンドゥギ』

高校生のワンドゥク(ユ・アイン)は、身体的障害を持つ父と風変わりな叔父と貧しい三人暮らし。隣の家に住む担任教師ドンジュ(キム・ユンソク)には朝から晩まで口汚く罵られては干渉され、うんざりする日々。ある日、ワンドゥクはドンジュから会ったことのない母親の消息を知らされる・・・。

■監督:イ・ハン (『永遠の片思い』)
■原作:キム・リョリョン
■出演:ユ・アイン(『アンティーク~西洋骨董菓子店』)、キム・ユンソク(『チェイサー』)
パク・スヨン(『義兄弟』)、イ・ジャスミン(『義兄弟』)、キム・サンホ(『黒く濁る村』 )
■配給:CJ Entertainment Japan
4月28日(土) より 新宿武蔵野館にてロードショー 
©2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
■公式サイト: www. cjent.jp/wdk
2011年/韓国/107分/カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD/原題:『ワンドゥギ』
第62回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門招待作

『ちりも積もればロマンス』

なかなか就職できず、母親からお金を無心して生活している、見栄っ張りの万年ニート、ジウン(ソン・ジュンギ)。謎のどケチ女、ホンシル(ハン・イェスル)と出会い、「2か月間なんでも言うことを聞くこと」という条件のもとお金儲けのノウハウを学んでいく。就職難、低所得などに苦しむ、最近の韓国の若者"88万ウォン世代"を描いたラブコメディ。

■監督:キム・ジョンファン
■出演:ソン・ジュンギ(『霜花店(サンファジョム)~運命、その愛』)、ハン・イェスル(「クリスマスに雪は降るの?」)ほか
■配給:CJ Entertainment Japan
5月12日(土) より 新宿武蔵野館にてロードショー
©2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
■公式サイト: www. cjent.jp/chiri
2011年/韓国/114分/カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD/原題:『ちりも積もればロマンス』
本年第4回沖縄国際映画祭 Laugh部門出品

【前売情報】

3月10日(土)より 販売開始
■特別鑑賞券 :各1300円(税込) <当日一般1800円のところ> 
☆新宿武蔵野館・劇場窓口特典/『ワンドゥギ』 ~特製ワンドゥクカード(ユ・アイン)プレゼント
『ちりも積もればロマンス』 ~特製ジウンカード(ソン・ジュンギ)プレゼント
■さらにお得な「トキメキ☆花美男パラダイス」ペア券:2400円(税込) 
☆新宿武蔵野館・劇場窓口特典/2種類から1つ選べるクリアファイルプレゼント

※ただし数量限定につき、お早めにお求めください

"トキメキ☆花美男(コミナム)パラダイス"
4月28日(土)より新宿武蔵野館にて2作連続ロードショー!
『ワンドゥギ』 (4/28より) 『ちりも積もればロマンス』 (5/12より)




 お二人は来日されるのかな?

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/03/06(火) 00:42:09|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『マダガスカル3』 夏休み公開決定!

「マダガスカル3」メイン画像
Courtesy of DreamWorks Animation
© 2011 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

  夏休みファミリー映画、大本命!!

さまようアレックスと仲間たちがたどり着いたのはヨーロッパ!

今度は指名手配されちゃった?!

『マダガスカル3』 夏休み公開決定!!



パラマウント ピクチャーズは、今年の夏休みに大人気アニメーション『マダガスカル』シリーズ待望の第三弾、『マダガスカル3』(原題: Madagascar 3: Europe's Most Wanted)を新宿ピカデリーほか全国にて公開いたします。

マダガスカル』シリーズは2008年度アニメーション映画の全米最高記録を打ち立てた世界的な大ヒットシリーズ。NYの動物園で人気を誇っていた仲間たち、アレックス(ライオン)、マーティ(シマウマ)、グロリア(カバ)とメルマン(キリン)が故郷のアフリカに思いを馳せ帰還するはずが、誤ってマダガスカル島へ漂流してまうところから始まった。今度の舞台はヨーロッパ。モンテカルロからローマ、スイスアルプスを経て、ロンドンで繰り広げられるシリーズ初登場の恐るべきキャラとの息をのむアクション!仲間との友情と感度のサクセス・ストーリー!すべてがパワーアップしたアクション・アドベンチャーがやってきます。

