映画の日々

古今東西 映画の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ザ・タウン(原題)」

メイン画像

===============================================================
ベン・アフレック監督&主演/2010東京国際映画祭クロージング作品
『ザ・タウン』 THE TOWN
『バイオハザード~アフターライフ』を抜き全米初登場第1位!   
===============================================================

ベン・アフレック監督・主演で放つ緊迫のサスペンス・アクションの傑作『ザ・タウン』が、9月17日(金)全米公開され、オープニング興行収入$23,808,032で初登場第1位の好スタートとなりました!
本作品は、2011年全国ロードショーの予定です。

全米屈指の銀行強盗件数を誇る街(ボストンのチャールズタウン)に生まれ育ち、血と骨で結ばれたアウトローたち。
強盗グループのリーダーと人質の女性、交わるはずのなかった2人の人生が交差したとき、彼らを待つ宿命とは…。

数々のヒット作で役者としての評価も高いベン・アフレックの監督第2作『ザ・タウン』は、ベネツィア映画祭、トロント映画祭での上映を経て9月17日(金)全米公開され初登場第1位と大ヒットスタートとなった!『ハート・ロッカー』で注目のジェレミー・レナーをはじめ、『それでも恋するバルセロナ』でウッディ・アレンのミューズを演じたレベッカ・ホール、大人気ドラマ「ゴシップ・ガール」で主人公のセリーナを演じるブレイク・ライブリー、エミー賞で3年連続作品賞を受賞した「マッド・メン」で知られるジョン・ハムなど、豪華競演陣にも注目が集まる本作は、ベン・アフレック監督作として満を持しての日本初公開作となる。

<STORY>
ダグ・マクレイ(ベン・アフレック)は、犯行現場に一切の痕跡を残さないプロの銀行強盗一味のリーダー。綿密な計画からある銀行を襲撃した彼らだが、予定外に支店長のクレア・キーシー(レベッカ・ホール)を人質にする。クレアは無事に解放されるが、犯罪者の影に怯える日々を過ごすことに。そんななか、彼女はコインランドリーでダグという魅力的な男に出会う。ふたりはたちどころに惹かれ合っていくが、ダグこそが数日前の強盗犯と同じ男であることに、彼女は気づかないのだった。ダグは次第に、街を捨ててクレアとの新しい人生を切望するようになる。ダグらを追い詰めるFBI捜査官フローリー(ジョン・ハム)、強盗グループからの脱退を許さない地元の仲間ジェム(ジェレミー・レナー)や裏社会のしがらみ、人生をやり直したいとダグにすがる元恋人クリスタ。
交わるはずのなかったダグとクレアの運命の交差は、ふたりを危険で命懸けの道へと陥れていく――!

監督:ベン・アフレック (『ゴーン・ベイビー・ゴーン』)  脚本:ピーター・クレイグ、ベン・アフレック
   チャック・ホーガン原作「強盗こそ、われらが宿命」(ヴィレッジブックス刊、原題“Prince of Thieves”)に基づく
出演:ベン・アフレック (『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』、『パール・ハーバー』)、レベッカ・ホール(『それでも恋するバルセロナ』)、ジョン・ハム(「マッド・メン」)、ブレイク・ライブリー(「ゴシップ・ガール」)、ジェレミー・レナー(『ハート・ロッカー』)、配給:ワーナー・ブラザース映画   US公開:2010年9月17日 初登場第1位
©2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

2011年全国ロードショー



 いきなり一位とは話題作なんでしょうね。

スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/30(木) 23:52:30|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カン・ウソク監督、主演パク・ヘイル 来日!"苔"(原題)邦題決定!

メイン画像

カン・ウソク監督、主演パク・ヘイル 来日!
"苔"(原題)邦題決定!

主演パク・ヘイル×チョン・ジェヨン、監督カン・ウソク最新作!

『黒く濁る村』
欲望の果てに見える人間の哀しみを描く極限のミステリー

このたび、原作・ウェブ・コミックの大ヒットに続き、韓国で340万人動員の大ヒットを記録した映画"苔(原題)"の邦題が 『黒く濁る村』と決定致しました。本作は11月20日(土)より、丸の内TOEI、シネマスクエアとうきゅうほか全国ロードショーとなります。また第23回東京国際映画祭・出品のため、カン・ウソク監督、主演のパク・ヘイルが来日いたします。

父さん――、
あなたはこの村で何をしていたのですか?
あなたは何故死んだのですか?

