映画の日々

古今東西 映画の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『マネーボール』 ニューヨーク映画批評家協会賞で主演男優賞&脚本賞をダブル受賞!

DF-02636r.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------

大ヒット公開中
『マネーボール』
ニューヨーク映画批評家協会賞で主演男優賞&脚本賞をダブル受賞!

------------------------------------------------------------------------------------------------

大ヒット公開中の『マネーボール』アカデミー賞に向け前哨戦で初勝利!
ニューヨーク映画批評家協会賞で主演男優賞&脚本賞をダブル受賞!

本日11月30日(水/現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて【ニューヨーク映画批評家協会賞】が発表されました。現在公開中の『マネーボール』(ソニー・ピクチャーズ配給)は、主演のブラッド・ピットが『マネーボール』と『ツリー・オブ・ライフ』両方での演技が認められ主演男優賞を獲得!本作の脚本を手がけたアーロン・ソーキン&スティーブン・ザイリアンが脚本賞を受賞し、見事、『マネーボール』がダブル受賞に輝きました!

年末年始の賞レースの幕開けでもあるこの時期の受賞は、映画の内容さながら、≪アカデミー賞≫というワールド・シリーズに向けての貴重な"初勝利"となりました。本作は現在、丸の内ピカデリーほか全国にて大ヒット公開中!(※12/9~丸の内ルーブルにてムーブオーバ-決定)

丸の内ピカデリーほか全国にて大ヒット公開中!

------------------------------------------------------------------------------------------------
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
------------------------------------------------------------------------------------------------



 本作も早く観に行かないと。

スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/30(水) 22:04:07|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ドラゴン・タトゥーの女』2012年2月10日(金)公開初日決定!

DF-20666_r.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------
セブン』『ソーシャル・ネットワーク』の鬼才デヴィド・フィンチャーの最新作はスウェーデン発の世界的大ベストセラー・ミステリー。
セブン』を超えるフィンチャー・ワールドの真骨頂!
『ドラゴン・タトゥーの女』
2012年2月10日(金)TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー
------------------------------------------------------------------------------------------------
依頼人・・・ヘンリック ヴァンゲル財閥の元会長。40年前に孤島から失踪した少女ハリエットの大叔父
   調査人は2名・・・ミカエル 雑誌「ミレニアム」の敏腕ジャーナリスト、名誉毀損事件で敗訴となり現在休職中
"ドラゴン・タトゥーの女"リスベット アウトローで天才ハッカー

二人が突き止めた身も凍る真実とはー

それは、40年前に失踪した少女の捜索依頼から始まった。
 スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエルは意気消沈の日々を送っていた。ある日、彼のもとにスェーデン有数の財閥ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲル老人から家族史編纂の依頼が舞い込む。
実はヘンリックの真の目的は40年前に起きた親族の娘ハリエット失踪事件の真相究明だった。ヴァンゲルは、ハリエットが一族の誰かに殺害されたと信じていた。40年前に一族が住む孤島から何の痕跡も残さず消えた少女。
成功の陰に隠された一族の血塗られた過去に気づくものの手がかりの掴めないミカエルは、一族の弁護士から天才的な資料収集能力の持ち主であるとして、ある人物を紹介される。
リスベットという名の、顔色が悪く、拒食症患者のように、がりがりに痩せた女。ほとんどお喋りをしない小柄な彼女の肩口から背中にかけて、龍の刺青(ドラゴン・タトゥー)が異彩を放っていた。
意外なことに彼女はこの事件に異様な関心を示す。そして彼女はハリエットの日記に記された聖書にまつわる数字が、ロシアの国境付近で未解決のままとなっている連続猟奇殺人事件と関連があることを突き止めるのだった...。

ミカエルとリスベット、悪だけが解き明かす悪の真実。
社会派ジャーナリスト、ミカエルを演じるのは『007』シリーズでお馴染のダニエル・クレイグ。持ち前の渋い魅力を発揮し、正義を追求しながらも他人に心を許すことができない屈折したヒーロー像はまさにはまり役。しかし、何よりも衝撃的なのは、タイトル・ロール"ドラゴン・タトゥーの女"リスベットのキャラクターとそれを演じきった新星ルーニー・マーラー(『ソーシャル・ネットワーク』)。フィンチャーが描く新時代のダーク・ヒロインとして、映画史に記録されることは間違いない。
原作はミレニアム三部作の第一弾として2005年にスウェーデンで刊行され発売と同時に爆発的ヒットとなった衝撃のミステリー。日本では2008年に刊行され話題になったが、2011年秋早川書房から文庫化され、発売一ヶ月で20万部を越え、今また新たなブームに火がついている。 

監督:デヴィッド・フィンチャー『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』脚色:スティーブン・ザイリアン『ハンニバル』『シンドラーのリスト
音楽:トレント・レズナー/アッティカス・ロス『ソーシャル・ネットワーク
出演:ダニエル・クレイグ『007慰めの報酬』/ルーニー・マーラ『ソーシャル・ネットワーク』  公式サイト:http://dragontattoo.jp/



 2月公開に決まりましたか。今から楽しみです。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/29(火) 23:59:26|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11/21(月)実施 映画「マイウェイ 12,000キロの真実」 【世界最速 緊急フッテージ試写会&記者会見】

My Way

<映画のクライマックスとなる“ノルマンディー上陸作戦”の映像を初公開!>
映画ライターや編集者などプロから集めたアンケートで満足度100%、
映像を見て映画を見たくなった人が90%以上!! 異例のプロの満足度!!


2012年1月14日(土)より全国公開の映画「マイウェイ 12,000キロの真実」。
本作は、1944年の“ノルマンディー上陸作戦”時に、ドイツ軍内から発見された実在の東洋人の物語を、「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が韓国映画史上最高の製作費25億円を掛けた感動作。「プライベート・ライアン」「レッドクリフ」のスタッフを始めとする、世界16カ国のスタッフが集結した本作は、主演にオダギリジョーとチャン・ドンゴンを迎え、まさに世界プロジェクト規模で製作されました。

11月21日(月)完成に先駆けて、カン・ジェギュ監督が<映画のクライマックスとなる“ノルマンディー上陸作戦”>を持って来日し、主演のオダギリジョーとともに舞台挨拶付きの特別フッテージ試写会を行いました。



映画「マイウェイ 12,000キロの真実」<世界最速 緊急フッテージ試写会&記者会見>

■日  程:11月21日(月) ■場所:新宿バルト9 シアター9
■登壇者:カン・ジェギュ監督(48)、オダギリジョー(35)
■内  容:映画の予告・メイキング・特別映像の上映と監督・オダギリさんの質疑応答を交えた記者会見を実施



映像を鑑賞したオダギリジョー コメント
「トラウマで手が震える」

<登壇者のコメント>

オダギリ:最初この話をいただいて自分のスタンスとあまりにも違うので辞めようと思ったんです。でも、監督日本に何度も足を運んでくださり、その都度、おこがましですけど脚本にお意見を言ったことに対して、きちんと反映してくれたんです。その熱意にうたれました。今回の作品は企画自体が挑戦的で意味があると思います。僕が関わることで日本人の在り方にウソがないようにと思って演じました。
監督:ノルマンディーで見つかった東洋人のドキュメンタリーを見て衝撃を受けこれを題材にした映画を撮りたいと思いました。ノルマンディーは今までもいろいろな映画の題材になってきましたが、その中にいたアジアの青年の感情を描くことで新しい視点で撮影できたと思います。今最後の作業中なので皆さんの期待に沿える作品になるようにしたいです。

●撮影に行きたくない!!
オ:台本を読んだだけで過酷な撮影になると分かったので、インのとき「本当に行きたくない」と思いました…(笑)戦争に送られる様な気持でしたので役づくりが必要なかったです。実際に戦車を3台作っていたりと徹底したものづくりを見ることができました。スタッフが5・6時間かけて準備することもあるので僕がちょっと転んでNGを出したらまたその繰り返しをさせる訳にはいかないですし…そういう意味での重みみたいのはありましたね。
監督:僕も毎日嫌でした(笑)1日12時間ぐらい撮影していましたが、毎日時間との戦いだし、寒いし…

●オダギリさんは教祖様!?
監:オダギリさんはイケメンですよね(笑)韓国にもたくさんファンがいるのでいつかいっしょに仕事をしたいと思っていました。日本で初めてお会いしたとき一目見てすぐ虜になりました。こんなこと初めてです(笑)アクションに関して少し不安があったのですが、素晴らしかったです。現場にはオダギリさんの熱狂的なファンになるスタッフが多くて“教祖”と呼ばれていました(笑)編集のスタッフは女性3人なんですが、僕がオダギリさんのシーンをカットしようとすると怒るんですよ(笑)

●チャン・ドンゴンは「韓国の高倉健」
オ:他にことばがみつからなくてつまらない表現になってしまいますが素晴らしい方です。スタッフは総勢200名以上いたのですが、全員に「チャン・ドンゴン」というロゴの入ったダウンジャケットをプレゼントしていました。高倉健さんがスタッフ全員に時計をプレゼントしたという話を聞いたことがあるので、「韓国の高倉健」だと思いました(笑)

●猫ひろしとマラソンの練習
オ:谷川真理さんのところでフォームの矯正などを行いました。猫ひろしさんも通ってらしてちょっと引くぐらいすごいスピードで走ってました。トレーニングの過酷さを少しわかるのでカンボジアの代表に選ばれればいいなと思っています。最近は海外に行った時も走ってます。オシャレな趣味ができました(笑)

●上映された“ノルマンディー上陸作戦”の映像を初めて観たら、「トラウマで手が震える」
オ:この大変さが皆さんに分かっていただけたと思います。これをやらされていたんですよ。見ていて震える感じがしたんですが、撮影の時のトラウマですね。迫力がありますね。これら迫力のあるシーンはじめ全てのカット割をして指示をし、役者や各スタッフの立場に意見を聞いたうえで最終的な判断を下す。全スタッフを動かす監督はあらためて凄い人ですね。現場では「どんだけ撮るんだ(笑)」ってつっこみたくなる時もありましたけど、今、この映像をみて思ってましたけど頑張ってよかったです



映画史上最大のスケールで贈る 衝撃と感動の物語

5年間12,000キロの旅で気付いた生きる意味。
ラストに待ち受ける想像を絶する感動があなたの生き方を変える


<STORY>
 1928年日本占領下の朝鮮で日本人と朝鮮人の少年が出会った。境遇は全く違うが、走る事が好きな二人はマラソンでオリンピック出場を夢見た。しかし、時代は国籍の違う彼らの友情を許さなかった。運命のいたずらにより、彼らは日本・ソ連・ドイツ3つの軍服を着て戦うことになる。アジアからノルマンディーまで12,000キロにも及ぶ戦いの中、全てを失っても生きる道を選んだのは何故か?そこには衝撃の事実と感動のドラマが隠されていた。

出演/オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン、キム・イングォン、夏八木勲、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎、浜田学、イ・ヨニ、ト・ジハン
監督/カン・ジェギュ (「シュリ」「ブラザーフッド」)
脚本/カン・ジェギュ、キム・ビョンイン、ナ・ヒョン
撮影/イ・モゲ(「悪魔を見た」「グッド・バッド・ウィアード」「オアシス」「ペパーミント・キャンディー」)

2011/韓国/シネスコサイズ/ドルビーデジタル
© 2011 2011 CJ E&M CORPORATION & SK PLANET, ALL RIGHTS RESERVED
提供:CJ ENTERTAINMENT AND SK PLANET  配給:CJ Entertainment Japan/東映
宣伝協力:KICCORIT

映画「マイウェイ 12,000キロの真実」2012年1月14日(土)全国公開
myway-movie.com



 来年早々の公開です。楽しみ!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/28(月) 22:44:08|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第12回東京フィルメックス受賞結果

受賞者写真

第 12 回東京フィルメックスコンペティション部門審査員は以下の作品に賞を贈ります。

第 12 回東京フィルメックス コンペティション 受賞結果

■最優秀作品賞
『オールド・ドッグ』

(ペマツェテン/中国/ 2011 年/ 88 分/カラー)

副賞として賞金 100 万円が監督に授与されます。

受賞理由;
これは何もない場所にある静寂と雰囲気を捉え、登場人物の心の中に入り込んだ作品です。非常に真摯な
手段で文学から映画への移行が行われています。私たちに、この地域そしてその人々の生活を経験させて
くれるものです。

■審査員特別賞 コダック VISION アワード
『ムサン日記~白い犬』

(パク・ジョンボム/韓国/ 2010 年/ 127 分/カラー)

副賞としてコダック株式会社より 8,000 米ドル相当の生フィルムが監督に授与されます。

受賞理由;
カメラの前と後ろに立つという困難に身を置きながら、監督は情熱をもってこの作品を完成させました。
その情熱が全キャスト、全スタッフに伝染し、真のコラボレーションを達成させました。主人公を通して
私たちは現代の韓国と北朝鮮の複雑な状況そのものを経験するのです。

■ スペシャル・メンション
社会の隅に追いやられた主人公の人物像を繊細に作り上げた『ミスター・ツリー』のワン・バオチャン(王宝強)の演技は特筆すべきものでした。
また、審査員はドキュメンタリー作品『無人地帯』に映し出された福島に住む人々への想いをスペシャルメンションとして伝えたいと思います。

**************************************************************
■第12 回東京フィルメックス コンペティション審査員:
アミール・ナデリ(審査委員長:アメリカ/映画監督)、フィリップ・アズーリ(フランス/批評家)、チョン・スワン(韓国/映画研究者)、篠崎誠(日本/映画監督)、スーザン・レイ(アメリカ/ニコラス・レイ財団代表、映画監督)
**************************************************************

■ 観客賞
『アリラン』

(キム・ギドク/韓国/ 2011 年/ 91 分/カラー)



■ 学生審査員賞
『東京プレイボーイクラブ』

(奥田庸介/日本/ 2011 年/ 96 分/カラー)

受賞理由;
東京フィルメックスのコンセプトに「映画の未来へ」とあります。芯をもってやり切る強さ、製作者の情熱が観客への刺激になり、最も映画を豊かにする。それこそが映画の「未来」に繋がるのではと考えました。数ある作品の中で、特に奥田監督の作品は、「映画を撮りたい!」という初期衝動が、無骨にむき出している様に感じました。それが本当に、刺激的でシビれました!!
故に、本賞に選ばせて頂きました。
本作のようにパンクな作品がもっと世に広まっていけば、映画はより豊かになると思います。

●学生審査員:古地良子(東京造形大学)、山口直哉(東京藝術大学)、梶睦(東京慈恵会医科大学)



■ タレント・キャンパス・トーキョー2011 最優秀企画賞
「Song of The Mulberries」
(シャン・ゾーロン SHAN Zuolong/中国)

副賞として賞金 30 万円が受賞者に授与されます。

受賞理由;
シャン・ゾーロン監督による本ドキュメンタリー作品は、中国東部の小さな町に暮らす二世代にわたる絹職人を描いた物語で、計画経済から市場経済への移行に翻弄される現代中国を映し出しています。ローカルな問題を静かで平和的なトーンで描きながらも、国際的に広く観客の心に届く作品であると講師一同は確信しています。この受賞により、本作品が一日も早く完成することを願い本賞を授与します。

■スペシャル・メンション
「The Boy in White」
(アフィク・ディーン Mohd Afiq DEEN /マレーシア)

本作品は、アフィク・ディーン監督による一部実話に基づいた成長物語です。監督自身が経験した両親の離婚を土台にして、現代のマレーシア社会におけるイスラム教や近代化といった問題を緻密に描いたコメディー・ドラマとして本作を書き上げました。ディーン監督が新鮮な視点を維持し、タブーにとらわれない映画作りの更なる追求を支援するために本賞を授与します。

**************************************************************

■タレント・キャンパス・トーキョー2011 エキスパーツ(講師):
賈樟柯<ジャ・ジャンクー>(映画監督)、パク・キヨン(プロデューサー、脚本家、監督)
オリンピア・ポン・チャフェル(「コプロダクションオフィス」セールス部門マネージャー)
クリスティーネ・トロストルム(「ベルリン・タレント・キャンパス」プロジェクト・マネージャー)

東京フィルメックス事務局 TOKYO FILMeX
〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル3F
Phone: 03-3560-6393 / Fax: 03-3586-0201 / E-mail: info@filmex.net / http://www.filmex.net



 オールド・ドッグには奇跡のような映像が撮られていましたから,最優秀作品賞に値する作品であると私も思います。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/27(日) 23:55:27|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「僕達急行 A列車で行こう」 3/24 公開予定

BAI_ma1.jpg

【Story】
小町 圭(松山ケンイチ)と小玉 健太(瑛太)。
性格も仕事も全く異なる2人が、共通の趣味である“鉄道好き”を通じて出会った!