また、3月1日(木・映画の日)からは全国で予告編が上映され、宣伝が本格的に始動いたしました。3月17日(土)からは弊社配給作品『長ぐつをはいたネコ』の初日にあわせ、ティザーポスター、ティザーチラシ、スタンディ、そして子供たちに大人気のキャラクターステッカーチラシも全国の劇場にて設置されます。

本作、『マダガスカル3』は2012年夏休み、新宿ピカデリーほか全国拡大公開です。


■『マダガスカル3』ストーリー

指名手配中のアレックスと仲間たちが、サーカス一座に入団!今度こそNYへ帰れるのか?
スリルに満ちた大冒険が待っている!
沢山の素敵な思い出をもらったアフリカと別れ、ニューヨークへ帰ることを決意するアレックスたち。
まずはモンテカルロにいるペンギンズを探しにカジノへ潜入するが、大騒ぎを起こして、スゴ腕のデュボア警部率いる動物管理局に追われることになってしまう。
頼りの飛行機はまたしても不時着。今度こそ、仲間たちがバラバラに!迫り来る追っ手!!逃げるアレックスたちを救ったのは、ダメダメサーカス団の動物たちだった!そこでアレックスたちと新たな仲間たちは、ニューヨーク公園を目指してサーカス団の大改造に挑む。
一方で女警部の追跡はすぐそこまで迫っていた?。


配給:パラマウント ピクチャーズ
監督:エリック・ダーネル 声の出演:ベン・スティラー、クリス・ロック、ジェイダ・ピンケット=スミス、デヴィッド・シュワイマーほか

2012年夏休み 新宿ピカデリーほか全国にてロードショー



 前作はかなり面白かったですから,今回も期待しています。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/05(月) 17:38:03|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第84回アカデミー賞キャメロン・ディアスがティファニーのダイヤモンドジュエリーで登場

第84回アカデミー賞
キャメロン・ディアスがティファニーのダイヤモンドジュエリーで登場
Vanity Fair Oscar Partyではケイト・ハドソンも


(左)ティファニーのダイヤモンド ジュエリーを身につけ第84回アカデミー賞のレッドカーペットに登場したキャメロン・ディアス (Photo Credit:Jeff Kravitz/FilmMagic Inc.)
(右)ティファニーのダイヤモンド ブレスレットとピアスをつけてオスカー・パーティに現れたケイト・ハドソン(Photo Credit:Christopher Polk/VF12/GettyImages)

2012年2月26日・カリフォルニア州ロサンゼルス───第84回アカデミー賞にてプレゼンターをつとめた女優のキャメロン・ディアスがティファニーのジュエリーを身に着け、レッドカーペットに登場しました。

52カラットのエメラルドカットのダイヤモンド ネックレスに、ダイヤモンドのスタッドピアス、さらに3カラットを超えるダイヤモンドのリングと18カラットの華やかなイエロー サファイヤのリングなど、総額100万ドルのジュエリーを着用。シンプルな中に強さとラグジュアリーさをあわせもったコーディネートで、彼女の魅力をさらに引き立てていました。

また、恒例のVanity Fair Oscar Partyでは、ケイト・ハドソンがダイヤモンドのブレスレットとスタッド ピアスをつけて登場しました。


銀座のティファニー本店ではアカデミー賞の開催を祝し
1950&60年代のハリウッドをテーマにしたウィンドウ ディスプレイを展開




さらに2012年アカデミー賞の開催を祝して、2月28日(火)より銀座のティファニー本店では、1950年代と1960年代のハリウッドにオマージュをささげたウィンドウ・ディスプレイを展開。このウィンドウ・ディスプレイを手がけるのは、アン・ハサウェイやケイト・ハドソン、キャメロン・ディアスなどのハリウッド女優をクライアントに持つスタイリストであり、デザイナーとしても活躍、また自身もファッション・アイコンとして知られるレイチェル・ゾーです。

1950年代は、セレブリティたちの写真を撮ろうとレッドカーペットに群がるパパラッチをイメージしたディスプレイで、伝説のレッドカーペットの上に吊り下げられたヴィンテージカメラが、カーペットの中央に置かれたティファニーのジュエリーに多数のレンズを向けています。

1960年代がインスパイアするのはハリウッドスターの邸宅です。透かし模様入りの円柱の周りに巡らされた階段を下ったその先には、華麗なジュエリーが。曲線を描く白い階段は、スターの劇的な登場を彷彿とさせます。