20 年間、音信不通だった父の死の知らせを受け、ヘグク(パク・ヘイル)は、父が暮らしていた山奥の村を訪れる。村長(チョン・ジェヨン)の手伝いで葬儀をすませたものの、父の死因は明かされない。村長の一言で態度が変わる村人たちは、よそ者のヘグクをあからさまに警戒する。村の様子がおかしい事に気付き始めたヘグクは父の死因を探り始める。やがて浮かび上がる村の秘密――父の素顔、村長の正体、30年前に起こった祈祷院での集団殺人事件――秘密の鍵を握るのは村長と3人の村人、そしてひとりの女。果たして父の死の真相は。30年前の事件との関係は・・・。
原作は韓国で空前の大ヒットとなったユン・テホのウェブ・コミック。原作に惚れ込み映画化を切望した監督は、本格ミステリー初挑戦となる『シルミド/SILMIDO』のカン・ウソク。主人公ヘグクには、原作のファンたちの間からキャストの第一候補として選ばれていたパク・ヘイル。ファンを裏切ることなく事件に巻き込まれてゆく主人公を繊細な感性で演じている。主人公と対立する村長には、完璧な演技でどんな役にも果敢に挑戦するチョン・ジェヨン。特殊メイクで70代の老人に変身し、圧倒的なカリスマ性と存在感で難役を見事に演じ切った。欲望の果てに見える人間のおかしみや哀しみを描く極限のミステリーを、この機会にご高覧下さい。

原題:「苔」/2010年/韓国/161分/カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD
監督:カン・ウソク(『シルミド/SILMIDO』)、原作:ユン・テホ、脚本:チョン・ジウ
出演:パク・ヘイル(『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』)、
チョン・ジェヨン(『トンマッコルへようこそ』『彼とわたしの漂流日記』)
配給:CJ Entertainment Japan

11/20(土)より、丸の内TOEI、シネマスクエアとうきゅうほか全国ロードショー!



 2時間40分とは…大作ですね。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/29(水) 20:51:03|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サムライ・シネマ キャンペーン キックオフセレモニー

キックオフ・セレモニー

この度、秋から冬にかけて時代劇映画を配給する5つの映画会社が共同で、サムライ・シネマ キャンペーンを展開することになりました。

9月17日、そのキックオフ・セレモニーが行われ、各映画会社代表ならびに各作品の出演者一同が登壇し、作品にかける思いなどを語りました。

【サムライ・ シネマ キャンペーン キックオフ・セレモニー 概要】

■日時:9月17日(金)15:45開始
■会場:時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)

■出席者:

【映画会社代表】
・東宝株式会社 代表取締役社長 高井英幸
・東映株式会社 代表取締役社長 岡田裕介
・松竹株式会社 代表取締役社長 迫本淳一
・アスミック・エース エンタテインメント株式会社 代表取締役社長 豊島雅郎
・ワーナー エンタテインメント ジャパン株式会社 代表取締役社長 ウィリアム・アイアトン

【出演者代表】
・役所広司   「十三人の刺客」(東宝)、「最後の忠臣蔵」(WB)
・大沢たかお  「桜田門外ノ変」(東映)
・岡田将生   「雷桜」(東宝)
・蒼井優    「雷桜」(東宝)
・堺雅人    「武士の家計簿」(アスミック・エース/松竹)
・仲間由紀恵  「武士の家計簿」(アスミック・エース/松竹)

【サムライ・シネマ応援団長】
・岡田武史



 邦画もめっきり時代劇めいてきました。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/28(火) 20:22:48|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『リトル・ランボーズ』初日決定!

メイン画像
©Hammer&Tongs,Celluloid Dream,Arte France,Network Movie,Reason Pictures

この度、ガース・ジェニングス監督・脚本、ビル・ミルナー/ウィル・ポールター主演、映画『リトル・ランボーズ』が、11月6日(土)より渋谷シネクイントほか全国にて公開することが決定いたしました。
本作は、映画作りに夢中になった二人の少年たちの友情をユーモラスに、そして感動的に描いております。
作家が少年時代のひと夏の冒険を回想する『スタンド・バイ・ミー』。炭坑町の少年がバレエ・ダンサーの道に目覚める『リトル・ダンサー』。そこに並ぶ本作の主人公"ウィル&カーター"もまた、周囲の大人たちには判らない真剣な遊びと試みを通して、自分たちだけの"大切な宝物"を見つけていきます。
彼らの姿を見て思い出すはず、夢を信じることの大切さ、少年の日の好奇心に満ちあふれた無邪気さと純粋さを――。

何もかもがポップだった80'Sの音楽、ファッションへのオマージュがいっぱいに詰まったこの秋一番の注目作です。是非ご期待ください。

公式サイト:http://rambows.jp/



 予告編は映画館で観ました。とても楽しそう!面白そう!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/27(月) 19:14:48|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ソーシャル・ネットワーク」第23回東京国際映画祭オープニングに決定!