【CAST/STAFF】
監督/森田芳光
脚本/森田芳光

小町圭/松山ケンイチ
小玉健太/瑛太
北斗みのり/松坂慶子
相馬あずさ/貫地谷しほり
小玉哲夫/笹野高史
天城勇智/西岡馬
筑後雅也/ピエール瀧
早登野庄一/伊武雅刀

(C)2012 『僕達急行』製作委員会

2012年3月24日ロードショー



 さて,鉄道ファンがどう描かれているんでしょうか?

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/26(土) 21:57:31|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― 12/23 公開

YIR_main1.jpg

日米開戦70年。今明かされる衝撃の歴史超大作!!

誰よりも、開戦に反対した男がいた。


【Introduction】
歴史を顧みれば、今とよく似ている時代がかつてこの国にあった。
昭和初期からあの戦争が始まるまでの10数年。あの時代も人々は不況に喘ぎ、雇用不安と所得格差に苦しみ、総理大臣は次々と短期間で交代を繰り返していた。そして軍部、マスコミ、知識人、不況を脱したいという「世論」、その全てが混然一体となって日本は戦争へと突入していった。
しかしそんな時代の中、最後まで日米開戦に反対し続けた人物がいた。
聯合艦隊司令長官、山本五十六。
彼は軍人でありながら、誰よりも強硬に戦争に反対し続けた。

山本五十六の名は、真珠湾攻撃によってあの戦争の端緒を開いた戦略家、日本を代表する海軍軍人として今でも広く知られている。しかしその「実像」はあまり知られてはいない。
まさに今の日本に求められている人間……即ち、困難な時代における理想的なリーダー像を体現している人物。それが山本五十六の「実像」に他ならない。
例えば、日本と米国の国力の差を熟知していた視野の広い国際感覚。
来るべき戦争は国を挙げての総力戦になると断じ、そうなれば日本本土が空襲に遭い戦禍に見舞われることにもなりかねないと危惧した、その卓越した先見性。
何よりも人の命を守ることを優先させたその信念の固さ。
戦争回避の努力もむなしく、どうしても戦を起こさなければならなくなった時、決して逃げることなく聯合艦隊司令長官の職にあり続け、周囲の反対を押し切って見事真珠湾攻撃を成功に導いた、その決断力と類稀なリーダーシップ。
そして山本五十六は、開戦以来一度もぶれることなく、ただ一つの、明解な目的のために戦った。それは戦争に勝つことではなく、敵の戦意を失わせるほどのダメージを与え講和(和平)の道を探ること。即ち一刻も早く戦争を終わらせるために山本五十六は戦い続けた。

命を賭して戦争に反対した山本五十六が、何故自ら開戦の火蓋を切って落とさねばならなかったのか。あの真珠湾攻撃から70周年の節目の年を迎えた今、その謎を解き明かすことが、現在、未曾有の国難に瀕する我々にとって、そして我々の子供たちの明るい未来にとって、大切な羅針盤となるのではないだろうか。
70年前の国難に対して、山本五十六がリーダーとして如何に戦い続けたか。
それを検証する旅がこの映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』である。

主人公、山本五十六役には日本映画界を代表する名優、役所広司。
彼とともに三国軍事同盟反対を主張する、いわゆる海軍の“良識派三羽ガラス”──海軍大臣光内光政に柄本明、軍務局長井上成美に柳葉敏郎。
さらに阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、中原丈雄、中村育二、五十嵐隼士らが帝国海軍の軍服に身を包み、強力に“役所長官”を支える。
また、五十六を見守る女性たちとして、宮本信子、原田美枝子、瀬戸朝香、田中麗奈。
五十六の意に反し「世論」を戦争へと煽り立てる新聞記者役に、玉木宏、益岡徹、香川照之。
そして五十六の親友である元海軍中将堀悌吉役を、歌舞伎界の重鎮、坂東三津五郎が務める。
監督は『孤高のメス』(2010)で日本アカデミー優秀監督賞を受賞し、大ヒットを記録した最新作『八日目の蝉』でも高い評価を得た成島出。
多彩なキャストと実力あるスタッフにより、激動の時代を懸命に生きた日本人の姿を、リアルかつダイナミックに描き出します。


【Story】
「昭和14年夏。日独伊三国軍事同盟締結をめぐり、日本中が揺れに揺れていた。
2年前に勃発した支那事変が泥沼化しつつある中、日本は、支那を支援する英米と対抗するためにも、新たな勢力と手を携える必要があった。
強硬に三国同盟締結を主張する陸軍のみならず、国民の多くもまた強大なナチスの力に熱狂し、この軍事同盟に新たな希望を託していた。
しかし、その「世論」に敢然と異を唱える男たちがいた。
海軍大臣米内光政、海軍次官山本五十六、軍務局長井上成美。
彼らが反対する理由は明確だった。日本がドイツと結べば、必ずやアメリカとの戦争になる。10倍の国力を持つアメリカとの戦は何としても避けなければならない……。
陸軍の脅しにも、「世論」の声にも屈することなく、まさに命を賭して反対を唱え続ける五十六たち。その甲斐あって、やがて三国同盟問題は棚上げとなる。
そして昭和14年8月31日、山本五十六は生涯最後の職である「聯合艦隊司令長官」として旗艦「長門」に着任した。
しかし、時を同じくして世界情勢は急転し始める。
アドルフ・ヒトラー率いるナチス国防軍がポーランドに進攻。それを機に欧州で第二次世界大戦が勃発した。快進撃を続けるドイツの力に幻惑され、日本国内では再び三国同盟締結を求める声が沸騰する。そしてその流れに抗しきれず、海軍大臣及川古志郎は従来の方針を改め、同盟締結に賛成してしまう。
昭和15年9月27日、日独伊三国軍事同盟がついに締結される。その後日本は急速に戦争への坂道を転がり落ちていった……。
およそ40万人の将兵を預かる聯合艦隊司令長官山本五十六は、対米戦回避を願う自らの信念と、それとは裏腹に、日一日と戦争へと向かいつつある時代の流れのずれに苦悩し続ける。
しかし昭和16年夏、どうしても米国との戦争が避けられないと悟った時、五十六は一つの作戦を立案した。
米国太平洋艦隊が停泊するハワイ、真珠湾を航空機によって奇襲する。
世界の戦史に類を見ない前代未聞の作戦を、軍令部の反対を押し切ってまで敢行しようとする五十六。
それは戦争に勝つためではなく、一刻も早く戦争を終わらせるための、苦渋に満ちた作戦だった……。

【CAST/STAFF】
監修/ 半藤一利
特別協力/ 山本義正
脚本/ 長谷川康夫・飯田健三郎
監督/ 成島 出


1 山本五十六 役所広司
2 真藤利一 玉木宏
3 米内光政 柄本明
4 井上成美 柳葉敏郎
5 山口多聞 阿部寛
6 三宅義勇 吉田栄作
7 黒島亀人 椎名桔平
8 草野嗣郎 益岡徹
9 秋山裕作 袴田吉彦
10 牧野幸一 五十嵐隼士
11 堀悌吉 坂東三津五郎
12 山本禮子 原田美枝子
13 谷口志津 瀬戸朝香
14 神崎芳江 田中麗奈
15 永野修身 伊武雅刀
16 高橋嘉寿子 宮本信子
17 宗像景清 香川照之



(C)2011「山本五十六」製作委員会

2011年12月23日(金・祝)ロードショー



 とても期待しています。早く観たい!!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/25(金) 23:14:13|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『マネーボール』-GMのあるべき姿がここにある!

DF-27039r.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------

大ヒット公開中!
『マネーボール』

------------------------------------------------------------------------------------------------
今、日本で巻き起こる空前の野球ブーム、GM論争―。
公開1週目の週末も、高いホールド率をキープ!

GMのあるべき姿が、ここにある!


メジャーリーグを舞台に、世界一有名な現役GM(ゼネラル・マネージャー)の半生と孤独な戦いを描いた感動の実話!

11月11日(金)に日本公開され、その週の洋画公開作の中でNO.1となったブラッド・ピット主演の映画『マネーボール』。震災後初の大物スター、ブラッド・ピットの来日やジャパン・プレミアで公開前に大きな盛り上がりをみせた! そして折しも11月20日(日)には、日本シリーズの優勝チームが決まり、ますます日本で野球熱が高まる中、日本ではあまり馴染みのなかったGM(ゼネラル・マネージャー)にも各報道で注目が集まっている!!

本作の主人公であるビリー・ビーンは、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスで今も活躍する現役かつ世界一有名なGM。貧乏弱小球団を再生させるべく、今までの選手獲得の常識を覆した彼の理論は、チーム内や世間から批判された。チーム優勝のプレッシャーを背負いながらも孤独な戦いを続け、上司との確執、数々の苦悩を乗り越えてチームを常勝球団に導いた実話の物語が観客の共感を呼び、週末の「ぴあ」の満足度ランキングでも見事第1位、ツイッターでも「これがGMのあるべき姿だ!」などと昨今のGM論争とからめた書き込みも増えている―。

『マネーボール』
丸の内ピカデリー他、全国にて大ヒット公開中!

------------------------------------------------------------------------------------------------
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
------------------------------------------------------------------------------------------------



 早く観に行かなくては。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/24(木) 23:50:54|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川島雄三特集トークイベント(11/19寺島進、11/20崔洋一)

<世界×日本×未来=つなげる国際映画祭>
第12回東京フィルメックス
客観的かつシニカルなスタイルが今なお映画ファンの心を掴む、川島雄三監督特集上映!
「限定!川島パラダイス♪」
★寺島進~「『洲崎パラダイス』リメイクするなら、相手は真矢みきで!?」
★崔洋一~「『とんかつ大将』魅力は、娯楽映画の耽美と独特の世界観!」
11月19日(土)&20日(日)トークイベント
登壇者:寺島進(19 土)、崔洋一(20 日)

いま世界が最も注目する作品をいち早く上映する国際映画祭「第12 回東京フィルメックス」が、11 月19 日(土)から11 月27 日(日)の全9 日間、有楽町朝日ホールを中心に開催しております。
毎年プログラムを準備している特集映画、今年は、名匠・川島雄三監督作品を「限定!川島パラダイス♪」と題して一挙4作品を上映。これを記念して、19 日(土)は寺島進、20 日(日)は崔洋一を招いてトークイベントを開催いたしました。

【概要】
<会場(2 日間共通)>
*敬称略
東劇(中央区築地4-1-1 東劇ビル3F/東京メトロ「東銀座」駅6番出口)
①『洲崎パラダイス赤信号
11月19日(土)11:21~11:50/ゲスト:寺島進
②『とんかつ大将
11月20日(日)11:34~12:00/ゲスト:崔洋一

19日(土)は、俳優の寺島進が登場。勝どき橋の近くにゆかりがあることを懐かしみつつ、「(新珠三千代さんを観ていて)祇園遊びしていたころを思い出しました(笑)」と笑わせ、リメイクの話をふられると「相手役は、真矢みきさんがいいかな」と意欲満々!「三橋さんの役柄の幅広いこと。最近自分もワンパターン化してきちゃっているから打破しないと。昔の役者さんは、グッと大人だと思いますね。役者としてのレベルが高いから勉強になります」と、役者魂も忘れていないところをアピールしていた。
20 日(日)は、かねてから川島雄三のファンだったという、崔洋一監督が登場。「川島雄三は大量に娯楽映画を作ったが、娯楽映画の耽美と独特の世界観があった。大量に撮っていながら、世界の流れを知っていたのだと思う。
とんかつ大将は、ネオリアリズムですよ」と、独自の視点を展開、「ある種の社会の階級差など、面白がれるモダニズムもあった。今の日本映画とちがう時代があったことが分かる日本映画ですよ」と、今の映画についての思いを含ませるようなときもあった。
川島雄三監督(1918-1963)は松竹、日活、東宝、大映などで活躍。田中絹代主演『還って来た男』(1944)でデビュー。下町の風俗を生き生きととらえた『とんかつ大将』(52)で境地を開拓。意欲的に話題作を発表し続けていくも、45 歳の若さで急逝。代表作に『幕末太陽傳』(1957)。助監督には今村昌平らが名を連ねている。

◆「第1 2 回東京フィルメックス」
◆日程:2 0 1 1 年1 1 月1 9 日(土)~2 7 日(日)
*全9 日間
◆公式サイト
h t t p : / / w w w . f i l m e x . n e t
◆会場:有楽町朝日ホール、東劇、T O H O シネマズ日劇、T O H O シネマズ有楽座にて


【第12 回東京フィルメックス概要】「東京フィルメックス」は、いま世界が最も注目する作品をいち早く上映する国際映画祭です。アジアの若手によるコンペ部門、最先端の注目作が並ぶ特別招待作品のほか、毎年好評の特集上映では、ニコラス・レイ監督生誕百年記念上映や相米慎二監督作品13本一挙上映、名匠・川島雄三作品が登場。監督らもお招きする観客との質疑応答やトークイベントでは、映画と人との出逢いが"映画の未来へ"誘います。



 川島雄三は日本を代表する監督の一人ですからね。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/23(水) 07:47:55|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11/19オープニング・セレモニー 東京フィルメックス

<世界×日本×未来=つなげる国際映画祭>第1 2 回東京フィルメックス
アミール・ナデリ監督「フィルメックスは私のホームです!」
「第1 2 回東京フィルメックス」
1 1 月1 9 日(土)オープニングセレモニーご報告
登壇者:アミール・ナデリ/フィリップ・アズーリ/チョン・スワン/篠崎誠/林加奈子
※敬称略

いま世界が最も注目する作品をいち早く上映する国際映画祭「第12 回東京フィルメックス」が、11 月19 日(土)から11 月27 日(日)の全9 日間、有楽町朝日ホールを中心に開催しております。
19 日(土)に、オープニング作品、キム・ギドク監督作『アリラン』の上映前に、オープニングセレモニーが開催されました。

【概要】
日時:11月19日(土)
19:20~19:40
会場:TOHO シネマズ有楽座(千代田区有楽町2-2-3 ニュートーキョービル3F 東京メトロ「銀座駅」C1 出口)
登壇者:アミール・ナデリ(アメリカ/審査委員長、映画監督)、フィリップ・アズーリ(フランス/批評家)、チョン・スワン(韓国/前チョンジュ国際映画祭プログラム・ディレクター)、篠崎誠(日本/映画監督)、林加奈子(日本/東京フィルメックスディレクター)

東京フィルメックスディレクター林が、「今を生きる私たちが、もっと強く生きるために必要な映画が揃いました!」と、開会宣言をすると、映画祭の開催を心待ちにしていた観客で埋まった会場からも大きな拍手が!
続いて今年のコンペティション部門の審査員のうち4名が登壇し、代表して審査委員長のアミール・ナデリが挨拶、「フィルメックスとは8 年間の付き合いで、日本への窓口になってくれました。西島秀俊さんとも、スタッフとも出会い、その結果日本で映画をつくることができ(『CUT』)、この映画祭は“我が家”といえます!」と、東京フィルメックスへの感謝の気持ちを語りました。
「コンペティション10本の作品を観ると、林ディレクターと市山プログラムディレクターが丁寧に選んだという確信があります。映画について真剣に考えて、心から(審査員としての)仕事をおこないたいと思います」と、力強い決意を表明。また、特集上映のプログラムについても自身が好きな作品が数多く上映されるとあって、「今日(こんにち)においても新鮮なアイデアを得たり、映画の基本的なルーツに戻ることもできる作品たち」と、観客にもこの機会にたくさん鑑賞するようにアピール、挨拶の締めくくりに「私の映画は『CUT』というタイトルですが、映画のオープニングにあわせて“アクション”と申し上げたい」と話すと、客席からは笑い声も。最後に、来場していたドナルド・リチー氏に向かって、「今この瞬間を彼にささげます」と心からの謝辞を述べ、最高の盛り上がりの中オープニングセレモニーは終了しました。

◆「第1 2 回東京フィルメックス」
◆日程:2 0 1 1 年1 1 月1 9 日(土)~2 7 日(日)
*全9 日間
◆公式サイト
h t t p : / / w w w . f i l m e x . n e t
◆会場:有楽町朝日ホール、東劇、T O H O シネマズ日劇、T O H O シネマズ有楽座にて