ティファニー・アンド・カンパニーのビジュアル マーチャンダイジング担当副社長のリチャード・ムーアは、「レイチェル・ゾーは、レッドカーペットに新たなレベルのファッションとスタイルを導入したスタイリストであり、今回も彼女ならではのクリエイティブな視点をもたらしてくれました。アンディ・ウォーホールを筆頭に、これまでも選り抜きのデザイナーやアーティストたちがティファニーのウィンドウ・ディスプレイを手掛けてきましたが、レイチェル・ゾーもその一人になりました。」と述べています。



 今年のアカデミー賞も盛況のうちに終了しましたね。


テーマ:アカデミー賞/映画賞関連 - ジャンル:映画

  1. 2012/03/04(日) 14:11:12|
  2. アカデミー賞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

過激トーク連発!『SHAME-シェイム-』倉田真由美さん&岩井志麻子さんトークショー


本年度受賞レースを席巻したにも関わらず、激しいセックス描写により、アメリカでは最も厳しい上映規制NC-17(17歳以下の鑑賞が全面的に禁止)というレーティングがつけられ、日本では多くの修正を入れなければ<R-18+>(18歳未満は鑑賞禁止)ですら上映が許可されなかったという、内容映像ともに衝撃の問題作、『SHAME-シェイム-』。本作の公開を記念して漫画家の倉田真由美さん(40)と小説家岩井志麻子さん(47)による女性限定試写会つきトークショーを実施いたしました。女性だけの試写ということもあり、とても和気あいあいとした雰囲気で、自分についてもセキララに話す二人のあけっぴろげなトークに場内は爆笑が起こっていました。


◆日時 3月1日(木) 14:30[映画上映後]
◆場所 シネマート六本木
◆登壇者 倉田真由美さん(40)、岩井志麻子さん(47)


<トークショーの様子>
MC:一言ずつご挨拶をお願いいたします。
岩井:エロおばさんとしてのほうが有名かもしれませんが、小説家の岩井志麻子です。この場に呼んでいただいて、張り切らないとなと思っております。
倉田:40歳を迎え、再婚もしセックスも恋愛もすっかり遠ざかってしまった感のある倉田真由美です。最近すっかり抜けてしまったあぶらっ気を取り戻したいなと思っております。

MC:映画はいかがでしたか??
岩井:ものすごいエロい映画で、「今晩どうしよう」とか思って観たのですが、すごくまじめな作品で、それは失望とか、がっかりとかいうわけではなく、ものすごくいい映画みせてもらったわーと思いました。ひとつ思ったのがとんでもない殺人鬼とか、犯罪者とか、ものすごいトラウマとか持っていると思われているけど、意外に過去に何もなくて私たちと同じように平凡に生きてきてる普通の人ということが良くあって、この映画はそういうことも描いているのかなと思いました。
倉田:ヤリチンって私の漫画によく出してて、取材で何人にもあったことがあるんですけど、その人たちが過去に女にすごくひどい事された経験があったとか、女にトラウマがあるとか、そういうわけではないんです。たぶん、もともとそういう人なんですね。
岩井:ナチュラル・ボーンヤリチンということですね。
倉田:だからたぶん、それがリアルなんでしょうね。
岩井:私春から大学生の息子がいるんですが、順調にヤリチンの道を歩んでおりまして、でもうちの息子は母親が岩井志麻子というトラウマを抱えておりまして、なにかあったら母親のせいにするかもしれません。
倉田:あと、ヤリチンにはコレクターという側面もありますよね。
岩井:熟女ともしたい若い子ともしたい、スチュワーデスともしたい。

MC:二人はこの作品の主人公ブランドンのような男性に会ったことがありますか?
岩井:(倉田さんに向かって)だんなさんがそうじゃない!
倉田:今は枯れ果てちゃってますけど。過去の話を聞くとそうですね。でもこの映画をみて、自分を振り返って行きずりのセックスってしたことないので、しておけばよかったなと思いました。加齢とともになかなかできなくなっていくじゃないですか。
岩井:たしかに旦那が18歳年下なんですけれど、出会ったときは私41歳だったんですね。わずか数年ですけど、あの時私若かったなーと思います。今、18歳年下の男なんて、よういきませんもん(笑)そんな目で18歳年下の男をそういう目で見られないですもん。
倉田:本当に、ここ2,3年で本当に枯れたというか、男に対して野心がなくなりましたね。10キロくらいふとったし。
倉田:それはあると思いますよ!私の夫ってたしかに何百人て経験しているんですけれど、性病にかかったことが一度もないんですよ。
岩井:たいしたもんだ。それはセンサーがついているね!でも、セックスのうまい下手ってわからないからね。検定とかないんですかね。ソープ嬢とかに教室開いてほしいよね。結構来るとおもうんだよ。