メイン画像

------------------------------------------------------------------------------------------------
第23回東京国際映画祭オープニング作品決定!
 
デヴィッド・フィンチャー監督最新作
「ソーシャル・ネットワーク」

■ 第23回東京国際映画祭(主催:公益財団法人ユニジャパン/共催:経済産業省、東京都、文化庁/期間:10月23 日~10月31日/開催会場:六本木ヒルズをメイン会場に、都内の各劇場及び施設・ホール)のオープニング作品として、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給、デヴィッド・フィンチャー監督最新作「ソーシャル・ネットワーク」が決定しました。
オープニング上映は10月23日16:30より、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われます。
------------------------------------------------------------------------------------------------

作品解説:
世界最大のITソーシャル・ネットワーク、"フェイスブック"を
ハーバード大学寮の一室から始めた19歳のマーク・ザッカーバーグ。
5億人の友達を創った男は、何を手に入れ、何を失ったのか

2003 年、ハーバード大学に通う19歳の学生マーク・ザッカーバーグは、親友のエドゥアルド・サヴェリンとともにある計画を立てる。それは、大学内で友達を増やすため、学内の出来事を自由に語りあえるサイトを作ろうというもの。閉ざされた"ハーバード"というエリート階級社会で、「自分をみくびった女子学生を振り向かせたい」そんな若者らしい動機から始めたこの小さな計画は、瞬く間に大学生たちの間に広がり、IT界の伝説 ナップスター創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、ついには社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと一気に成長を遂げる。一躍時代の寵児となった彼らは、若くして億万長者へと成り上がっていく一方、最初の理想とは大きくかけ離れた孤独な場所にいる自分たちに気づくが――。

*ソーシャル・ネットワーク・サービス"フェイスブック"―――2010年7月、日本を含む全世界の登録者数が5億人を突破したと発表された。数年以内には、登録者数が10億人に到達するとも言われている。

本作のメガホンを取るのは、『エイリアン3』(92)、『セブン』(95)、『ゲーム』(97)、『ファイト・クラブ』(99)、『ゾディアック』(07)など、次々に批評家とファンの注目となる作品を手掛け、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(08)ではアカデミー賞監督賞にノミネートされた鬼才デヴィッド・フィンチャー。
「インターネット時代のビル・ゲイツ」と呼ばれる"フェイスブック"創始者のマーク・ザッカーバーグを演じるのは、『ヴィレッジ』(04)、『イカとクジラ』(05)などに出演し注目を集める若手実力派俳優ジェシー・アイゼンバーグ。彼の親友のエドゥアルド・サヴェリン役を、「新スパイダーマン」に大抜擢され世界中が注目するアンドリュー・ガーフィールドが演じる。さらには大人気のグラミー賞受賞アーティスト、ジャスティン・ティンバーレイクも登場し、実在の人物を演じる若手俳優たちの競演も見所の一つとなっている。
=================================================================================================================================
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ルーニー・マーラ  ほか
原作:ベン・メズリック著「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」(青志社)
全米公開:2010年10月1日  原題:The Social Network 公式サイト:socialnetwork-movie.jp
2011年1月15日(土)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー 



 もうすぐ全米公開ですね。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/26(日) 23:57:20|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公式サイトグランドオープン

ポスター画像
(c)2010 TIFF

21日、第23回東京国際映画祭の公式サイト(http://www.tiff-jp.net/)が、グランドオープンいたしました。
本年のラインナップをはじめ、作品詳細、スケジュール、最新ニュースも続々アップされます。

オープニング作品には『ソーシャル・ネットワーク』が、クロージング作品には『ザ・タウン』の上映が決定いたしました。
また、先日急遽したクロード・シャブロル監督に敬意を表し、遺作となった『刑事ベラミー』を緊急追悼上映いたします。



 ようやく,オープニング作品とクロージング作品が決まりました!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/26(日) 20:38:42|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【東京国際映画祭】コンペティション第2弾発表!!

フラミンゴNO.13

コンペティション第2弾発表!!