【第12 回東京フィルメックス概要】
「東京フィルメックス」は、いま世界が最も注目する作品をいち早く上映する国際映画祭です。アジアの若手によるコンペ部門、最先端の注目作が並ぶ特別招待作品のほか、毎年好評の特集上映では、ニコラス・レイ監督生誕百年記念上映や相米慎二監督作品13 本一挙上映、名匠・川島雄三作品が登場。監督らもお招きする観客との質疑応答やトークイベントでは、映画と人との出逢いが"映画の未来へ"誘います。



 いよいよ始まりました。私も毎日通う予定です。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/22(火) 23:11:17|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「琉神マブヤー」東京初上陸!GOGO!琉神マブヤーショー

名称未設定

「琉神マブヤー」東京初上陸! GOGO!琉神マブヤーショーに二千人が大歓声

2008年に沖縄でTV放送が開始され、10月29日(土)には劇場版「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」が沖縄先行公開。当地での邦画実写映画の動員数を塗り替えるヒットを記録しており、来年1月7日(土)にはついに全国公開を迎える琉神マブヤー。これに先駆けて、絶大な人気を博しているヒーローショー“Go!Go!琉神マブヤーショー”が東京初上陸! 琉神マブヤーに龍神ガナシーらフルキャストに主題歌を歌う「ディアマンテス」ほか豪華ミュージシャンを引き連れて11月20日(日)、東京・渋谷の渋谷公会堂に集結し、親子連れを中心におよそ二千人の観客が訪れ、マブヤーやガナシーらに熱い声援を送りました。

==========================================

2008年に沖縄でTV放送が開始され、空前の大ブームを巻き起こしたご当地ヒーロー「琉神マブヤー」。DVDは3万枚超を売り上げ、沖縄では知名度98%、「1歳の子でもパパ、ママ、マブヤーは話せる」と言われるほどの人気を誇る。現在、沖縄では待望の「琉神マブヤー3(ミーチ)」が放送中だが、10月29日(土)には劇場版「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」が沖縄先行公開。当地での邦画実写映画の動員数を塗り替えるヒットを記録しており、来年1月7日(土)にはついに全国公開を迎える。これに先駆けて、絶大な人気を博しているヒーローショー“Go!Go!琉神マブヤーショー”が東京初上陸! 琉神マブヤーに龍神ガナシーらフルキャストに主題歌を歌う「ディアマンテス」ほか豪華ミュージシャンを引き連れて11月20日(日)、東京・渋谷の渋谷公会堂に集結した。

話題のご当地ヒーローの活躍を見ようと、ホールの前には開場前から行列が。親子連れを中心におよそ二千人の観客が訪れ、マブヤーやガナシーらに熱い声援を送った。

開演前に報道陣の取材に応じたマブヤーは今回の東京初上陸について「こんなに大きなステージに立てるということで、東京の人たちに僕らが沖縄を守っている姿を見てほしい。僕らを通じて沖縄の良いところを知ってもらえたら」と喜びを語る。

ガナシーは「僕らは(悪役の)マジムンと戦っているわけだけど、彼らには彼らの正義があるんです。お互いに分かり合えるまで戦い合いたい。嫌い合うのではなく仲良くしたい」と敵を“倒す”のではなく“ゆるす”という、彼らの哲学を東京のファンに訴えた。

劇場版では沖縄出身で「DA PUMP」のリーダーであるISSAと同じく沖縄出身の山田親太朗が主演しているほか、仲間由紀恵にお笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリや川田が出演し、「スリムクラブ」の真栄田賢が映画オリジナルキャラクター「ジンベエダー」の声を務めるなど、ご当地出身の著名人が数多く参加している。

この日は、映画に登場するキャラクターで、マブヤーの付き人であるキジムンを演じるお笑いコンビ「キャン×キャン」の長浜之人も出席。長浜さんは「こんな豪華メンバーに僕が入っていいのか? という気持ちでした。みんな、普段から一緒に飲んでいるメンバーなので撮影現場の雰囲気もよくて楽しかったです」と映画の撮影をふり返った。

本作は琉球文化を伝える三線を使用するなど、音楽面でも沖縄色を前面に出して高い評価を得ているが、その主題歌を歌う「ディアマンテス」のアルベルト城間は、主題歌を担当することになった経緯を聞かれ「ある先輩から電話がかかってきて『沖縄を盛り上げるために』と言われたんです。沖縄では先輩に言われたら『NO』と言えないので『喜んでやらせてください』と言いました(笑)」と説明。ご当地での大ヒットについては「正直、こんなことになるとは思いませんでした。ライヴではこの曲をやらないとブーイングが出ますからね(笑)」と明かし「本当にみなさんのおかげです。子供たちが元気だと、お父さん、お母さんも元気になる。東京にも元気を与えることになったら」と思いを語った。

最後は「叩きつぶす」を意味する沖縄方言で、人気のセリフ「たっぴらかす!」をポーズ付きで決めて、東京進出に対する熱い思いを表した。

劇場版「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」は沖縄で先行公開中。2012年1月7日より全国にて公開。



 沖縄ではそんなに人気なんですね。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/21(月) 20:13:13|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『アントキノイノチ』初日舞台挨拶

_YAA0231.jpg

◇◇◆◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◇◆◇◇◆◇◇

約10000人のエガオで作成した“モザイクアート”が登場!!
瀬々敬久監督から贈られたサプライズの手紙に岡田将生が号泣!

『アントキノイノチ』
11月19日(土)初日舞台挨拶
http://antoki.jp

大ヒット上映中

◇◇◆◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◇◆◇◇◆◇◇

いよいよ、今年の夏に行われた第35回モントリオール世界映画祭で、革新的で質の高い作品に贈られる“イノベーションアワード”を受賞した話題作、映画『アントキノイノチ』が公開となりました。

そしてこの度、岡田将生、榮倉奈々、原田泰造、松坂桃李、瀬々敬久監督が登壇し、初日舞台挨拶を行いました。

心に傷をもった杏平とゆきが出会い、「遺品整理業」という職業を通して、惹かれあい、心を通わせていくラブストーリーです。今年2月の撮影からずっと一緒に過ごしてきた出演者と監督が約800人のお客様と約10000人のエガオに見守られる中、監督からサプライズで送られた手紙、そして共演者からの暖かい言葉に岡田が涙を流すといった、感動の舞台挨拶となりました。

□===================================================================□

■『アントキノイノチ』初日舞台挨拶 概要

【場所】
有楽町マリオン9F 丸の内ピカデリー1

【日程】11月19日(土)

【登壇者】
岡田将生(22)、榮倉奈々(23)、原田泰造(41)、松坂桃李(23)、瀬々敬久監督(51)

【MC】加藤シルビア

□===================================================================□

<一言ご挨拶>

●岡田将生さん:
元気ですかー!
今日は来ていただきありがとうございました!
岡田将生です。

初日を迎えられて本当に嬉しいです。
皆さんに早く観ていただきたかったので、すごく緊張してます。
ありがとうございました。

●榮倉奈々さん:
この映画は、TBSさんと松竹さんで“恋愛映画”として、打ち出しているのですが、その映画を社会派の瀬々さんが撮影していて、そこに瀬々さんの哲学が入っている、そのバランスが私はとても好きです。
本当にたくさんの人に観てみてもらいたかったので、初日を迎えられてとても嬉しいです。
ありがとうございます。

●松坂桃李さん:
こうやってスタッフの皆さんと作り上げてきたこの作品が皆さんの手に届くと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。
今日ここに来れなかったスタッフやキャストたちも皆嬉しい気持ちになっているかと思います。
今日は最後までよろしくお願いいたします。

●原田泰造さん:
初日を迎えるということで、楽屋でみんなで「良かったね」と言って、ワクワクしていました。

はっ、はっ、は~ら~だ泰造です!

初日迎えて嬉しいです。
ありがとうございます。

●瀬々敬久監督:
ここにいる素晴らしいキャストとスタッフのおかげで素敵な映画が出来たと思います。感謝しています。
でも一番感謝しているのは今日この場にお越しいただいたお客様です。
ありがとうございます!

●MC:
瀬々監督にお聞きします。
4人のキャストの皆さんとは、初めてのお仕事だったかと思いますが、いかがでしたか。

●瀬々敬久監督:
松坂くんは、今回はすごく難しい役で、ある意味憎まれ役でした。
一番好きなカットは「死ぬのが怖い」という台詞が好きです。
そのシーンは、そこで初めて、今まで彼が生きてきた感じが出てきて、すごく素晴らしいと思いました。
こういう役を演じてくれてありがとう!

原田さんは、僕みたいな監督のもとで働いてくれてありがとう。
みんな若い中で、中心にいて、みんなを日常に戻してくれる、本当に素晴らしい役者さんです。
本当に感謝してます。
僕が一番原田さんの台詞で好きなのは、「ブレーカーある?」です(笑)。
本当あの言い方は難しいんですよ。

榮倉さんは、こんなキレイな顔してますが、ワーキングクラスの役をやってくれて、それがすごく普通に見えるのがすごいなと思いました。
日常で生きてる楽しさとか不安とかを知っていらっしゃるので、それが良くお芝居に出てると思いました。
一番好きな養老院で「ゆきちゃん」て名前を呼ばれたとき、「満開ですね~」と答えるシーンが好きですね。

●榮倉奈々さん:
そんなこと言ってましたっけ?

●瀬々敬久監督:
言ってました!是非もう一度観てみて下さい(笑)。

それと、岡田くんは一番僕が好きなのはキレイなお尻です(笑)。

●岡田将生さん:
ちょっと待って下さいよ!おかしいでしょう!(笑)

●MC:
続きまして岡田さんにお聞きします。
杏平とゆきちゃんの切ない距離感が素晴らしいと思いましたが、2人の関係はどのようなものだったと思いますか。

●岡田将生さん:
ゆきちゃんとは、心の中で、「一緒に支え合いたい」と思える運命の相手だと思いますね。

●MC:
続きまして榮倉さんにお聞きします。
ゆきが杏平に過去を告白するホテルのシーンがとても印象的でした。
ゆきは杏平と出逢ってどのように変わったと思われますか?

●榮倉奈々さん:
ゆきちゃんにとって、やっぱり運命だったと思いますし、杏平と出会う前は、ある意味で自分の中で過去の傷は解決できていたはずなんですが、杏平と出合ったことで本当の意味で自分の過去の傷を解決しなくならなくちゃいけなくなったと思うんです。

本当の意味での解決っていうのは、自分1人ではなく、誰かがいて、誰かに話して、初めて解決するものだと思います。
辛かったと思うけど、それでも杏平に伝えたいと思えたゆきちゃんは幸せだったと思います。

●MC:
続きまして松坂さんにお聞きします。
松井新太郎という役をどのように理解し、演じられましたか?
また監督と話し合われたことなどはあるのでしょうか。

●松坂桃李さん:
撮影中は、本当に役のことが理解が出来ませんでした。
映画をご覧になった皆さんも、彼を見たときに「嫌なやつだな」と思った方も多いと思います。

でも、この舞台挨拶の前にもう一度見たんですが、最後まで観ると結構可哀相なやつで、彼も「生きたい」ということで必死になってて、誰かと繋がってたいと思った結果、ああいうアプローチの仕方になってしまっていたと思うんです。

最後に杏平に迫られたときに、ちゃんと自分の本当の気持ち「生きたい」「死ぬのが怖い」ということを伝えることができたので、彼はそこで初めて一歩前進することが出来たんじゃないかなと思い、そこで理解をしました。

監督からも「松井は何かに怯えているような役だ」というのを撮影中とかも話してました。彼はあそこのシーンで一歩前進できたんだなと思います。

●MC:
続きまして原田さんにお聞きします。
本作の試写会のアンケートなどで、佐相(さそう)さんのセリフが心に響いた、という感想を多く頂いたのですが、原田さん自身、心に残っているセリフはありますか。また佐相という人をどのような人だと捉えて演じられましたか。

●原田泰造さん:
台詞的には、ゆきちゃんを優しく見守っている上司の役だったので、いい台詞をたくさんいただきました。
映画の中で「生きるというのは恥ずかしいことだ」という台詞があって、あれは僕の中で名台詞といってるんです。あのシーン好きですね。
僕も恥ずかしいところがたくさんあるので、あそこはとても深く感じましたね。

あのシーンの前に、岡田くんが「泰造さんいいなぁ、その台詞。ずるいな。」って言われたんですが、僕は言ったんです。
「これは誰にも渡さない」って(笑)。
でも、それくらい僕には大事な台詞でした。

●MC:
ありがとうございました。
さて、今日は皆さまにお見せしたいものがあります。
『アントキノイノチ』公式HPでは、「アントキノエガオ」と題して、皆さまからの「思い出のエガオ」を募集しておりました。

また本作の主題歌を担当されたGReeeeN(グリーン)さんも、今年5月より9月まで期間限定でおこなわれました
「Green boys Project」(グリーン ボーイズ プロジェクト)において、とびきりの笑顔や“希望”、“願い”がこもった写真を世界中から集めました。今日は、この2つのプロジェクトで集まったたくさんのエガオのお写真で、モザイクアートを作成しましたのでお披露目とさせていただきます。
それでは、幕をはずしましょう。

このモザイクアートは、およそ10000枚の写真で作られています。
「1人1人のエガオが集まって、大きな絆が生まれる」
そんな意味をこめて、たくさんのエガオで杏平とゆきの、しっかりとつながれた手を表現いたしました。

●MC:
いかがですか?

●榮倉奈々さん:
すごいですね。すごいとしか言い様がないです。
ちょっとみんな、どう?

●岡田将生さん&松坂桃李さん:
すごいですね。

●原田泰造さん;
これ暗いところは暗い写真、明るいところは明るい写真を使ってるんですね…。

●瀬々敬久監督:
赤ちゃんの笑顔とかすごい素敵な写真ばかりですね。

●MC:
それでは、このパネルの前で、フォトセッションを行いたいと思いますが、その前に実は本日は瀬々監督がサプライズで、岡田将生さんにお手紙を書いてきてくださっている、とお聞きしました。
監督、お読みいただけますでしょうか。

●瀬々敬久監督:
「岡田君。考えたら準備、撮影、宣伝と1年近く『アントキノイノチ」に関わってきたと思います。とりあえず今日で終わりです。
長い間お疲れさまでした。
ちょっと寂しい気感もしますが、一生会えないわけでもないですし、これからはきっと、映画が一人歩きをしてくれると思います。

岡田くんはどちらかというと天然でボケキャラでいますが、撮影中は本当に助けてもらったと思います。
撮影中に震災が起こって、大変だった現場でも、岡田くんの笑顔と子供のような無邪気な会話でみんなの気持ちがどんなに和んだことか分かりません。

たぶん、そこには岡田君の心の温かさがあったと思います。
他にも思い出すことはたくさんあります。

特に文化祭での撮影の最後の日。松坂くんのアップのとき、「シーンの最初からやろう」と提案してくれた岡田君の松坂君への友情。そして、映画に対する思いは本当に嬉しかったです。

あの撮影の日々を引っ張っていってくれたのは、岡田くん、君だと今でも思っています。

僕は岡田君の生きてきた年月と同じくらいの間、監督ということをやってきました。でも今回岡田君達と出会って、一緒にすることができ、大切なことを思い出すことができました。
それは方法とかではなく、純粋な心と、真っ白な心で映画に挑んでいくということです。

ありがとう。

またどこかで。
そして、また一緒に仕事をしましょう。

2011年11月19日、『アントキノイノチ』監督、瀬々敬久!

●MC:
ここでキャストの皆さんからも岡田さんに一言ずつメッセージをいただきます。

<ここで榮倉さん、原田さん、松坂さんから岡田さんに花束が贈られました。>

_YAA0181.jpg

●松坂桃李さん:
杏平を将生君が演じてくれて僕は本当によかったと思っています。
たぶんここまで来るのに大変なことがたくさんあったと思います。
僕はこの作品を通して、将生君出会えたことを本当に嬉しく思っています。
また一緒に仕事をしましょう。
お疲れ様でした。おめでとうございます!

●原田泰造さん:
本当に岡田くんがいて、場がすごく盛り上がって。
僕も本当にやりやすかったです。
小学校2年生みたいだって言ってごめんなさい。
大学生になりました(笑)。

●岡田:
やったーーーー!!!