MC:女性もセックスの技というのは、磨くべきものなんでしょうか??
倉田:男ばかりが磨けと言われるセックスのテクニックですが、女も磨いている人は磨いているんですよ。私も取材で会って知っています。
岩井:そういえば、知り合いが言っていたんですが、すごい女にあったことがあると。どうも、セックスの最中に(手を使わずに)コンドームを剥がすらしいんですよ。でも訓練でできるようになるんですよ。
倉田:それはすごいですね!!
岩井:私たち、物書きと漫画家ですが、本に書いた知識よりも、やはり体験した人の話はすごいものがありますね。やっぱり勝てんわ。と思いますね。本の知識もそりゃ大事ですが。仲良しのAV女優さんが言っていたのは「若い子でAV女優志願はお金。熟女はセックスしたい。長年続けられる人は、露出狂。露出するのが好きな人が結局最後までのこるんですよ」これは体験していなければなかなか到達できない考えですね。

~~以下、観客からの質問~~
Q:出産後にセックスレスになってしまいました。出産後お二人は旦那さんとの関係で何か変わったことはありますか?
倉田:うちもセックスレスですよ。
岩井:「家族」になってしまうと、特に日本人は家族になってしまうとなかなかしづらくなりますよね。でも、セックスレスでも別にいいんですよ。「夫婦はしなければいけん!」というような風潮ができて、気にするかもしれないけれど、それは全然いいんです。私の夫も私のことを「かあちゃん」って言ってますからね。
倉田:岩井さんのところはどうなんですか?
岩井:うちは夫が若いからね。レスってことはないけれど、回数はぐっと減りましたね。ほんと、何が何でもいちゃいちゃしていなければいけないということはないんだよ。
倉田:そう思います。

Q:お二人が隠しているシェイム(恥)なことって何かありますか?
倉田:若いころ絶対人に言えなかったようなことって今結構漫画に描いたり、言ったりしていて、ネタにしています。恥ずかしいことがなくなるっておばちゃんになったなと思います。
岩井:私価値観がおかしいのか、自分のはめ撮りが流出するよりも、中学性のころのポエムをつづった日記が流出するほうが恥ずかしい。死ぬかもしれん(笑)過去関係を持った男よりも、初恋の男が出てきたほうが恥ずかしいかもしれない。。。
倉田:でも一番恥ずかしいことは人には言わないですよね。私昔付き合っていた男の人がAVを棚に並べているような人だったんですが、隠していたAVがあってそれが顔射ものでした(笑)一番は隠しておきたいんですね。
それから、この映画「SHAME-シェイム-」の主人公は一番の恥はかくしてセックスしまくるということだと思うんだけど、確かに一番恥ずかしいものというのは隠すよね。よく、理想の異性の条件を3つ上げてもらって、あともう一つあえて挙げるとすれば?という心理テストがあるけれど、最後に挙げたものが一番の条件だというのはよく言いますね。

Q:私は25歳ですが、まったく性欲がありません。
倉田:そういう人もいますよね。
岩井:何が何でも性欲持たなくてはいけないし、一生処女童貞でもいいんですよ。欲望がない人に向かって欲望を持てというほうがおかしな話なのでは?と思います。なきゃないでいいんじゃないかな?でも恋愛ものの映画とかみると、「ないといけないのかな?」と思ってしまうのかな?この間性同一性障害の人に「女になって男とセックスしたいのか?」と聞いたら「女になりたいだけでそこから先に興味はない」と言っていました。むりくり性欲を持たなきゃいけないことはないんですよ。