10月23日(土)~31日(日)に開催の第23回東京国際映画祭(以下TIFF)のコンペティション第2弾が17日に発表になりましたのでご案内いたします。東京国際映画祭のコンペティションは2010年1月以降に完成した長編作品を対象に世界各国から公募し、応募作品の中から厳選な予備審査を経た15本の多彩な作品を期間中上映いたします。6人の国際的な映画人で構成される審査員が作品の審査を行い、“東京 サクラ グランプリ”、“審査員特別賞”、“最優秀監督賞”など6賞を選定、10月31日(日)のクロージングセレモニーで発表いたします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
第23回東京国際映画祭 コンペティション第2弾発表ラインアップ一覧

■『ビューティフル・ボーイ』
原題:Beautiful Boy
製作国:アメリカ
監督:ショーン・クー
出演:マイケル・シーン、マリア・ベロ、ムーン・ブラッドグッド
大学構内で銃乱射事件が発生。我が子の無事を案じる両親に届いた報せは、想像を絶するものだった…。
苦しみに対峙する両親の姿を通じ、家族のあり方を問い直す感動作。
クィーン』『フロスト×ニクソン』のマイケル・シーン主演。

■『ブライトン・ロック』           
原題:Brighton Rock        
製作国:イギリス
監督:ローワン・ジョフィ
出演:サム・ライリー、ヘレン・ミレン、アンドレア・ライズボロー
文豪グレアム・グリーンの名作の映画化。英国南部の行楽地ブライトンを舞台に、不良少年と純情少女の偽りの
関係を軸に語られる、愛と裏切りの物語。『コントロール』で鮮烈な印象を残した主演のサム・ライリーに注目!

■『フラミンゴNO.13』          
英題:Flamingo No.13          
製作国:イラン
監督:ハミド・レザ・アリゴリアン
出演:バラン・ザマニ、ラスール・ユーナン、モハマド・タギ・シャムス・ランガルディ
イラン山間部の小さな村。雄大な自然の中で、人々がひっそりと暮らしている。禁じられたフラミンゴ猟にとりつかれた男。彼が愛する女。そして、ふたりの仲をねたむ男。寓話のような三角関係を、幻想的な映像美で描いた新人監督の第1作。

■『一粒の麦』
原題:DACA BOBUL NU MOARE / AKO ZRNO NE UMRE 英題:If the Seed Doesn't Die       
    
製作国:ルーマニア=セルビア=オーストリア
監督:シニツァ・ドラギン
出演:ムスタファ・ナダレヴィッチ、ダン・コンドゥラケ、フランツ・ブーフライザー
ルーマニア、セルビア、コソボ。混沌たる東欧地域で交差する、ふたりの父親の物語。息子と娘を探す旅に出るふたりの道程を繋ぐように現れる、200年前の教会の伝説…。旅路の果て、映像のみが表現できる至高のラストシーンに息が止まる。

■『隠れた瞳』            
原題:LA MIRADA INVISIBLE 英題:The Invisible Eye
製作国:アルゼンチン=フランス=スペイン
監督:ディエゴ・レルマン
出演:ジュリエッタ・ジルバベルグ、オスマル・ヌニェス、マルタ・ルボス
1982年、軍事独裁政権末期のアルゼンチン。厳格なエリート養成学校の女教師が、規律と欲望の間に挟まれていく様を描く。ヒロインの心境に社会情勢が巧みに重なり、広がりのある映像と細やかな心理描写を並立させる演出力は必見。

■『僕の心の奥の文法』          
原題:Hadikduk Hapnimi 英題:Intimate Grammar           
製作国:イスラエル
監督:ニル・ベルグマン
出演:ロイ・エルスベルグ、オルリ・ジルベルシャッツ、イェフダ・アルマゴール
1963年イスラエル。束の間の平和な時期を背景に、数年前から成長することをやめた少年アーロンの物語。
バラバラな家族に反抗するため? それとも時代に抵抗するため? コミカルな要素も加えながら、思春期の心の揺れを寓話的に描く。

■『サラの鍵』           
原題:ELLE S'APPELAIT SARAH 英題:Sarah's Key         
製作国:フランス
監督:ジル・パケ=ブランネール
出演:クリスティン・スコット・トーマス、メリュシーヌ・マイヤンス、ニエル・アレストラップ
ユダヤ人迫害の動きが過激化する1942年のパリ。幼い弟を納戸に隠したサラは、その鍵を手にしたまま収容所へ送られてしまう…。過去と現代が交差し、歴史が封印していた悲痛な記憶が掘り起こされる感動のベストセラーの映画化。  

■『小学校!』              
原題:!PRIMARIA! 英題:Primary!         
製作国:スペイン
監督:イバン・ノエル
出演:フランシスコ・アルフォンシン、ホセ・ホアキン・メナ=ベルナル・ルエダ
絵画に気持ちを開放していく小学生の姿を、新任の美術教師の目を通して描いたハッピーな作品。ドキュメンタリー的な描写も瑞々しく、授業風景や職員会議もとてもリアル。そして子供たちの表情の素晴らしさといったら!
   