●榮倉奈々さん:
お疲れさまでした。3月から撮影が始まって、撮影はもちろん大変だったけど、色々な場所に行って、プロデューサーの平野さんも大変なこといっぱいさせるから(笑)、大変だったと思うけど、本当に岡田君がいてくれて頑張れました。楽しかったです。

また仕事しましょう!
(ここで岡田さんと榮倉さんが抱き合いました)

●MC:
岡田さん、皆さんからメッセージをいただきました。
いかがですか。

_YBB0330.jpg

●岡田将生さん:
(泣きながら)
俺、裏でみんなに「緊張してないだろ、緊張しろ」って言われて、「緊張しなきゃ」と思って舞台へ上がったら本当に緊張しちゃって…。
こんなことあると思ってなかったし、今日もみんな「そっけないな」と思ってたんですよ。「あれ、俺に話しかけてくれないな」って思ったし、監督も目を合わせてくれなかったし…。
こういうことだったんですね。
ありがとうございます。

●MC:
それでは、最後に主演の岡田さん、榮倉さんより会場の皆さんにメッセージをいただきます。

●榮倉奈々さん:
本当に岡田くんの涙には涙に誘われました。
岡田くんの純粋な気持ちがみんなを助けてくれた映画だったんだなと今日実感できて良かったです。
また、是非大切な人と映画館で観てほしいと思います。
ありがとうございました。

●岡田将生さん:
僕はこの映画をやれて本当に良かったと思っています。
こうしてずっと、キャスト、スタッフ、友人家族みんなに支えられて、本当に撮影中に震災とかがあって、すごく辛くて、「撮影とかしてていいのかな」とずっと思っていました。

でも、この映画を通して、命の大切さや、人と人との繋がりなどを
皆さんに届けられると信じて、この映画を作りました。

観終わった方々ですが、皆さんに僕達の愛のこもったメッセージが届いていればすごく嬉しいです。

今日は本当に来てくれてありがとうございました。

□===================================================================□

【「アントキノイノチ」作品概要】

2009年に発売され、幅広い年齢層の感動を呼んだ、さだまさし原作『アントキノイノチ』(幻冬舎文庫)の映画化。
本作は、過去のある事件から心を閉ざしてしまった男女が出逢い、遺品整理業という仕事を通してともに過ごす中で、心を通わせ、生きる希望を見出だしていく愛の物語です。

監督は、昨年公開された『ヘヴンズ ストーリー』で、第61回ベルリン国際映画祭・国際批評家連盟賞と最優秀アジア映画賞の2冠を獲得した瀬々敬久。主演は、若手実力派俳優、岡田将生と榮倉奈々。
今、最も注目を集める2人が本作で初共演を果たし、複雑な過去をもつ難しい役どころに挑戦致しました。

【ストーリー】

高校時代のある事件がきっかけで、心を閉ざしてしまった永島杏平。
父の紹介で遺品整理業の現場で働き始めた杏平は、久保田ゆきと出会う。
命が失われた場所で共に過ごす中で、次第に心を通わせていく2人。
そんなある日、ゆきは衝撃的な過去を杏平に告げる。
そして、杏平の前から姿を消してしまう――。

※遺品整理業=故人の残した品(遺品)を遺族に代わって片づけをする、いわば「天国の引越し屋さん」。故人の残したものを、大切なものと不要なものに分類し、大切なものは形見分けや合同供養を行う。

□===================================================================□

【作品情報】

映画「アントキノイノチ」

出演:岡田将生 榮倉奈々 原田泰造 松坂桃李
染谷将太 檀れい 鶴見辰吾 柄本明 堀部圭亮 吹越満 津田寛治 宮崎美子

監督:瀬々敬久(「感染列島」、「ヘヴンズ ストーリー」)
原作:さだまさし『アントキノイノチ』(幻冬舎文庫)
脚本:田中幸子(「雷桜」)、瀬々敬久
製作:「アントキノイノチ」製作委員会
配給:松竹

主題歌:「恋文~ラブレター~」GReeeeN(NAYUTAYAWAVE RECORDS)

(C)2011「アントキノイノチ」製作委員会

公式サイト
http://antoki.jp

公式Twitter
http://twitter.com/antoki_movie

公式Facebook
http://www.facebook.com/antoki.fan

□===================================================================□



 早く観に行かなくては!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/20(日) 19:37:18|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

板尾創路、衝撃の小説デビュー!! ノベライズ版「月光ノ仮面」映画公開に先駆け、12月14日発売決定!!

book.jpg

2012年1月14日に公開となる板尾創路の第2回監督作品「月光ノ仮面」。
この衝撃作を、板尾創路監督が自らの手で小説化、映画公開1カ月前の12月14日に発売されることになりました。古典落語"粗忽長屋"を題材にした謎が謎を呼ぶ展開、そして衝撃的なラストに圧倒されるファンタジックなミステリー。文学の世界でも、誰も寄せ付けないシュールな板尾節が炸裂する作品です。

「月光ノ仮面」
-------------------------------------------------------------------------------

【ストーリー】
昭和22年、先の大戦で戦死したと伝えられていた落語家が突然、帰郷した。<男>の名前は、森乃家うさぎ。戦前に人気・実力ともに認められた落語家だった。だが、かつての面影はない。顔面の大半が包帯で覆われていたうえに、一切の記憶を失っていたからだ。<男>は、かすかな記憶を辿るように、得意としていた演目"粗忽長屋"を虚ろな口調で呟くだけだった。<男>は、満月が輝くその街で暮らし始める。そして、婚約者だった弥生の支えで再び高座に上がり始めるなど、次第に立ち直っていく。そうしななか、ふいにもう一人の<男>=岡本太郎が帰郷してくる。二人の<男>の正体とは......。傷を負った二人の男と一人の女に衝撃の運命が襲いかかる。


【書籍情報】
著者・板尾創路
価格・1300円(税込)
仕様・ソフトカバー/四六判/232ページ
発行・ヨシモトブックス 発売・株式会社ワニブックス
ISBN978-4-8470-9041-7 C0074

---------------------------------------------------------------------------------------------


【板尾創路】
1963年、大阪府生まれ。130Rを結成後、バラエティ番組を中心に活躍。2000年以降は俳優として、映画に進出する。監督・脚本・主演の3役をこなした『板尾創路の脱獄王』(2010年1月公開)では第29回藤本賞新人賞、第19回日本映画批評家大賞新人監督賞の二冠を達成。2012年1月14日に監督・脚本・主演の第2弾作品『月光ノ仮面』が公開される。南こうせつとユニット「板尾こうせつ」を結成してCDをリリースするなど、ミュージシャンとしても活動。著書に『板尾日記』(1~6巻/リトルモア刊)がある。



【映画情報】
監督: 板尾創路「板尾創路の脱獄王
脚本: 板尾創路、増本庄一郎
出演: 板尾創路、浅野忠信、石原さとみ、前田吟

製作:「月光ノ仮面」製作委員会
配給:角川映画
(c)2011「月光ノ仮面」製作委員会
第35回モントリオール世界映画祭出品作品  第三回沖縄国際映画祭出品作品

gekkonokamen.com

2012年1月14日(土)角川シネマ有楽町・シアターN渋谷他全国公開



 小説まで出してしまいますか。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/19(土) 19:53:36|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ヤング≒アダルト』邦題&公開決定

Young Adult

 パラマウント ピクチャーズは、アカデミー賞女優シャーリーズ・セロン最新作、『ヤング≒アダルト』(原題:YOUNG ADULT)を2012年2月25日(土)からTOHOシネマズシャンテほかで全国順次公開する。

 監督はアカデミー賞を受賞した『JUNO/ジュノ』、同賞5部門にノミネートされた『マイレージ、マイライフ』で、人間を温かく見つめながら、現代社会の歪みをリアルに切り取ったジェイソン・ライトマン。本作でもその手腕を発揮し、真の幸せとは何か?というテーマにさらに深く踏み込み、アカデミー賞が期待される。主人公は、自称作家、ゴーストライターで"ヤングアダルト"(少女向け小説)を執筆中の37歳女性。"バツイチで恋人ナシ、心の友はアルコール"といつまでも大人になれない、そんな規格外の彼女が大騒動を巻き起こした果てに見つける"真実"とは─。

 パワフルな主人公に、ハリウッドを担うオスカー女優のシャーリーズ・セロン。一人で生き抜かなければならない現代女性の本音を堂々と見事に演じ切り、『モンスター』に続いて本作で2度目のアカデミー賞最優秀主演女優賞受賞が期待される。

 そのほか、『恋とニュースのつくり方』のパトリック・ウィルソン、『トワイライト』シリーズのエリザベス・リーサー、『レミーのおいしいレストラン』のパットン・オズワルトが出演。脚本にはデビュー作『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞脚本賞に輝いたディアブロ・コディ。

 オスカー常連のスタッフとキャストによるコラボレーションから生まれた"女性版『マイレージ、マイライフ』"。棘があるけど心温まる感動のヒューマンドラマ、映画『ヤング≒アダルト』は、2012年2月25日から全国順次公開される。

■原題:「YOUNG ADULT」  
上映時間:94分 
アメリカ公開:2011年12月16日拡大公開(12月9日限定公開)

出演:シャーリーズ・セロン(『モンスター』『あの日、欲望の大地で』)
パトリック・ウィルソン(『恋とニュースのつくり方』『ウォッチメン』)
パットン・オズワルト(『レミーのおいしいレストラン』)
エリザベス・リーサー(『トワイライト』シリーズ)
J.K.シモンズ(『マイレージ、マイライフ』)

監督:ジェイソン・ライトマン(『マイレージ、マイライフ』『JUNO/ジュノ』)
脚本:ディアブロ・コディ(『JUNO/ジュノ』)   
映画公式ホームページ:http://www.young-adult.jp/

2012年2月25日(土) TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー



 面白そう!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/18(金) 20:08:04|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「friends もののけ島のナキ」 12/17公開

WEB#65533;p#65533;#65533;#65533;C#65533;#65533;1#65533;iPC#65533;#462;#65533;#65533;#25692;#65533;E#65533;g#65533;ё#1166;#65533;#65533;#25692;#65533;#578;#846;g#65533;p#65533;#322;#65533;#65533;#1794;

名作童話「泣いた赤おに」を原案に、「ALWAYS 三丁目の夕日」、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の山崎貴監督が、今度は3DCGアニメーションで世界にチャレンジする!
もののけが住むと恐れられる島に迷い込んだ人間の赤ん坊・コタケ。ひょんなことからコタケの世話をすることになった暴れん坊の赤おに・ナキ。一緒に暮らすうちに友情が芽生えた二人だったが、楽しい生活はいつまでも続くことはなかった。しかしながら、二人の悲しい別れの先には驚くべき感動の結末が待っていた―――。


【解説】
ALWAYS 三丁目の夕日」、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」などで大ヒット作品を送り出す山崎貴監督が、20年来の盟友・八木竜一監督とともにチャレンジしたのは3DCGアニメーション! 
実写映画のノウハウと最新のCG技術を融合させ、革新的な映像を作り出した。
山崎監督が子供の頃から映画化を切望していた傑作童話「泣いた赤おに」をベースに、監督自らが大胆に物語をアレンジ。
主人公の赤おに・ナキの声はSMAPの香取慎吾。青おにのグンジョーは山寺宏一。他にも阿部サダヲ、YOU、加藤清史郎など超豪華キャストが集結! すでに世界規模での公開が決定! ハリウッドをも凌駕する圧倒的な映像と心揺さぶられる物語となっている。


【ストーリー】
霧に隠された海の先には、もののけが住むとおそれられ、近づくことさえ禁じられた不気味な島があった。ある日、そこに迷い込んだ人間の赤ん坊・コタケは不思議なもののけたちに出会ってしまう。突然現れたコタケを見て、もののけたちは大パニックになるが、暴れん坊の赤おに・ナキと青おに・グンジョーがコタケの面倒をみることになった。はじめはケンカばかりのナキとコタケだったが、一緒に暮らしているうちに、ふたりはかけがえのない“ともだち”になっていく。だが、どんなに仲良くなっても、もののけと人間はずっと一緒にいることはできない。やがて悲しい別れの日が訪れる。しかし、その先には驚くべき感動の結末が待っていた―――。

【CAST/STAFF】
ナキ:香取慎吾
グンジョー:山寺宏一
ミッケ:YOU
コナキ:加藤清史郎
もののけ退治の三人衆:FROGMAN
コタケ:新堂結菜
ゴーヤン:阿部サダヲ

監督:山崎貴/八木竜一

(C)2011「friends もののけ島のナキ」製作委員会

2011年12月17日(土)全国東宝系ロードショー(3D/2D同時公開)



 日本版「モンスターズ・インク」?

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/17(木) 21:48:07|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4回沖縄国際映画祭 「長編プログラム」「JIMOT CM COMPETITION」エントリー開始

ポスター
 2012年3月24日~31日まで開催します“Laugh&Peace”がコンセプトの第4回沖縄国際映画祭の「長編プログラム」「JIMOT CM COMPETITION」のエントリーを11月4日より開始しました。

 「長編プログラム」は本映画祭のコンセプトである"Laugh & Peace"の趣旨に沿った「笑える、もしくは観終わった後に幸せな気分になれる」という作品を公募し、Laugh 部門、Peace 部門それぞれから観客大賞(賞金2,500,000 円)を各1 作品・両部門を併せた全出品作品から審査員特別賞を選出します。
 「JIMOT CM COMPETITON」は、その地域に住んでいるからこそ知っている地元の魅力を伝えるアイデアを一般公募し、その中から選考したアイディアをもとに沖縄国際映画祭のスタッフとともにCMを作成します。
 “地元愛”があれば誰でも参加できる部門でグランプリには賞金47万円と地上波テレビでの放送が授与されます。

前回の第3回沖縄国際映画祭(期間:2011年3月18日~27日・31万人動員)では、開催直前におこった東日本大震災の被災地への思いを込め、「Yell,Laugh&Peace」をコンセプトに沖縄から「笑顔」を通じた「心のつながり」を被災地、全国へ届けることができました。第4回目では、前回にまして「笑顔」を通じた「心のつながり」を、沖縄全土から日本全国へと、さらには国境を越え、アジア、世界へと、幅広く伝搬させていく様々な展開を企画しております。

 つきましては、「長編プログラム」と「JIMOT CM COMPETITION」の2部門のエントリー開始のご案内をさせていただきます。

第4 回沖縄国際映画祭
「長編プログラム」 / 「JIMOT CM COMPETITION」 エントリー詳細

●長編プログラム

応募条件 ①2011年1月1日以降に完成した作品で、35mm、または上映用ビデオの長編映画作品であること。
     ②上映時間60分以上であること。
     ③本映画祭での上映時に、出品者の負担で英語字幕版を用意できること。英語字幕版製作に使用したダイアログ・リストを提出できること。
     ④本映画祭終了日以前に日本国内で商業公開(劇場/テレビ放映/インターネット配信)されていないこと。
     ⑤本映画祭の趣旨に沿った作品であること。
応募締切 2012年1月20日(金)
●JIMOT CM COMPETITON
応募条件 “地元”の魅力をあなたの「地元愛」をアイディアシートでご提出ください。
応募締切 2011年12月16日(金)
詳細は沖縄国際映画祭 ホームページをご参照ください。http://www.oimf.jp



 もう4回目なんですね!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/16(水) 23:36:53|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「アントキノイノチ」1110ラブレターツリー設置セレモニー

◇◇◆◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◇◆◇◇◆◇◇


今、最も熱いスポット、有楽町マリオンに“ラブレターツリー”が登場!
岡田&榮倉が登壇!ラブレターツリー設置セレモニー

『アントキノイノチ』
http://antoki.jp

11月19日(土)全国ロードショー

◇◇◆◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◇◆◇◇◆◇◇

映画『アントキノイノチ』は、心に傷をもった杏平とゆきが出会い、“遺品整理業”という職業を通して成長し、心を通わせていく物語です。

原作は幅広い客層に感動をもたらした『アントキノイノチ』(さだまさし著、幻冬舎文庫)。主演は、2010年『告白』『悪人』などに出演し、躍進目覚ましい岡田将生と、『余命1ヶ月の花嫁』での演技が高く評価された榮倉奈々、監督は第61回ベルリン国際映画祭で2冠を遂げた瀬々敬久監督。先日の第35回モントリオール世界映画祭でも革新的で質の高い作品に贈られる“イノベーションアワード”を受賞した話題作です。

そしてこの度、いよいよ公開を9日後に控えた中、本作の杏平とゆきとの恋模様になぞらえ、阪急MEN'S TOKYOや、LUMINE有楽町店の相次ぐオープンで、今、最も熱いスポットとなった有楽町マリオンで、主演2人による
ラブレターツリー設置セレモニーを行いました。

□===================================================================□

■『アントキノイノチ』ラブレターツリー設置セレモニー

【登壇者】岡田将生(22)、榮倉奈々(23)

【場所】有楽町マリオン9F 丸の内ピカデリー劇場前ロビー 

【日時】11月10日(木)16:30~

【MC】加藤シルビア

【来場者数】マスコミ:80名 / 一般のお客様:100名

□===================================================================□

<セレモニーイベント>

●MC:
「アントキノイノチ」の公開日がいよいよ来週に迫ってきました。
今のお気持ちはいかがですか?