NYに住み、仕事もスマートでソツのない独身男ブランドン(マイケル・ファスベンダー)。彼は、仕事以外のすべての時間を〈セックス〉に注ぎ込んでいる。繰り返される空疎な会話、うわべを繕うだけの感情表現。無意味に消費するだけの性交に溺れる男の日常を見続けているうちに、あなたは皮膚感覚で、得体のしれない不穏な空気を感じるだろう。それは「何故これほどまでにセックスを求め、それに依存することで何から逃れようとしているのか」といった重大な事由が、一切語られていないことにある。そこに、転がり込んだ妹が男の人生のギリギリの均衡を崩していく。

監督:スティーヴ・マックイーン『Hunger』(未)
出演:マイケル・ファスベンダー『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』/キャリー・マリガン『17歳の肖像
(c) 2011 New Amsterdam Film Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute R-18+


2012年3月10日 シネクイント、シネマスクエアとうきゅう 他 全国順次公開
shame.gaga.ne.jp



 来週末,公開となります!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/03(土) 13:50:59|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シネマ歌舞伎『天守物語』『海神別荘』『高野聖』追加上映決定&映画『天守物語』特別上映決定

「天守物語」メイン画像

近代を代表する小説家・泉鏡花の作品を坂東玉三郎が演出・出演した『天守物語』『海神別荘』『高野聖』を、シネマ歌舞伎として1月より順次公開しております。そしてこの度、多くのお客様のご希望の声にお応えして、東銀座・東劇での追加上映が決定いたしました!

またこの上映に際して、坂東玉三郎が監督・主演した、映画『天守物語』(1995年劇場公開)の特別上映も決定!坂東玉三郎が富姫と舌長姥の2役を、宮沢りえが瑞々しい亀姫を演じ、その艶やかで幻想的な世界を見事に表現した映像美は、公開当時大きな話題となりました。

《特別上映》

映画『天守物語


監督:坂東玉三郎

出演:坂東玉三郎、宮沢りえ、宍戸開、南美江、市川左團次、島田正吾

上映時間:1時間45分/1995年劇場公開作品

©松竹/エイチ・アイ・ティー

《追加上映》

◆シネマ歌舞伎『天守物語』
(全国公開終了)〈上映時間:1時間57分〉 

出演:坂東玉三郎、市川海老蔵、中村勘九郎、上村吉弥、市川猿弥、市川門之助、中村獅童、片岡我當 ほか

◆シネマ歌舞伎『海神別荘』(全国公開中)〈上映時間:1時間43分〉

出演:坂東玉三郎、市川門之助、市川笑三郎、市川猿弥、市川海老蔵 ほか

◆シネマ歌舞伎『高野聖』(3/17(土)より全国公開)〈上映時間:1時間29分〉

出演:坂東玉三郎、中村獅童、中村歌六 ほか

オフィシャルサイト:http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/



 天守物語(映画版)の上映は割と貴重かもしれません。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2012/03/02(金) 19:02:54|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄金を抱いて翔べ

「黄金を抱いて翔べ」
(C)2012「黄金を抱いて翔べ」製作委員会

「あそこには地金で6トン、180億の金塊が眠っている。なあ、どう思う?」
「札束の方が嵩が少なくて実入りがいいのに」
「福沢諭吉だったらやる気はない。金塊だから、やるのさ」

過激派や犯罪者相手の調達屋などをしてきた幸田(妻夫木聡)は、大学時代からの友人・北川(浅野忠信)から、住田銀行本店地下にある15億円の金塊強奪計画を持ちかけられる。北川がメンバーに選んだのは銀行システムエンジニアの野田(桐谷健太)、自称工学部留学生で国家スパイの裏の顔を持つモモ(チャンミン)。さらに、北川の弟・春樹(溝端淳平)、元エレベーター技師の爺ちゃん(西田敏行)が仲間に加わり、大阪の街でしたたかに生きる6人の男たちが企んだ、大胆不敵な計画がスタートする。それぞれの過去、思惑が渦巻く中、ハイテクを駆使した鉄壁の防御システムは、果して突破可能か? 変電所が炎に包まれ、制御室は爆破され、世紀の奪取作戦の火蓋が切って落とされる。

本作における(黄金=金塊>は、ただの金銭的な意味ではなく、それは、
<男たちが命を賭して勝ち取りたい何か>の例え、である。それはゴールではない。
通過点かもしれない。あるいは幸田にとって、スタートラインだったのかもしれない。

11月全国ロードショー



 井筒監督の最新作です!期待しています!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2012/03/01(木) 23:55:41|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。