-------------------------------------------------------------------------------------------------
<東京国際映画祭に関するお問い合わせ先>
tiffinfo2010@tiff-jp.net
-------------------------------------------------------------------------------------------------



 もう来月になったんですね。楽しみです。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/25(土) 19:22:54|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽天チケット史上初!『最後の忠臣蔵』チケット発売!

メイン画像
(C)2010「最後の忠臣蔵」製作委員会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

楽天チケット史上初!『最後の忠臣蔵』チケット発売!
~大型タイアップも展開中!~
12月18日(土) 全国ロードショー
www.chushingura.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ウィリアム・アイアトン、以下 ワーナージャパン)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、12月18日公開『最後の忠臣蔵』で、楽天チケット初となる映画チケット販売他大型タイアップを展開します。

9月25日より、運営するオンラインチケット予約販売サービス「楽天チケット」において、『最後の忠臣蔵』楽天限定のグッズ付プレミアムペアチケットの販売を開始いたします。楽天チケットが、映画のチケットを販売するのは今回が初めてとなります。
チケットは限定ビジュアルを使用し、非売品の限定グッズがセットになっています。チケット販売に併せ楽天グループ全体を横断しさまざまな展開を実施しています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■□ 楽天限定 グッズ付プレミアムペアチケット □■
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆発売開始日:2010年9月25日(土)
◆販売場所 :「楽天チケット」(URL→ http://ticket.rakuten.co.jp/
◆価格   :税込み3,000円(ペアチケット)
◆内容   :(1)楽天限定の特別バージョン ペアチケット
       (2)豪華26ページプレスブック(非売品)
       (3)ロゴ入りオリジナル手ぬぐい(非売品)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 楽天グループ横断での企画について ◆
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【楽天エンタメナビ】 

http://entertainment.rakuten.co.jp/movie/special/chushingura/
 ・予告編動画による作品紹介、みどころ
 ・出演者、撮影現場のフォトギャラリー
 ・キャストインタビュー(予定)

【楽天マガジン】 http://event.rakuten.co.jp/rakumaga/20100901/travel03/
・ロケ地を巡る旅--京の都で歴史を歩く
 ・『最後の忠臣蔵』プロデューサーに聞く!京都のグルメ&見どころ
 ・杉田成道監督からのインタビュー掲載(雑誌掲載のみ)
 ※楽天マガジンは、楽天会員向けの雑誌です。

【楽天ブックス】 http://books.rakuten.co.jp/event/book/chushingura/
 ・原作「最後の忠臣蔵」と「忠臣蔵」関連書籍の紹介

【特別試写会】 https://common2.rakuten.co.jp/form/rakumaga/present/
 <楽天マガジンpresents 『最後の忠臣蔵』特別試写会>
  ●東京会場 550組1000名様
  ●大阪会場 450組900名様
をご招待


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ◆『最後の忠臣蔵』ストーリー ◆

 誰もが知る<忠臣蔵>の、誰も知らない<2人の生き残り>
 それは<生きろ>という、過酷な使命。
 討入りから16年、死ぬことを許されなかった男たちの物語とは??

 大石内蔵助以下、四十七士全員が切腹し、事件はとっくに終わったと思われていた。しかし、一人だけ死ぬことを許されず、密かにそして懸命に生き抜いた男がいる。
 寺坂吉右衛門(佐藤浩市)、真実を後世に伝え、討ち入り浪士の遺族を捜し出して援助するという大役を、大石内蔵助に与えられた。とうとう最後の遺族を探し当てた吉右衛門は、四十六士の十七回忌法要に参列すべく、京都へと向かった。
 京への道すがら、吉右衛門は我が目を疑った。片時も忘れたことのない、かつての友の姿を見かけたのだ。瀬尾孫左衛門(役所広司)、討ち入りの前日、逃亡した男だ。若くして妻を失い、子もなく、主君内蔵助への忠義のために喜んで死ぬと誓いあった友がなぜ? それは、16年後の今も解けない謎だった。
 実は、孫左衛門にも、ある使命が与えられていた。身分を隠し、骨董の売買で暮らしを立てている彼が、命を捧げる決意を燃やす使命とは? 
 そこには、大石内蔵助の隠し子、可音(桜庭ななみ)の存在があった──。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ◆原作:池宮彰一郎「最後の忠臣蔵」(角川文庫刊)
 ◆監督:杉田成道
 ◆脚本:田中陽造
 ◆音楽:加古隆
 ◆出演:役所広司
     佐藤浩市
     桜庭ななみ、山本耕史、風吹ジュン、田中邦衛、
     伊武雅刀、笈田ヨシ、安田成美、
     片岡仁左衛門(特別出演)