●岡田将生さん:
やっと、公開されるなという感じです。
公開されるまでがすごく長かったので、早く公開してほしいと思っています。

●榮倉奈々さん:
私もまだ公開してなかったんだという感じがしていました。
でも、今日もこうして皆さんに集まっていただいて、たくさんの人に映画を楽しみにしてもらっているというのはとても嬉しいです。

●MC:
岡田さんにお伺いします。実際演じられてみて、杏平にとって、ゆきはどのような存在だったと思われますか。

●岡田将生さん:
本当に杏平とゆきちゃんが出会ったのは必然的であり、運命であると思いますね。一緒に支えあっていけるような存在だったと思います。

●MC:
榮倉さんにお伺いします。ゆきにとって杏平はどのような存在だったと思われますか。

●榮倉奈々さん:
生き残ってしまったことに罪悪感を持っている2人なのですが、世間と繋がるということに壁を感じていた2人が出会って、また誰かを愛したい、誰かと繋がりたいと思えたのは、本当に運命なんだと思います。

●MC:
さて、お2人の後ろに大きなツリーが置いてありますが、このツリーは「ラブレターツリー」と題しまして、一般の方からの応募しました「『運命の出逢いだ』と思える大切な人へのラブレター」がオーナメントとして飾られています。
いくつかご紹介します。

<20代・女性・会社員>
「あなたと巡り合ったのも運命。そして恋に落ちたのも運命。
生きることの難しさ、生きることの喜びをあなたは教えてくれました。
やっぱりあなたは私の運命の人です。」

<5才・男の子>
「おととい、まなみちゃんとけっこんするってきめたよ。
おばあちゃんにいったら『ダメ』っていわれちゃった。」

<40代・女性・中学校教師>
「4ヵ月後に卒業する君たちへ。
この1年は1人では生きていけないことを実感している。
くったくのない笑顔、何事にも一生懸命取り組む姿。
毎日一緒にいるだけで元気になります。
4月に出会ったばかりだけど、長いこと一緒にいるみたいです。
いつも元気をくれてありがとう。」

●MC:
そして、今日はお2人に一般応募の中から気に入ったものを選んでいただきました。岡田さん、榮倉さん、ご紹介いただけますか?

●岡田将生さん:
手紙:「一緒にいるととても居心地がいいです。これからも一緒に笑って、泣いて、ご飯食べて、頑張って、ずっと一緒にいようね。」

すごく普遍的で、こういう当たり前のことがとても大切だと思うんです。
居心地のいい人と一緒にいれたらいいなって思いました。

●榮倉奈々さん:
手紙:「あなたが生まれて言葉に出来ない気持ちになりました。
私の子供に生まれてくれてありがとう。
運命の人です。」

この『アントキノイノチ』は、ゆきちゃんと杏平が出会って、愛することの大切さに気づくんですが、その2人の繋がりだけではなく、杏平のお母さんや友人など、そういった繋がりも描かれています。
それで、この手紙は自分の子供へ宛てた手紙なので、本当に、まさに「運命の人だな」と思って選びました。

●MC:
岡田さん、榮倉さんはラブレターを書いたり、貰ったりしたことはありますか?

●岡田将生さん:
ラブレターというかファンレターはいただきますね。
時間のあるときに見させていただいてるのですが、すごく元気づけられてます。

●榮倉奈々さん:
私もファンの方にいただいた手紙とかを移動中に読んでいます。
いつも勇気付けられますし、感謝しています。

●MC:
そして、今日はなんと一足早いクリスマスということで、岡田さんがサプライズで榮倉さんにプレゼントを用意しているとお聞きしました。

(ここで岡田さんから榮倉さんにサプライズで、劇中のシーンにも登場する観覧車の模型が入ったスノードームがプレゼントされました。この観覧車というのは、杏平とゆき2人のラブストーリーの象徴でもあるという事もあり、岡田さんがこのプレゼントを選んだそうです。)

_MG_5777.jpg

●岡田将生さん:
今年の2月から一緒にやらせてもらっていますが、榮倉さんにはすごく助けられました。
公開まであと1週間ですが、一緒にやれてよかったです。
また他の作品も一緒にやりたいですし、こうしてこの作品を一緒に盛り上げることができて嬉しかったです。

●MC:
榮倉さん、サプライズのプレゼントでしたが、いかがですか。

●榮倉奈々さん:
ありがとうございます。とても嬉しいです。
映画の撮影も本当に大変だったと思うんです。
でも、こうして映画の宣伝もたくさんさせてもらって、さらに想いも強くなり、全ての想いを100%皆さんに届けようと思って、頑張ってきたのでとても嬉しいです。
ありがとうございました。
(榮倉さんは少し目を潤ませながらお話になりました。)
□===================================================================□

■ラブレターツリーについて

【設置期間】11月11日(金)~12月25日(日)

【設置場所】丸の内ピカデリー3 ロビー
(『アントキノイノチ』上映劇場)

白紙のラブレターカードが一緒に置かれておりますので、是非大切な人と『アントキノイノチ』をご覧いただき、その想いをラブレターカードに書き込んでいただくというもの。

また、岡田さん&榮倉さんお2人が『皆さんが運命の人に出会えますように』と手書きで書かれたものが、このラブレターツリーを完成させる最後のオーナメントとなります。

_MG_5799.jpg

□===================================================================□

【「アントキノイノチ」作品概要】

2009年に発売され、幅広い年齢層の感動を呼んだ、さだまさし原作『アントキノイノチ』(幻冬舎文庫)の映画化。本作は、過去のある事件から心を閉ざしてしまった男女が出逢い、遺品整理業という仕事を通してともに過ごす中で、心を通わせ、生きる希望を見出だしていく愛の物語です。

監督は、昨年公開された『ヘヴンズ ストーリー』で、第61回ベルリン国際映画祭・国際批評家連盟賞と最優秀アジア映画賞の2冠を獲得した瀬々敬久。主演は、若手実力派俳優、岡田将生と榮倉奈々。
今、最も注目を集める2人が本作で初共演を果たし、複雑な過去をもつ難しい役どころに挑戦致しました。

【ストーリー】

高校時代のある事件がきっかけで、心を閉ざしてしまった永島杏平。
父の紹介で遺品整理業の現場で働き始めた杏平は、久保田ゆきと出会う。
命が失われた場所で共に過ごす中で、次第に心を通わせていく2人。
そんなある日、ゆきは衝撃的な過去を杏平に告げる。
そして、杏平の前から姿を消してしまう――。

※遺品整理業=故人の残した品(遺品)を遺族に代わって片づけをする、いわば「天国の引越し屋さん」。故人の残したものを、大切なものと不要なものに分類し、大切なものは形見分けや合同供養を行う。

□===================================================================□

【作品情報】

映画「アントキノイノチ」

出演:岡田将生 榮倉奈々 原田泰造 松坂桃李
染谷将太 檀れい 鶴見辰吾 柄本明 堀部圭亮 吹越満 津田寛治 宮崎美子

監督:瀬々敬久(「感染列島」、「ヘヴンズ ストーリー」)
原作:さだまさし『アントキノイノチ』(幻冬舎文庫)
脚本:田中幸子(「雷桜」)、瀬々敬久
製作:「アントキノイノチ」製作委員会
配給:松竹

主題歌:「恋文~ラブレター~」GReeeeN(NAYUTAYAWAVE RECORDS)

(C)2011「アントキノイノチ」製作委員会

2011年11月19日(土)全国ロードショー

公式サイト
http://antoki.jp

公式Twitter
http://twitter.com/antoki_movie

公式Facebook
http://www.facebook.com/antoki.fan

□===================================================================□



 いよいよ今週末公開となります!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/15(火) 19:44:36|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『50/50 フィフティ・フィフティ』 脚本家ウィル・レイサー&SOPHIA都啓一 ガンから復活を果たした2人による来日記念トークショー

main_20111114223347.jpg
(c)2011 IWC Productions,LLC

27歳、生存率50%のガンを克服して初めて判った人生の幸せ
全米大絶賛の難病エンタテインメント!


『50/50 フィフティ・フィフティ』

脚本家ウィル・レイサー&SOPHIA都啓一
若くして、突然のガン宣告! あなたならどうする!?
日米の体験者に来日記念トークショー

27歳という若さで、生存率50%のまさかの余命宣告!!
酒もたばこもやらない“普通”の青年アダムに突然告げられた病気は“ガン”だった―。
過酷な宣告を受けながら、見事ガンから復活した脚本家ウィル・レイサーの実体験を基に、彼の親友である人気俳優セス・ローゲンたちがハリウッドで映画化。
ガン患者自身の葛藤や周囲の人たちとの複雑な関わり合いや友情を、ユーモアを交えて心温まるエンタテインメント作品として書き上げた話題作『50/50 フィフティ・フィフティ』の12月1日の公開を前に、映画のモデルとして自身の実体験を基に脚本を執筆したウィル・レイサーがアメリカから来日。
スペシャルゲストとして2010年3月に「ろ胞性悪性リンパ腫」というガンに侵されたことを公表、同年にガンから復活し今年、闘病の様子を綴った「ガンでもくじけない―誰かのために生きること―」(講談社)を発売し、話題騒然となったロックバンドSOPHIAのキーボード奏者 都啓一を迎え、ともに若くしてガンから復帰したウィル・レイサーと都啓一による日米の体験者によるトークショーを行いました。





脚本家ウィル・レイサー×都啓一(SOPHIA)トークショー
『50/50 フィフティ・フィフティ』公開記念イベント
◆ウィル・レイサーの談話
僕は25歳の時に脊髄のガンになり、親友のセス・ローゲンがいつも一緒にいてくれたんですが、いろいろと話をするうちに「ガンを題材にした映画は、暗かったり死んだりする物が多いから、コメディタッチのガン映画を作ったら楽しいんじゃないか」という話になり、辛い体験ではあったんですが、ガンが治って約1年後に脚本を書くことになりました。
この作品は実話を元にしていますが、フィクションです。
しかし僕の実体験はところどころに入っていて、1つはカイルがアダムの傷に薬を塗ってくれるところは、本当に僕の傷にセス・ローゲンが軟膏を塗ってくれたところでした。
でも、彼はすごく嫌がっていて「吐きそう。トラウマになると」と言っていました(笑)
病気を宣告された時、自分の気持ちを周りにうまく伝えられなかったから、すごく気を使わせていたなと思います。
今、「50/50 フィフティ・フィフティ」を見返してみると、きちんと伝えていれば、周りの人はもっと楽で、僕ももっと普通でいられたんじゃないかと思います。
一番大事なのは患者のそばにいることと、時には笑うことがだと思います。


◆ 都啓一の談話
 「50/50 フィフティ・フィフティ」を観て、自分のガンの体験を思い返すことになり、本当にリアルだと思いました。
僕は、ガン告知を病院の先生にされた時「すぐ治りますか」と聞いてしまって、まさか自分がガンになるなんて思っていなかったので、気持ちが先に先にと行っていたんです。
治療をしている時はしんどくて、半年ぐらいなんだかわからなかった。だから、周りは大変だったと思います。
半年後に沈静していますと言われ、その時に初めてかみさん(久宝留理子)が泣いているのを見て気づきました。
SOPHIAのボーカルの松岡くんも親身になってくれて、友情を感じましたね。
病気は、誰もが自分がなるはずはないと思っていると思います。
しかし誰がなってもおかしくない病気だと、自分がなってみて思いました。
周りの人を不幸にしないためにも、早く発見して、早く治すことは一番大事です。




映画情報
『50/50 フィフティ・フィフティ』
12月1日(木)TOHOシネマズ 渋谷、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

●ストーリー●   
いきなり余命わずか決定!? なんで僕が??

酒もたばこもやらない“普通”の青年アダムに突然告げられた病気は“ガン”だった。
27歳という若さで、5年生存率50%のまさかの余命宣告。その日から、アダムの生活環境は一変。よそよそしい会社の同僚たち、看病の重圧に負けそうな恋人、同居を迫る世話焼きの母親…。病気のアダムに気遣って誰も今までどおりに接してくれない、ただ一人女好きの親友カイルをのぞいては。
カイルと一緒に病気を“ネタ”にナンパしたり、新米セラピスト、キャサリンとの手探りセラピーを通して、“ガン”の日々を笑い飛ばそうとするアダム。しかし刻一刻と進行する病魔に、やがてアダムは平穏を装うことができなくなる・・・。
ガンを克服した脚本家の実体験を完全映画化!病(ガン)という“非日常”の中で巻き起こる人間模様を、ユーモラスかつエモーショナルに描いた難病エンタテインメント!

■出演:
ジョセフ・ゴードン=レヴィット (『インセプション』 『(500)日のサマー』)、セス・ローゲン (『グリーン・ホーネット』 『40歳の童貞男』)
アナ・ケンドリック (『マイレージ、マイライフ』 、ブライス・ダラス・ハワード (『ターミネーター4』)、アンジェリカ・ヒューストン (『ダージリン急行』)
■監督:ジョナサン・レヴィン   ■脚本:ウィル・レイサー

配給/アスミック・エース



 セス・ローゲンって面白い役者ですね。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/14(月) 22:48:43|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ドットハック セカイの向こうに」前売鑑賞券の発売決定と主題歌、新スクリーンショット解禁

スクリーンショット

最先端の3DCGとみずみずしいドラマが結合した青春SFエンタテインメント!
「ドットハック セカイの向こうに」前売鑑賞券が11月12日(土)より発売決定!
最新スクリーンショット解禁!主題歌決定!

 2012年1月21日(土)よりテアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国で公開となる『ドットハック セカイの向こうに』の特製A4サイズクリアファイル付前売鑑賞券が、11月12日(土)から公開劇場窓口限定で発売されることが決定いたしました!
 オンラインゲーム『THE WORLD(ザ・ワールド)』を通じて知る、気づかなかった恋心と気づけなかった自分自身。意を決して新たな〈セカイ〉に飛び込むことで、思春期の中学生の女の子・有城そらが、危機が迫るこの〈世界〉を救うことにもなる――。メディアミックスで熱い支持を受けてきた『.hack(ドットハック)』シリーズの最新作。劇場用3DCGアニメーションとなった今回は、最先端のフル3DCGで現実の世界とゲームの世界が作り出され、少女の成長と冒険が描き出されています。声優陣に、桜庭ななみ、松坂桃李、田中圭という若手注目株を起用し、映像にリアルな手触りを与えています。
 本作で目を見張るのが、3DCGで生み出された映像美と、最高技術ならではの映像体験。日常を扱うリアルパートはアニメーションのタッチで仕上げ、『THE WORLD』を扱うゲームパートはCGのタッチで画面の深度を高めてと、それぞれ違う手法と表現で二つの世界を描き分けています。最新のスクリーンショットが解禁となったので映像美を是非チェックしてください!!
 また、主題歌をシンガーソングライターKOKIA(コキア)が本作のために書き下ろした新曲「光をあつめて」に決定いたしました。世界を包むぬくもり系ボイスと呼ばれるKOKIAの歌声が、さらに作品を盛り上げます!


『ドットハック セカイの向こうに』前売鑑賞券
◆価格:¥1,600(3D鑑賞料金込/税込)
◆発売時期:2011年11月12日(土)
◆前売特典:「ドットハック セカイの向こうに」特製A4サイズクリアファイル
※一部劇場では取り扱っておりません。
※一部劇場では、3D窓口料金との差額の追加が必要な場合がございます。

【STORY】僕たちは、思ってる以上につながってるのかもしれない
少しだけ先の未来。福岡・柳川に暮らす中学生の有城そらは、幼なじみの岡野智彦やその友人の田中翔が全世界規模のオンラインゲーム『THE WORLD(ザ・ワールド)』に夢中になっているなか、取り残されたような気分で毎日を過ごしていた。ある日、ゲーム嫌いの頑固者で、そらがゲームから遠ざかる原因を作った祖父まで『THE WORLD』にはまっていることを知り、ついにそらも『THE WORLD』を試すことに。ゲームを通じて距離感を縮めていく中で、そらは田中と思しきアバターからゲーム世界で告白される…!その頃『THE WORLD』にも現実にも、異変が起こり始め……。
監督:松山洋 脚本:伊藤和典 キャラクター原案:貞本義行 主題歌:「光をあつめて」KOKIA(フライングドッグ) 企画・製作:.hack Conglomerate アニメーション制作:サイバーコネクトツー sai(C).hack Conglomerate

1月21日よりテアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国3D公開
配給:アスミック・エース



 あぁ,脚本が伊藤和典さんですね。期待できますね!

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/13(日) 11:43:46|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『長ぐつをはいたネコ』週末興行成績2週連続全米No.(ニャンバー)1!

Puss In Boots

わずか3%のダウン、ネコが2週目も全米を席捲!
“ノン・ホリディ公開映画”史上新記録樹立で
週末興行成績2週連続全米No.(ニャンバー)1!!

 パラマウント ジャパン配給2012年3月17日(土)より新宿ピカデリー他全国公開が決定した、ドリームワークス アニメーション最新作『長ぐつをはいたネコ』。本作品が、全米公開2週目も興行成績僅か3%ダウンの新記録となる3,300万ドル(24億7,500万ドル)を記録し、2週連続No.1を果たしました。
 この数字は、全てのノン・ホリディ公開映画の中で、2週目の興行成績のダウン率が3%と歴代最小の成績となっております。同週に公開された、本命と言われたベン・スティラーとエディ・マーフィー共演の『タワー・ハイスト』(原題)を上回り、全米では、10月28日に公開されてハロウィンウィーク歴代オープニング新記録を樹立したのに引き続き、2つ目の新記録樹立となる『長ぐつをはいたネコ』旋風が巻き起こっています。

★2つ目の新記録

■ノン・ホリディ映画史上興行成績最小ダウン率
ツイスター』(1996)10%ダウン
『長ぐつをはいたネコ』 (2011) 僅か3%ダウン 新記録樹立!

■ハロウィン<歴代>オープニング記録
SAWIII』 (2006) 3,360万ドル
『長ぐつをはいたネコ』 (2011) 3,400万ドル 新記録樹立!



 世界興行収入がギネス記録となり、昨年シリーズの完結を迎えた『シュレック』シリーズで一番人気のキャラクター、"長ぐつをはいたネコ"の映画が遂に誕生!本3Dアニメーションは、捨て猫だった<長ぐつをはいたネコ>ことプスの家族の絆と友情を描いた、感動と興奮の冒険ファンタジー。プスは幼馴染みのハンプティ・ダンプティとフワフワの肉球が武器のメスネコキティと共に、ネコ史上最大のアドベンチャーへと旅立ちます。これまで語られなかった生い立ちや、お尋ね者になった過去、そして長ぐつに秘められたエピソードまで、謎がいっぱいだったキャラクターの全てが明かされます!
 ネコのプスを『シュレック』シリーズに引き続き、英語版の声優はアントニオ・バンデラスが務め、キティ役にはバンデラスとは4度目となる競演を果たしたサルマ・ハエックが、ハンプティ・ダンプティ役には、『ハング・オーバー』シリーズのザック・ガリフィアナキスと個性派俳優が顔を揃えています。そして、日本語吹替版声優には、『シュレック』同様に、実力個性派俳優の竹中直人さんが引き続き務めています。

監督:クリス・ミラー『シュレック3
声の出演:アントニオ・バンデラス、サルマ・ハエック、ザック・ガリフィアナキス、ビリー・ボブ・ソーントン

2012年3月17日(土)新宿ピカデリー他
全国3D・2D同時公開



「Puss in Boots(原題)」
◇2011年10月28日 全米公開 ◇ドリームワークス アニメーション
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン



 ベン・スティラーエディ・マーフィーより猫が人気とは!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/12(土) 11:43:47|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『サラの鍵』 初日決定

映画『サラの鍵』公開決定&監督来日決定のお知らせ

この度、ギャガ配給により、原作がニューヨークタイムスで130週間ベストセラーランキング入りした衝撃の話題作の映画化『サラの鍵』が、12月17日に公開することに決定いたしました。本国フランスで大ヒットを記録し、北米でもロングランヒットとなっている本作。日本では昨年の東京国際映画祭で最優秀監督賞、観客賞W受賞という快挙から1年、待望の公開となります。





1942年、ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害事件。それから60年後、ジャーナリストのジュリアは、アウシュビッツに送られた家族について取材するうちに、収容所から逃亡した少女サラについての秘密を知る。サラが自分の弟を守ろうと、納戸に鍵をかけて弟を隠したこと。そして、そのアパートは現在のジュリアのアパートだったこと。時を越え、明らかになった悲しい真実が、ジュリアの運命を変えていくことになる―――。

原作は、ノーベル平和賞を受賞した中国人作家・劉暁波 ( リュウギョウハ ) 氏も獄中で読んだ本として話題となった、全世界300万部突破のベストセラー小説。自らもドイツ系ユダヤ人の祖父が収容所で亡くなったという若手新鋭監督ジル・パケ=ブレネール。綿密なリサーチに基づいた緊迫の映像でユダヤ人迫害の真実に迫りながらも、今を生きる私たちの物語として描き切り、誰も観たことのない唯一無二の作品を作り上げた。

監督:ジル・パケ=プレネール 出演:クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、エイダン・クイン
原作:タチアナ・ド・ロネ「サラの鍵」(新潮クレスト・ブックス刊) 原題:Sara’s Key/2010年/フランス映画/カラー/シネスコ
ドルビーデジタル、ドルビーSR/111分/後援:フランス大使館 協力:ユニフランス・フィルムズ/東京日仏学院
配給:ギャガ ©2010 - Hugo Productions - Studio 37 -TF1 Droits Audiovisuel - France2 Cinema


12月17日 銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー
http://127movie.gaga.ne.jp/



 ようやく公開となります。楽しみです。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/11(金) 23:39:00|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』 ワールドプレミアのレッドカーペットキーパー募集!

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」サブ画像
photography by: David James
© 2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.


『ミッション:インポッシブル』×「an」コラボレーション企画
“ドバイ”“バイト”体験!

ワールドプレミアのレッドカーペットキーパー募集!

 映画史上最高のスパイ、トム・クルーズ=イーサン・ハントがついにスクリーンに帰ってくる!
 全世界で累計14億ドル(1120億円)以上の興行収入をあげメガヒットを続ける"『M:i』シリーズ"。
 待望の最新作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』が12月16日(金)日本公開されます。
 本作の日本公開を記念して、求人情報サービス「an」とのコラボレーション企画を実施することが決定しました。
 概要は、映画の舞台でもあるドバイで行われるワールドプレミア会場にて、監督や出演者などが通るレッドカーペットを清掃する「レッドカーペットキーパー」1名を募集するというもの。もうひとつは、"ミッション"に因み、"「an」(あん、アン)がつくものの写真を撮ってメールせよ"という「an」からのミッションに参加してもらうというものです。前者は、交通費宿泊費込みのプレミアバイト体験を1名。後者は応募者の中から5名に、主演のトム・クルーズにちなんだ10,600(トム)円をプレゼントという企画となっています。全国からのたくさんの応募が期待されます。

【 キャンペーン概要 】

タイトル映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』×「an」 コラボレーション企画
概要【ドバイコース】 ドバイのワールドプレミア会場にてレッドカーペットキーパー1名を募集
【「an」コース】 anからのミッション“日本中の「an」(あん、アン)の写メを送れ!”をクリアした写真を携帯でメール
特設サイトPC版<http://weban.jp/contents/c/mi/index.html>
モバイル版<http://select-baito.weban.jp/contents/c/mi/index.html>
応募期間【ドバイコース】2011年10月31日(月)2011年11月15日(火)
【「an」コース】 2011年10月31日(月)2012年1月29日(日)

2011年最大の話題作、全世界が待ち望むスパイ・アクション超大作は、12/16(金)日本公開!

バッド・ロボット/パラマウント ピクチャーズ www.mi-gp.jp
製作:J.J.エイブラムス&ブライアン・バーク 製作・主演:トム・クルーズ  
監督:ブラッド・バード
共演:ジェレミー・レナー、ポーラ・パットン、サイモン・ペッグ、ジョシュ・ホロウェイ、ヴィング・レイムス、レア・セドゥー

12月16日(金) TOHOシネマズ 日劇他 全国超拡大ロードショー

パラマウント ピクチャーズ ジャパン 



 ドバイコースは締切りが迫っています!

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/10(木) 23:00:00|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラッド・ピット来日!!『マネーボール』ジャパンプレミア レッドカーペット・舞台挨拶

レッドカペット写真

-----------------------------------------------------------------------------------------------

ブラッド・ピット来日!!
東北の野球少年たちへ"希望のボール"をプレゼント
~映画『マネーボール』ジャパンプレミア レッドカーペット・舞台挨拶~

-----------------------------------------------------------------------------------------------

本日、アカデミー賞の呼び声が高いブラッド・ピット主演の感動の実話『マネーボール』(11月11日(金)公開)のジャパンプレミアが開催されました。

ブラッド・ピットが、アンジェリーナ・ジョリーを連れてレッドカーペットに登場すると、一斉に歓声が沸き起こり、二人はたっぷりとファンサービスに応えました。また舞台挨拶では、東日本大震災の被災地の野球少年たちも登壇し、「被災地の野球少年にボールを届けよう!」プロジェクトにて全国から集められた「希望のボール」を、舞台上でブラッド・ピットから少年たちへ贈る贈呈式を行いました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
映画『マネーボール』ジャパンプレミア レッドカーペット・舞台挨拶
-----------------------------------------------------------------------------------------------
日 :11月9日(水)
会場:東京国際フォーラム ホールA(東京都千代田区)

スチール:100名
ムービー:30台
観客数 :<レッドカーペット>600名 <ホール>4200名

《レッドカーペット》
ブラッド・ピット、赤のベルサーチのドレスを着たアンジェリーナ・ジョリーを連れてレッドカーペットに登場!歓声が沸き起こる中、写真、サインとたっぷりファンサービスに笑顔で応えました。

《舞台挨拶》
4200名の観客が待ち受ける中、ブラッド・ピット(以下BP)が登場。大きな拍手が贈られました。

BP:
日本に来れてすごく嬉しいです。4年かかってつくった作品です。
たぶん気に入ってくれると思う。もし気に入らなかったら、そのときは言わないでくださいね。(会場笑)

●実際の人物を演じるにあたって難しかった点は?

BP:
実在の人物を演じるのは、正直難しいと思っていましたが、ビリーとは4年間付き合ううちに気が合って、笑い話をしたりするうちに自然と演じることができました。彼のストーリーを公平に伝えられていると思います。

●今日は、パートナーのアンジェリーナ・ジョリーさんも一緒にレッドカーペットを歩かれていらっしゃいましたが、もし、ブラッド・ピットさんが、ご家族で野球チームを作るとしたら、ご自分はどのポジションになると思いますか?

BP:
実は野球チームには1人足りませんが、僕がなるとしたらショートですね。みんなに絡めるポジションだから。
アンジェリーナのポジションは、僕が決めることではなく彼女が決めることなので。


●この映画はアカデミー賞において、最優秀主演男優賞を含む複数部門での受賞が間違いないという評判ですが、ブラッド・ピットさんは今回、プロデューサーとしても4年もかけて製作にも関わってこられ、並々ならぬ思いがあると思います。アカデミー賞に向けての手応えは如何ですか?

BP:
そういった賞の噂があることは嬉しいことではあるんですが、映画をつくるにあたっては、とにかく良い作品にしよう、今の時代に合ったメッセージのある映画をつくろうということに集中していて、賞のことはあまり考えていないんです。


<野球ボールがステージへ>

●ご存知の通り今年3月の東日本大震災によって東北地方の多くの野球チームが道具を失ってしまいました。
映画『マネーボール』は、野球を通じた家族の愛、仲間を大事にする気持ち、逆境での絆などを描いていますので、今回、大きな被害を被った野球少年達を助け、応援するプロジェクトを行ってきました。
いま出てきましたボックスに入っている沢山の野球ボールは日本全国の皆さんから集められたボールの一部です。
心あるボールの数、その数なんと(4159)個です!!

実は今日、その東北地方の野球少年たちにこの会場へ来てもらっているのですが、ブラッド・ピットさんからも被災地で頑張っている野球少年達にサイン入りボールをプレゼントしていただけないでしょうか?

BP:もちろんです!

●ありがとうございます!
それでは、リトルシニア東北連盟 宮城県支部の野球少年の皆さんに登場して頂きましょう!
リトルシニア東北連盟 宮城県支部から気仙沼チーム、石巻チーム、石巻中央チーム、東松島チーム、七ヶ浜チームの皆さんです。

気仙沼  高橋 尚己(たかはし なおき)くん
気仙沼  岩石 秀喜(いわいし ひでき)くん
石巻   今野 範生(こんの のりお)くん
石巻   西條 栄佑(さいじょう えいすけ)くん
石巻中央 佐々木 啓太(ささき けいた)くん
石巻中央 佐々木 侑太(ささき ゆうた)くん
東松島  渥美 登武(あつみ とむ)くん
東松島  井上 道夫(いのうえ みちお)くん
七ヶ浜  相澤 一寿(あいざわ かずとし)くん
七ヶ浜  鈴木  巧(すずき たくみ)くん


●皆さん、遠くからようこそお越しいただきました!
ブラッド・ピットさんと会場の皆さんに元気よく挨拶をお願いします!
<リトルシニア挨拶>

<BPボールを一人ずつプレゼント>

七ヶ浜 鈴木巧くん:とても嬉しいです!一生の思い出です!!これからも練習がんばります!


●ブラッド・ピットさんが少年達のためにサインをしてくれていますがここでプロジェクトに参加していただいた方々をご紹介したいと思います。この、日本全国から被災地の野球チームにボールを贈り届けようというプロジェクトは、ニッポン放送、MBSラジオ、東海ラジオ、東北放送の主催のもと、東北楽天ゴールデンイーグルスを始めとする多くのプロ野球チームとその選手の皆さん、また、古田敦也さんなど数多くの野球解説者の皆さん、女優の小泉今日子さん、アーティストの泉谷しげるさん、など多くの著名人の方々からご協力頂きました。
全国の皆さんからお預かりしたボールは全て、後日、リトルシニア東北連盟を通じて、被災地で頑張っている野球チームへ贈り届けさせていただきます。
ご協力いただきました皆さん、どうもありがとうございました!

それでは、ブラッド・ピットさんから、被災地を始めとする全国の野球少年たちへメッセージをお願い致します。

BP:
震災のときはニュースで見て、本当に驚きました。世界中旅をしていても日本のことは常に気にしていました。
被災した方の頑張り、粘り強さは、私たちにも影響を与えています。心からの敬意を表します。
アスリートたちや映画に関わる我々が、みなさんへ癒しの場を提供できればと思います。

<最後にリトルシニアの皆さんと一緒にフォトセッションを行いました。>

『マネーボール』は11月11日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。
http://www.Moneyball.jp

------------------------------------------------------------------------------------------------
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
------------------------------------------------------------------------------------------------



 いよいよ金曜日に公開となります。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/09(水) 23:51:34|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『アーサー・クリスマスの大冒険』“アーリークリスマスキャンペーン”@Livlis

spe_AC_livlis_cp_20111101.jpg

------------------------------------------------------------------------------

今年は1ヶ月早いクリスマスがやってくる!?
アーリークリスマスキャンペーン

『アーサー・クリスマスの大冒険』
11月23日(水・祝)、丸の内ルーブルほか全国ロードショー!!

http://www.livlis.com/campaign/201110/

------------------------------------------------------------------------------

「どこかの誰かが欲しいものは、どこかの誰かがあげたいものかもしれない」
~クリスマスに「欲しいもの」と、クリスマスに「あげてもいいもの」2つの「想い」を繋げるキャンペーンをスタート~

2011年11月23日(水・祝)公開の映画『アーサー・クリスマスの大冒険』。ウエンツ瑛士さんが主人公アーサーの日本語吹替を担当することでも話題の本作ですが、その公開に先がけて、Twitter(ツイッター)のユーザーが、普段よりも1ヶ月早くクリスマス気分を味わえる「アーリークリスマスキャンペーン」を、2011年11月1日より開始しました!