 ◆製作:「最後の忠臣蔵」製作委員会
 ◆配給:ワーナー・ブラザース映画

 ◆『最後の忠臣蔵』公式サイト:http://www.chushingura.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      12月18日(土)、全国ロードショー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



 楽天ってこういうことはまだやってなかったんですね。意外です。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/24(金) 20:11:58|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第11回東京フィルメックス-ラインナップ発表

独創的な映画作家によるラインナップで、国内外の注目も高い国際映画祭「第11回東京フィルメックス」。11月20日からの開幕に先駆けて、記者会見を行いましたので下記の通りご案内申し上げます。

               記

日 時: 9月16日(木)
会 場: 映画美学校 1番教室(中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング1F)
登 壇: 林 加奈子(東京フィルメックス ディレクター)
     市山尚三(東京フィルメックス プログラムディレクター)
     白鳥あかね (脚本家・スクリプター/コンペティション審査員)
     園 子温(映画監督)
     内田伸輝(映画監督)
     想田和弘(映画監督)

<内容>

・ 両ディレクターによる上映作品の発表、見どころなどの解説

・審査委員長 ウルリッヒ・グレゴール氏よりビデオメッセージ

「東京フィルメックスは私にとって第二の故郷のようなもの。数ある映画祭の中でも、お気に入りの映画祭です。毎年参加していますが、そのたびに新たな発見がある。今年は審査委員長として、驚かされる作品に出会えることを楽しみにしています。自身に反映させ、考えさせ、奮い立たせ、目覚めさせるような作品に期待するとともに、刺激を与え、記憶に残り、議論へと駆り立てる、そういった作品を東京フィルメックスから発信できることを願っています。」

・審査員の白鳥あかね氏よりコメント。
「私は長年作り手として映画に関わってきました。かねがね映画は作る人、観る人、観せる人の3者が揃わなければ成立しないと考えており、地元川崎市でしんゆり映画祭を16年やってきました。しんゆりでは若い監督の支援を行ってきましたが、東京フィルメックスのコンペティション部門でも若い監督の作品がたくさん上映されることをとても嬉しく思っています」

===========================================
■1) 第11回 東京フィルメックス上映作品
              (全60作品+ドキュメンタリー作品)*予定
===========================================
第11回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2010
上映作品リスト(全60作品+ドキュメンタリー作品)(予定)

【東京フィルメックス・コンペティション】(10作品)
『ハンター』(イラン、ドイツ)
監督:ラフィ・ピッツ

『夏のない年』(マレーシア)
監督:タン・チュイ・ムイ

『密告者』(香港)
監督:ダンテ・ラム

『独身男』(中国)
監督:ハオ・ジエ

『トーマス、マオ』(中国)
監督:チュウ・ウェン

『ビーデビルド』(仮題)(韓国)
監督:チャン・チョルス

『ふゆの獣』(日本)
監督:内田伸輝

『Peace』(日本、アメリカ)
監督:想田和弘

『アンチ・ガス・スキン』(韓国)
監督:キム・ゴク、キム・ソン

『愛が訪れる時』(台湾)
監督:チャン・ツォーチ

【特別招待作品】(12作品)

<オープニング作品>
『ブンミおじさん』(仮題)(タイ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン)
監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

<クロージング作品>
『詩』(原題)(韓国)
監督:イ・チャンドン



『贋作』(仮題)(フランス、イタリア)
監督:アッバス・キアロスタミ

『ミスター・ノーバディ』(フランス、ドイツ、ベルギー、カナダ)
監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル

『海上伝奇』(中国、オランダ)
監督:ジャ・ジャンクー

『冷たい熱帯魚』(日本)
監督:園子温

『妖しき文豪怪談』(日本)
「片腕」監督:落合正幸
「葉桜と魔笛」監督:塚本晋也
「鼻」監督:李相日
「後の日」監督:是枝裕和

『幻の薔薇』(フランス)
監督:アモス・ギタイ

『The Depths』(日本、韓国)
監督:濱口竜介

============================================================

【特集上映 アモス・ギタイ監督特集 越えて行く映画】

『エステル』1985年
『ベルリン・エルサレム』1989年
『ゴーレム、さまよえる魂』1991年

◎東京日仏学院エスパス・イマージュ 会場
2010年 11月30日(火)~12月12日(日)
劇映画10作品(予定)

◎アテネ・フランセ文化センター 会場
2011 年1 月下旬~2月上旬
ドキュメンタリー作品を上映予定

============================================================

【特集:ゴールデン・クラシック1950】
◎松竹黄金期の三大巨匠
■渋谷実監督作品
『本日休診』1952年
『現代人』1952年
『正義派』1957年
『悪女の季節』1958年
『もず』1961年
『好人好日』1961年
『酔っぱらい天国』1962年
『大根と人参』1965年