このキャンペーンは、昨今注目されているソーシャル・クラシファイドサービス「Livlis(リブリス)」(*1)を活用した、国内初(*2)のプロモーションとなります。自分の「欲しいもの」や「あげたいもの」を登録しておくことで、お互いの希望にあった商品を無料で取引できる「Livlis(リブリス)」を、2011年11月1日より、アーサー・クリスマスの大冒険が「クリスマス仕様」にジャック。そして、今年のクリスマスに「欲しいもの」と、クリスマスに他の人に「あげてもいいもの」を募集する「場」を提供し、少しだけ早いクリスマス(アーリー・クリスマス)を楽しんでもらうという史上初(*2)の試みです。映画『アーリー・クリスマスの大冒険』も映画に関係する商品(*3)をクリスマスプレゼントとして提供し、この「アーリークリスマス」に参加します!

このキャンペーンでは、高額な商品やプレゼントを消費者の皆さまに提供するのではなく、「どこかの誰かが欲しいものは、どこかの誰かがあげたいものかもしれない」というコンセプト(*4)に基づき、「ほしい」ものと「あげたい」ものを、ネット上で結びつける「Livlis(リブリス)」というサービスで、「Twitter(ツイッター)」を通じた情報交換・拡散(*5)させてゆくというソーシャルキャンペーンとなっております。

※1 Livlis(リブリス)は株式会社kamadoが運営するソーシャル・クラシファイド サービスの名称です。
※2 Livlisと映画配給会社との取り組みとして「国内初」「史上初」という表現を使用しております。
※3 プレゼント内容および提供方法は事前開示を行わず、キャンペーンを通じて告知しますので予めご了承ください。
※4 当キャンペーンのコンセプトでありLivlis(リブリス)および株式会社kamadoの定めるコンセプトではありません。
※5 自動的(スパム的)に拡散するという意味ではなく、企業ではなく消費者が話題を拡散するという定義です。

▼アーリークリスマスキャンペーン概要
実施予定期間 : 2011年11月1日(火)12時00分~11月30日(水)17時59分予定
キャンペーンURL : http://www.livlis.com/campaign/201110/
参加条件 : Twitter(ツイッター)のアカウントおよびログインが必要です。
プレゼント内容 : アーサー・クリスマスの大冒険が提供するプレゼント内容はキャンペーン開始後にページ内で告知します。
当選連絡方法 : Livlis(リブリス)の提供する「取引ナビ」というサービスを通じて行い、個人情報の取得はキャンペーン内で致しません。

キャンペーン参加フロー
: ①アーリークリスマスキャンペーンのサイトへアクセス。
: ②ご自身がお持ちの使っていない(=あげてもよい)物品を「あげるリスト」に登録。
: ③登録された物品を気に入った人が「欲しい」と立候補。
: ④欲しい人の中から「誰に」あげるかを物品の出品者が選択。
: ⑤出品者は「あげる人」を決定し、Livlis(リブリス)の中で「取引ナビ」を通じて連絡。
: ⑥取引ナビにて「あげる人」と「もらう人」が物品の受け渡し方法を協議して物品の提供を行う。


▼Livlis(リブリス)
オンラインのソーシャル・クラシファイド サービスで、Twitter上でも出品されている商品の情報を取得することができる。読んだ書籍や思い出の品など、モノを中心に人間関係を広げることができる新しいソーシャル・ネットワーキング サービスで、2010年12月開始以来、現在4万人が3万点の商品を出品中。 http://www.livlis.com/

------------------------------------------------------------------------------
『アーサー・クリスマスの大冒険』http://www.Arthur-Christmas.jp/
------------------------------------------------------------------------------
11月23日(水・祝)、丸の内ルーブルほか全国ロードショー!!
すべての子供が不思議に思っている疑問、「サンタさんはどうやってクリスマスプレゼントを世界中の子供たちに一晩で配れるの?」 実は北極の氷の下にオペレーションセンターがあり、100万人の妖精たちが超ハイテクグッズ、超ハイ テク"そり"を用いて、世界中の子供たちにプレゼントを届けていたのだ。しかし、やはりどんなハイテクにも落とし穴が あり......。世界中の子供のうち、たった1人にプレゼントを配達できなかったことが、サンタと彼の超エリートの息子スティーブには「仕方ないミス」だった。しかし末っ子のアーサー・クリスマスにはこのミスは耐えがたいものだった。クリスマスの夜が明けるまでの2時間で、彼は地球の反対側にある子どもの家にプレゼントを届けることを決意する。果たして彼は無事にプレゼントを届けることができるのだろうか!?
 『ウォレスとグルミット』の名門アードマン・アニメーションズとソニー・ピクチャーズ アニメーションが想像を絶するサンタの秘密を、3D映像で届けるクリスマス・ファンタジー!

監督:バリー・クック&サラ・スミス
脚本:ピーター・ベイナム&サラ・スミス
アーサー(日本語版吹替):ウエンツ瑛士
全米公開:2011年11月23日 原題:ARTHUR CHRISTMAS ※3D・2D同時公開/吹替え版のみ上映

------------------------------------------------------------------------------
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ
------------------------------------------------------------------------------



 Livlis なんていうサービスがあったんですね。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/08(火) 21:59:28|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画『マネーボール』facebookページ オリジナルアプリ“My “マネーボール”チーム”&“11の感動”

SPE_MB_FBAPP_organized.jpg

------------------------------------------------------------------------------
映画『マネーボール』facebookページのご案内

┏ 野球チームを作って友達と対戦!オリジナルアプリ
┗ My "マネーボール"チーム

   ┏ あなたの感動に「いいね!」を─。
   ┗ 『マネーボール』"11の感動"

↓↓映画『マネーボール』facebookページ↓↓
https://www.facebook.com/Moneyball.JP
------------------------------------------------------------------------------

11月11日(金)に公開となる映画『マネーボール』は、メジャーリーグに実在する名GM(ゼネラルマネージャー)の半生を描いた感動作。ブラッド・ピットはデータ統計を活用した常識破りの「マネーボール理論」で貧乏球団オークランド・アスレチックスを常勝軍団へと変貌させたビリー・ビーンの生きざまを熱演しています。公開を前に、本作のfacebookページも本格化!自分の野球チームを編成し対戦も出来るオリジナルfacebookアプリ「My "マネーボール"チーム」、また本作の持つたくさんの感動の要素を紹介し、ユーザーからの共感「いいね!」を寄せていただく「11の感動」が始まりました。

┌──────────────────────────────────────
│オリジナル野球チームを作って友達と対戦!
│My "マネーボール"チーム
└──────────────────────────────────────
《アプリ名》
映画『マネーボール』 myマネーボールチーム facebookアプリ

《URL》(PCのみ)
https://apps.facebook.com/mymoneyballteam/
1. 上記URLにアクセス。
2. アプリを許可すると作成画面が開き、チームに好きな名前を付けたり、攻撃力・投手力・機動力といった重視するポイントを選ぶことができます。
3. facebookのアクティビティを分析して自動的にチーム完成!
シェアして友達にお披露目しましょう。
4. その後友達のチームとの対戦も可能です。
  ※友達がチームを作成していれば対戦する事ができます。作成していない場合は招待したり、CPUチームとの対戦が可能です。
5. 対戦をすると試合終了後、翌日のオリジナルのスポーツ新聞を見ることができます。こちらもウォールにシェアして自慢しましょう!

┌──────────────────────────────────────
│あなたの感動に「いいね!」を─。
│『マネーボール』"11の感動"
└──────────────────────────────────────
11月11日(金)公開の映画『マネーボール』にはたくさんの感動の要素があり、観る方によって感動するポイントは人それぞれ。その中でも11の要素をピックアップし、バナーを展開。本作facebookページではその一覧をご覧いただけます。あなたの共感できる感動に「いいね!」をお寄せ下さい。

《URL》(PCのみ)
https://www.facebook.com/Moneyball.JP?sk=app_203472606378816

小さな歌声は大きな勇気へ─「娘」編   その出会いが常識を変えた─「相棒」編
不可能をも覆す─「寄せ集めのチーム」編  強い絆─「チームワーク」編
新しい常識は新しい未来を創る─「理論」編  信じる思いが起こしたもの─「奇跡」編
その奇跡は現実─「実話」編   ゆるぎない決意こそが勝利へと繋がる─「決意」編
リスクだらけの逆境にひるまない気持ちが新しい扉を開く─「逆境」編
成功の本質を描く本当のドラマ─「実力派スタッフ&キャスト」編
最高の演技。誰しもが惚れずにいられない─「ブラッド・ピット」編


------------------------------------------------------------------------------
『マネーボール』http://www.Moneyball.jp
11月11日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
------------------------------------------------------------------------------
『ソーシャル・ネットワーク』の製作陣がメジャーリーグを舞台に贈る 感動の実話!
貧乏で弱小チームを独自の"理論"で変えたGMの生きざまをブラッド・ピットが熱演!

出演: ブラッド・ピット/ジョナ・ヒル/フィリップ・シーモア・ホフマン(『M:I III』、『カポーティ』)/ロビン・ライト(『フォレスト・ガンプ/一期一会』)
脚本: アーロン・ソーキン(『ソーシャル・ネットワーク』)&スティーブン・ザイリアン(『シンドラーのリスト』) 
監督: ベネット・ミラー(『カポーティ』)
原題:Moneyball

------------------------------------------------------------------------------
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ
------------------------------------------------------------------------------



 facebook も映画の重要な宣伝媒体となってきました。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/07(月) 21:16:59|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聴覚障がい者向け日本語字幕付きバリアフリー上映会を実施

--------------------------------------------------------------
  第12回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2011
  2011年11月19日(土)~11月27日(日)
  有楽町朝日ホール、東劇 他にて
  http://www.filmex.net/
---------------------------------------- 映画の未来へ -----

=====================================
聴覚障がい者向け日本語字幕付きバリアフリー上映会を実施します
=====================================

聴覚に障がいを持った方にも映画を楽しんでいただくために、日本語字幕付きでバリアフリー上映を実施します。

        <開催概要>

第12回東京フィルメックス
「聴覚障がい者向け日本語字幕付きバリアフリー上映会」

協力:KAWASAKIしんゆり映画祭

◎日時:2011年11月23日(水・祝)13時 開始
◎会場:東劇(中央区築地4-1-1 東劇ビル3F) Tel; 03-3541-2711
   東京メトロ東銀座駅 6番出口

◎ 作品:『夏の庭 The Friends』(1994年/113分/相米慎二監督)
 http://filmex.net/2011/so11.html
※上映終了後にトークイベントも予定しています
(10分程度、ゲストは後日発表、手話通訳付き)。

当日券 一般1,500円 シニア・学生・小人1,000円
※障害者手帳をお持ちのお客様は、ご本人と付添いの方(2名様まで)が、それぞれ1,000円でご鑑賞いただけます。チケット売場にて、障害者手帳をご提示ください


-------------- + + + -------------- + + + -------------- + + + --------------

なお、この上映では、第5回<「映画」の時間>と題して、親子20組40名様を無料でご招待しております(映画祭公式サイトで参加者募集中、11/9まで)。
http://filmex.net/news/2011/03/post-201.html

また、バリアフリー用の日本語字幕の他に、英語字幕も付いた状態での上映です。子どもたちも、外国人も、聴覚障がい者の方も、より多くの方に名作を楽しんでいただけるように企画いたしました。

-------------- + + + -------------- + + + -------------- + + + --------------

◎作品詳細
『夏の庭 The Friends』(1994年/113分/相米慎二監督)
出演:三國連太郎、戸田菜穂、淡島千景、笑福亭鶴瓶、坂田直樹、王泰貴、牧野憲一、寺田農、柄本明

・物語……サッカー仲間である小学6年生の3人組。その夏、彼らは一人暮らしのおじいさんの見張りを始めた。死ぬところを見るために。おじいさんは、見られることを意識して、逆に元気になっていき、死ぬことを見に行ったはずの彼らは、おじいさんのかけがえのない人生と出会うことになる。そして、突然の死。少年たちにとっておじいさんは心強い“あの世の知り合い”になったのだった。

・解説……真夏の神戸を舞台に、ワンパクざかりの男の子3人と老人との交流を描くドラマ。課題図書にも指定された、湯本香樹実の同名児童小説(福武書店、新潮文庫・刊)を原作に相米慎二が監督。主演の小6トリオは1万人を超えるオーディションにより選ばれた。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第5位、同読者選出日本映画ベストテン第8位。

------------------------------------------------------------
●第12回東京フィルメックス●
2011年11月19日(土)-27日(日)
有楽町朝日ホール 他 にて
---------------------------------
▽東京フィルメックス事務局
  URL:http://www.filmex.net
E-mail:info@filmex.net
〒107-0052
  東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル3F
TEL:03-3560-6393 FAX:03-3586-0201
----------------------------------------------------
(c)TOKYO FILMeX



 バリアフリー上映会はもっともっと行われるべきでしょう。映画は台詞だけではなく,画の芸術でもあるのですから。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/07(月) 21:05:09|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『長ぐつをはいたネコ』"ハロウィン"ウィークオープニング新記録樹立 週末興行成績全米No.1!

Puss In Boots

ホラー映画の競合を抑え、ネコが頂点に!
“ハロウィン”ウィークオープニング新記録樹立
nyanto週末興行成績全米No.1!!

 パラマウント ジャパン配給2012年3月春休みより全国公開する、ドリームワークスアニメーション最新作『長ぐつをはいたネコ』。本作品が、ハロウィン・ウィークとなる10月28日より全米公開(3952館)されるや、オープニング3日間の興行収入は3,400万ドル(約25億5,000万円)の見事初登場No.1のスタートを切った。この成績は、2006年に『SAWIII』が達成した、3,360万ドルの"ハロウィン"ウィークのオープニング記録を更新することとなりました。
 本来、このハロウィンの公開ウィークは、歴代ホラー映画が、この時期のBOX OFFICE市場を独占しているが、今年は、ファミリー映画のドリームワークス アニメーション作品『長ぐつをはいたネコ』が、ホラー映画を抑えて、No.(ニャンバー)1の座についた形となった。



■ハロウィン<歴代>オープニング記録
SAWIII』 (2006) 3,360万ドル
『長ぐつをはいたネコ』 (2011) 3,400万ドル 新記録樹立!




 世界興行収入がギネス記録となり、昨年シリーズの完結を迎えた『シュレック』シリーズで一番人気のキャラクター、"長ぐつをはいたネコ"の映画が遂に誕生!本3Dアニメーションは、捨て猫だった<長ぐつをはいたネコ>ことプスの家族の絆と友情を描いた、感動と興奮の冒険ファンタジー。プスは幼馴染みのハンプティ・ダンプティとフワフワの肉球が武器のメスネコキティと共に、ネコ史上最大のアドベンチャーへと旅立ちます。これまで語られなかった生い立ちや、お尋ね者になった過去、そして長ぐつに秘められたエピソードまで、謎がいっぱいだったキャラクターの全てが明かされます!
 ネコのプスを『シュレック』シリーズに引き続き、英語版の声優はアントニオ・バンデラスが務め、キティ役にはバンデラスとは4度目となる競演を果たしたサルマ・ハエックが、ハンプティ・ダンプティ役には、『ハング・オーバー』シリーズのザック・ガリフィアナキスと個性派俳優が顔を揃えています。
 そして、日本語吹替版声優には、『シュレック』同様に、実力個性派俳優の竹中直人さんが引き続き務めています。

監督:クリス・ミラー『シュレック3』
声の出演:アントニオ・バンデラス、サルマ・ハエック、ザック・ガリフィアナキス、ビリー・ボブ・ソーントン

2012年3月春休み 全国3D・2D同時公開

「Puss in Boots(原題)」
◇2011年10月28日 全米公開 ◇ドリームワークス アニメーション
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン



 春休みが待ち遠しい!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/06(日) 09:42:13|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【タイトル決定!】「007 スカイフォール」(原題)日本では2013年お正月映画に決定!!

記者会見写真

---------------------------------------------------------------------------------
007最新作タイトル決定!!
「007 スカイフォール」(原題)
日本では2013年お正月映画に決定!!
---------------------------------------------------------------------------------

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド待望の第3作が、スクリーンに帰ってくる!!