■木下惠介監督作品
『カルメン故郷に帰る』1951年
『カルメン純情す』1952年
『肖像』1948年

■小津安二郎監督作品
『東京物語』1953年
『晩春』1949年
『麦秋』1951年

◎東京劇場80周年×松竹キネマ90周年
松竹黄金期を彩った銀幕女優たち(仮)
11月29日~12月10日 東劇にて、11作品上映予定

------------------------------------------------------------
●第11回東京フィルメックス●
2010年11月20日(土)-28日(日)
有楽町朝日ホール 他 にて
---------------------------------
▽東京フィルメックス事務局
 URL:http://www.filmex.net
E-mail:info@filmex.net
〒107-0052
 東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル3F
TEL:03-3560-6393 FAX:03-3586-0201
----------------------------------------------------
(c)TOKYO FILMeX



 いやぁ,いつもながら素晴らしいプログラムです。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/23(木) 19:09:24|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画館で楽しむ宝塚歌劇「タカラヅカ レビュー シネマ」の第3弾、上映決定!大人気作『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』!!

場面画像
(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

2008年に上演されるや、ドラマチックな楽曲と痛快なストーリーで宝塚歌劇の大ヒット作品となった『スカーレット・ピンパーネル』。
2010年、月組・霧矢大夢のトップお披露目公演として再演された同作品は連日超満員を記録、多くのミュージカルファンより大好評を博しました。

今回、その東京宝塚劇場公演が「タカラヅカ レビュー シネマ」の第3弾として数々の名作映画を世に送り出してきた東宝映画のスタッフの手により、新たな魅力に満ちた映像作品になりました!

大人から子供まで、男性も女性も楽しめる良質なエンタテインメントにご期待ください!!

【物 語】
18 世紀末のフランス。陽気なイギリス貴族・パーシー(霧矢大夢)は、フランス女優のマルグリット(蒼乃夕妃)と結婚するが、互いに言えぬ秘密があった。じつは、パーシーは秘密結社"スカーレット・ピンパーネル"のリーダーとして、フランス革命政府によって捕らえられた無実の人々を救出していたのだ。革命政府の公安委員ショーヴラン(明日海りお)は、秘密結社壊滅のため、かつて恋人だったマルグリットに近づく...。
正義か、愛か。三人の駆け引きが始まる!

潤色・演出:小池修一郎                            
出演:宝塚歌劇団 月組 霧矢大夢、蒼乃夕妃、龍 真咲、明日海りお 他 

映像監督:清水俊文 映像制作プロダクション:東宝映画

配給:東宝映像事業部

映像製作・著作:宝塚クリエイティブアーツ

公式サイト: http://www.tca-pictures.net/movie/sp/ 

料金:当日 2,500円均一

☆2010年10月16日(土)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて限定先行上映!

☆2011年1月 TOHOシネマズほかにて 全国拡大ロードショー決定!!

【タカラヅカ レビュー シネマとは】
 宝塚歌劇[TAKARAZUKA REVUE]の華やかな舞台と、映画的な演出[CINEMA]があざやかに融合したオリジナルな映像世界。劇場でしか味わえなかった感動が、最新のデジタルシネマ技術を駆使して撮影・収録された高画質映像と臨場感溢れるサウンド、そして情感あふれる人物描写とストーリー性が際立つ映像演出によって、新たな物語としてスクリーンの中によみがえります。

<問い合わせ先>宝塚クリエイティブアーツ カスタマーセンター TEL:0797-83-6000(10:00~17:00水休)



 宝塚も一度観たいんですが,まだ叶いません。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/22(水) 18:58:52|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『キック・アス』ジャパンプレミアレポート

町山智浩&水道橋博士

第3回下町コメディ映画祭in台東
前夜祭「映画秘宝まつり」
『キック・アス』ジャパンプレミア大盛況
【12月18日(土)】公開大決定!

全米でまさかのNo.1ヒットスタート!そのクオリティの高さと、面白さから口コミも広がり待望の日本公開も決定した『キック・アス』!!監督は次回作"X-Men:First Class (原題)"も控えているマシュー・ヴォーン。
プロデューサーにはブラッド・ピットが名を連ねており、早くも続編の製作も検討されています。

本日9月17日(金)より開幕となる第3回したまちコメディ映画祭in台東の前夜祭「映画秘宝ナイト」にて『キック・アス』日本プレミア上映を行いました。

上映終了後には、会場を埋め尽くした超満員、1000人のお客様から盛大な拍手が自然発生しました!