 全世界で愛されている世界最長シリーズ作品である007シリーズ。2008年10月に全米で公開され、日本では2009年1月にお正月映画として公開されたダニエル・クレイグ主演2作目の「007慰めの報酬」から3年。3作目となる最新作のタイトルがイギリス・ロンドンのコリンシアホテルで現地時間11月3日正午頃(日本時間:11月4日午後9時頃)に発表されました。

 新タイトルをバックにジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ、メインボンドガールとしてイギリスからナオミ・ハリス、フランスからベレニス・マローン、悪役のアカデミー賞俳優ハビエル・バルデム、アカデミー賞監督サム・メンデス、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリが一同に会し、会見を行いました。

 キャストにはこのほか、レイフ・ファインズ、アルバート・フィニーらイギリスが誇る演技派も出演が決定していると発表されました。
 この日、全世界に最新作のタイトルは『007/スカイフォール』(原題)と発表され、同時に今日までさまざまなうわさが飛び交っていた監督、悪役、ボンドガールなどの主要スタッフ、キャストが明らかになりました。

 全米では2012年11月9日公開、日本では2012年12月1日TOHOシネマズ日劇ほかで全国公開がすでに決定されている本作、はやくも来年のお正月映画の本命として期待がもたれています。

▼公式フェイスブック
http://www.facebook.com/007Japan

2012年12月1日TOHOシネマズ日劇ほかお正月ロードショー!

------------------------------------------------------------------------------------------------
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
------------------------------------------------------------------------------------------------



 悪役はハビエル・バルデムですか。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/05(土) 10:56:35|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月29日(土)沖縄先行公開「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」記録的大ヒット

初日舞台挨拶写真

沖縄で空前の大ブームを巻き起こしたヒーロー番組「琉神マブヤー」の初映画化作品「琉神マブヤ―THE MOVIE 七つのマブイ」が、10月29日(土)沖縄で先行公開! 沖縄公開の邦画実写作品としては公開2日間の動員記録を塗り替える、歴代1位の大ヒットスタートとなりました。

初日、2日目には主演の山田親太朗、ISSAのほか、ゴリ(ガレッジセール)、福本ジュディ幸子、長浜之人(キャンXキャン)、佐野智樹監督のほかマブヤ―、ガナシ―、マジムン軍団などのキャラクターも登場して、3劇場で舞台挨拶を行い、場内がおおいに賑わいました。

なお全国公開は2012年1月7日(土)より新宿ミラノほかで決定しております。

===========================================================

山田親太朗
「撮影現場の雰囲気がすごく良くて、本当に楽しかったです。今回、いろいろな方々の力を借りてここまでこれたことがすごいうれしいです。父にも観てもらったんですが、『面白かったよ』と言う、うれしい言葉をもらえました」

ISSA
「『琉神マブヤー』のテレビ放送が始まってからずっと見ていて、いつか映画になるんじゃないかって思っていました。それが今日こうやって公開できたことがすごくうれしく思います。今回、僕は相棒のガナシー役なんですが、子どもたちにガナシーがとても人気だと聞いてうれしいですね。マブヤーあってのガナシーなので、頑張って演じて良かったです」

ゴリ(ガレッジセール)
「撮影中は出演者のみんなとふざけあうことも多くて、つらいというよりも楽しい思い出しかないです。昔から愛されているハブデービルというキャラクターを演じさせてもらえることになった時、自分でいいのかなっていう不安がありました。でも、撮影初日に佐野監督から“ゴリさんにオファーして良かった。すごくハマリ役です”と言ってもらえて救われたんです。でも、撮影は夏だったので、ハブデービルの被り物をするとすごく暑かったんです。撮影を見に来たお客さんのイメージを守るために、1日中被っていたんですが、耐え切れなくてちょっと外すとスタッフが飛んできて。“ダメです! それじゃ、ゴリデービルです!”って(笑)。それが大変でした」

福本ジュディ幸子
「『琉神マブヤー』は、テレビの放送が始まった時から大ファンで、DVDを買いそろえているくらい。3年間マブヤーに出たいと言い続けて、ようやく出演できたので、私も会場の皆さんと同じ気持ちで映画を何回も見させていただきました。それから撮影は本当に楽しくさせて頂きました。仕事ってこんな楽しくていいのかな、って思えるほどの現場でした!」

長浜之人(キャン×キャン)
「映画版のオリジナルキャラクター・キジムンをやりました。親太朗くんは、テレビで見た通りのこのままで、言い間違いとかも多いんですよ、本当に。例えば、“ミリオンヒット”のことを、“オリオンヒット”って言ったり(笑)。あと、撮影中に一緒に出掛けたりすると、やっぱり人気者なのですぐに囲まれるんですよ。でも、おばちゃんにはたまに、『あんた、韓流の人だよね?』って言われていましたけど(笑)」

佐野智樹監督
「今日、公開初日でご覧いただいた訳ですけれども、これからTV(『琉神マブヤー3』)も含めて応援をお願いします。マブヤー役の親太朗くんに主役をお願いしたのは僕のリクエストだったんですけれども、『多分こういう人だろうな』って予想はしていたので、彼が多少とんちんかんなことをやるのは“想定内”でした。だから、困ったことはあまりなかったかな(笑)」

<「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」ストーリー>

沖縄の夜空に光る北斗七星。勉、勇、食、健、忍、夢、情、これがウチナンチュ(沖縄人)に宿る7つの魂、マブイ(魂)。のどかな沖縄で、悪の軍団マジムンのハブデービル、マングーチュ、オニヒトデービルがこのマブイを狙ってうごめきだす。そんな中、ヒーローに憧れる内気な青年ウルマは「琉球アクションクラブ」でヒーローショー「仮面シーサー・ショー」をリハーサル中、おばぁの力によって、知らぬ間に琉球を護る琉神マブヤーの魂が入ってしまう。現代の琉神マブヤーになってしまったことに戸惑うウルマ。一方、マジムンは次々に七つのマブイを奪い、そのために人々の間には異変が起こり、沖縄中が大混乱になっていく。そんな中、ウルマの仲間サイオンも龍神のマブイを得て、龍神ガナシーに変身。2人は愛する沖縄を守るため、マジムンに立ち向かうのだった!

監督:佐野智樹 脚本:福原充則  音楽:上地正昭 出演:山田親太朗、ISSA、ゴリ(ガレッジセール)、福本ジュディ幸子、長浜之人(キャン×キャン)、川田広樹(ガレッジセール)、吉田妙子、YASU、TAKANO(バーボンズ)、椎名ユリア、真栄田賢(スリムクラブ・声の出演)、海老名保、仲間由紀恵(友情出演)

配給:アスミック・エース



 全国公開は来年です。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/05(土) 10:44:37|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「東京国際映画祭 in 仙台」特別上映会実施

「ステキな金縛り」舞台挨拶
(c)2011 TIFF

10月25日、仮設住宅にお住まいの方を含む、仙台地区在住の皆様をお招きした「東京国際映画祭 in仙台」特別上映会を、MOVIX仙台にて開催致しました。応募総数は1,781名、そのうち約700名の当選者が来場し、新作映画4作を楽しみました。

============================================================================
■日/場所
 10月25日(火) MOVIX仙台(宮城県仙台市太白区長町7丁目20-15)

■作品/登壇者
13:00~「ハルのふえ」@シアター8 (舞台挨拶)戸田恵子さん、野沢雅子さん
15:20~「ステキな金縛り」@シアター7 (舞台挨拶)西田敏行さん、三谷幸喜監督
17:00~「カイジ2 ~人生奪回ゲーム~」@シアター8
19:10~「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」@シアター7
    ※ミラ・ジョヴォヴィッチのビデオ・メッセージ付上映
============================================================================

 やなせたかしさん原作のアニメーション「ハルのふえ」では、上映後、多くの子どもファンが詰めかける中、声優を務めた野沢雅子さん、戸田恵子さんが登壇。野沢さんは「生き物である以上は全部同じ気持ちだなと思った。人間が忘れがちなことを教えてくれるような原点」と本作を称え、戸田さんはやなせたかしさんの「大人の方にもぜひとも見ていただきたい。じんわりほっこりする気持ちが皆様に伝わり、癒されるのではないか」というメッセージを伝え、仙台の子どもたちが野沢さん、戸田さんを囲んで行われたフォトセッションでは、文字通りほっこりとした雰囲気に場内が包まれました。

 「ハルのふえ」の舞台挨拶では、東京国際映画祭都島信成事務局長と仙台市市民局文化スポーツ部・武田均部長が登壇、都島より、「映画祭ができる事は映画を見ていただく事、この上映会をきっかけにもっと映画を沢山見て欲しい」「被災地で映画の巡回上映を展開する『シネマエール東北』をサポートしている」旨の話があり、続けて、武田部長が、奥山恵美子仙台市長のメッセージ「人々が人らしく生きていくために、夢や希望が必要です。そのために文化の力が欠かせません。今日、映画という文化の力で、ここにお集まりの市民の皆様が、また一歩進む希望を得られるとすれば、私にとっても大変な喜びでございます。さあ、明日からまた一緒に、前を向いて歩いていきましょう」(抜粋)を読み上げました。

 「ステキな金縛り」では、上映後、主演の西田敏行さん、三谷幸喜監督が登壇。三谷監督は「映画というのは、映画館でこうやってみんなで一緒に見る事で何倍も面白くなると思います」と話しました。西田さんは「僕の子どもの頃の情操というのは映画館で育くまれたと言っても過言ではありません。それくらい父と母に映画館に連れて行かれました。何でも、どん欲に見ました。学校のいつも怒っている先生が『二十四の瞳』を見ている時にぼろぼろ泣いている姿を見たり、人間は心の中にいろいろなものを持っているのだと、子ども心ながらに知りました。これはぜひお子さんたちに見てほしい。みんな元気を取り戻してほしい。映画というものは本当にすばらしい力を持っていると確信している」と熱く語りました。

 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」では、主演のミラ・ジョヴォヴィッチさんからの心のこもったメッセージ「どの映画を作っても日本に来るくらい日本が好き」「大変な時期だからこそ、愛をこめてこの映画を届けたい」が披露されました。

============================================================================
「ハルのふえ」(48分 2011年 日本)
 監督:川又 浩 原作:やなせたかし キャスト:戸田恵子、野沢雅子 

「ステキな金縛り」(142分 2011年 日本)
 脚本/監督:三谷幸喜 キャスト:深津絵里、西田敏行、中井貴一 

「カイジ2~人生奪回ゲーム~」(133分 2011年 日本)
 監督:佐藤東弥 キャスト:藤原竜也、伊勢谷友介、吉高由里子 

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」
(111分 2011年 ドイツ=フランス=イギリス 字幕 3D)
 監督:ポール・W・S・アンダーソン キャスト:ローガン・ラーマン、
    ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム 

============================================================================



 東京国際映画祭期間中だけではなく,定期的にこういう企画があるといいですね。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/04(金) 09:46:13|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」ヴィム・ヴェンダース監督 福島訪問

PINAヴィム・ヴェンダース監督<br />福島訪問のご報告

『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』来年2月25日(土)からの全国順次3D公開を前にヴィム・ヴェンダース監督が来日し、10/27(木)に被災地、福島を訪問しました。
ヴィム・ヴェンダース監督は今年3月11日の震災の後にすぐ福島フォーラムのホームページに次のようなコメントを寄せました。 「日本映画の巨匠達から多くを得て学んだ映画人として、そして日本文化の熱狂的なファン、友人として、日本を襲った困難に対してこれ以上ないほど打ちのめされています。他の多くの人たちと同様に、なすすべもなくテレビを見ながら、自分には何ができるのだろうかと自問しています。映画には癒す力があるはずです!よって、私はここで東北と関東の映画館の皆さんにお約束します。可能な限り早くそちらに行って、映画を上映し(もちろん無料で)、地域のみなさんと語りあおうと思います。その時まで、みなさんのことを想っています。」
今回、ヴィム・ヴェンダース監督は「来日をするなら必ず東北エリアに行き、『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』を上映したい」と伝えてきました。そして遂に今回願いが叶えられ、約束を果たすために福島を訪れることとなったのです。
ヴィム・ヴェンダース監督は今回の福島フォーラムでの『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』の無料上映の前に、今は計画的避難区域であり無人となった福島県飯舘村(いいだてむら)を訪問されました。実際に避難している民家や、設置されていたガイガーカウンターが現す放射能の数値を見たヴェンダース監督は、景色はこんなに美しく変わらないのに変わってしまった現実に大変ショックを受けておられました。
夜の福島フォーラムでの舞台挨拶では、その時の気持ちを語り、「私はどうしたらみなさんの助けになりますか?」という問いかけをしました。観客は涙を流し、監督と抱き合うシーンも観られました。福島フォーラムの外では観客ともふれ合い、ヴェンダース監督は「私はどんなことでも手助けをしたいと思っています。みなさんとの友情をここで築けたと思います。これは友情の第一歩です。今回の訪問は最後の訪問ではなく、第一回目の訪問です。これからも是非受け入れてください」とメッセージを残し、福島の訪問を終えました。


【ヴィム・ヴェンダース監督のご挨拶】

やっと福島に来られてとても嬉しいです。
今ご覧いただいた作品『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』は、3月にドイツやヨーロッパで公開され、いろんな街をまわって上映を続けました。そして、どこに行ってもそこには福島という現実、福島という街の現実が平行して存在していました。自分の中でどこにいっても思い出すこの街に、絶対に出来るだけ早く来たいと思っていました。今夜は来てくださって本当にありがとうございます。


【お客様との質疑応答】
Q:映画にも登場する、「自分を見失わないように、踊り続けなさい」というピナ・バウシュのメッセージがありましたが、福島県民、そして日本国民全体が、恐らく今自分を失ってどうしたらよいのだろうと途方に暮れている状態だと思います。そんな時に自分を見失わずに踊りなさい、生きて行きなさい、というメッセージを含め、この作品は今のこの福島の地に最もふさわしい映画だったと本当に思います。

A:私たちみんな踊っているんです。一人で踊っているのではない。時々踊り続けるのは辛くなります。でも踊り続けることはわたしたちにとって良いことだと思っています。きっとだからこそどうしてもみなさんにこの映画を福島で上映したいと思ったと思います。だからとても嬉しいです。

【ヴィム・ヴェンダース監督から観客のみなさんへの質問】
Q:みなさん、どうしてますか?私は、我々は、どうしたらみなさんの助けになりますか?みなさん本当につらい日々、厳しい経験のまっただ中にいるはずです。我々が何か手助けが出来るのか、教えてください。

お客様からの答え:
放射能の問題、そして家族が一緒に住めない状況。ロードムービーのように行き先を決められないままさまよっている状態です。子供たちやお母さんが避難して大切なものをふるさとに残していく。送り出すお父さんは、もう家族と一緒に過ごせないんじゃないかと抱く不安。
そんなとき、今日の映画のようなアートや身体の動き、きれいなものを通して、時間をかけて味わいながら考えていくことで、何か解決策が見えてくるのではないかと思うのです。この厳しい状況そのものを見つめるのも大事。今まで大切にしてきた感覚やアートと一緒に考えたい。だから、あなたの仕事をそのまま続けることで、この事態をどのように受け止めて、あなたがどのように表現し、作品にするかを楽しみにしています。それを力にしたいと思っています。



ひっくり返るような、椅子から投げ出され、床にたたきつけられるような体験―。ピナ・バウシュ×ヴィム・ヴェンダースだからこそ生まれた、新たな3Dの世界。
2009年、世界中のファンに惜しまれながらこの世を去った天才舞踊家ピナ・バウシュ。彼女の遺した不朽の名作と生きた軌跡を、彼女の20年来の友人であり、音楽ドキュメンタリーの金字塔『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』のヴィム・ヴェンダースが3D映画化。最新3Dカメラは縦横無尽に舞台上を駆け巡り、ダンサーたちの動きはもちろん、表情、迸る感情までをもダイナミックかつ繊細に捉え、その驚異の映像は“観劇”とは全く異なる“未知なる臨場感”をスクリーンに映し出す。本年のベルリン国際映画祭で初披露された本作は、世界中の賞賛を浴びた。
今、魂が戦慄する衝撃と、心を愛で満たす感動を、あなたに─



監督・脚本・製作:ヴィム・ヴェンダース『パリ、テキサス』『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
出演:ピナ・バウシュ、ヴッパタール舞踊団ダンサー
音楽:トム・ハンレンシュー『ランド・オブ・プレンティ』『パレルモ・シューティング
原題:PINA/104分/ドイツ、フランス、イギリス映画/カラー/ヴィスタ/SRD


2/25 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿バルト9他全国順次3D公開
pina.gaga.ne.jp



 監督は福島でもキャメラを回したんでしょうか?

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2011/11/04(金) 01:09:17|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。