また、上映後には浅草キッドの水道橋博士さんと本作の字幕監修も手がけている映画評論家の町山智浩さんが登壇し、『キック・アス』にかけた"ファッ○・アス"トークを繰り広げ、普段は聞けない裏話に会場は大盛り上がりとなりました。

なお本作は、業界内や劇場関係者からも注目度が高く、配給元にも問い合わせが相次いでおり、はやくもプリント増産の検討に入るなど、うれしい悲鳴を上げております。

イベント内容

上映前に映画秘宝チームとコスチュームに身を包んだ"キック・アス"と"ヒット・ガール"が登場して作品への期待を高めると場内は早くもヒートアップ。
上映中にも笑い声や拍手が沸き起こりましたが、上映終了後にも自然と盛大な拍手が沸き起こるなど、観客の満足度が存分に感じられる上映となりました。

上映後には浅草キッドの水道橋博士さんと本作の字幕監修も手がけている映画評論家の町山智浩さんが登壇し、『キック・アス』にかけた"ファッ○・アス"という危険なトークを繰り広げ会場を爆笑の渦に巻き込み、まさに"コメディ"映画祭の幕開けにふさわしい内容でした。"キック・アス"と"ヒット・ガール"との記念撮影を希望するファンの行列ができるなど大人気となり、コスプレで来場するお客様もいらっしゃるなど大変な盛り上がりをみせました。

公式HPもOPEN!!
http://kick-ass.jp/

作品情報

NYに住むデイヴ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生。ある日、インターネットで買った自前のスーツとマスクを身に付け、自分もDIYヒーローとして街で活動を開始する。何の特殊能力も武器も持たない彼は、初出動のときにあっさり犯罪者にやられてしまうが、懲りずにパトロールを再開。その時の活動の動画が見物人によって撮られ、やがて「キック・アス(Kick-Ass)」の名で街中に知られるようになる。だが、街のパトロールをしていたのは彼だけではなかった。キック・アスは高度な訓練を受けた父娘デュオ、「ヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)」と「ビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)」に出会い、街の犯罪帝国を仕切るフランク・ダミコを倒すための戦いが始まった。

監督:マシュー・ヴォーン(次回作『X-Men:First Class (原題))) プロデューサー:ブラット・ピット他(PLAN B)
出演:アーロン・ジョンソン(『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』)、クリストファー・ミンツ=プラッセ(『ヒックとドラゴン』)、マーク・ストロング(『シャーロック・ホームズ』)クロエ・グレース・モレッツ(『(500)日のサマー』、ニコラス・ケイジ(『魔法使いの弟子』)
2010年/米・英/117分/配給:カルチュア・パブリッシャーズ 
原題:KICK-ASS/字幕監修:町山智浩/字幕翻訳:松崎広幸
(C)KA Films LP. All Rights Reserved.

12/18(土)よりシネセゾン渋谷他全国順次ロードショー!



 一部では相当盛り上がっているようです。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/21(火) 00:31:09|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタローン来日決定!!今回の相棒はドルフ・ラングレン!!

場面画像

映画『エクスペンダブルズ』
監督、脚本、主演シルベスター・スタローンが、
ドルフ・ラングレンと一緒に2年ぶりの来日決定!




シルベスター・スタローン監督、脚本、主演の最新作
映画『エクスペンダブルズ』(=消耗品軍団)最新情報を定期的にお届けします!

──────────────────────────────────


<シルベスター・スタローン × ドルフ・ラングレン来日決定!>
スタローンと、ドルフラングレンが、9月25日、26日に、来日決定。
スタローンの来日は、2008年5月『ランボー/最後の戦場』で来日して以来2年ぶり9回目。

日本の配給へ最終OKの返事が届く前に、本人がツィッターで、「日本に行くよ!楽しみ!」とつぶやいてしまうという事故も。
スタローンは、そのツィッターの中で、ジェイソン・ステイサム、ドルフ・ラングレンの3人で行く とつぶやきましたが、正式にドルフ・ラングレンと2人で、9月25日、26日の来日に決定しました。

9月26日(日)夕刻 に記者会見イベントを予定しております。

映画『エクスペンダブルズ』は、スタローン監督&主演作品の歴代1位のオープニング興収を記録し、全世界26カ国で 初登場1位、4週で全世界 150億円を稼ぎだした超大作!日本では10月16日公開。

──────────────────────────────────

作品概要
「エクスペンダブルズ」(= 消耗品軍団 )は、巨額の報酬で、どんな危険な仕事でも引き受ける傭兵部隊。腕に自信はあるが、お互いの過去も知らない7人の男たち。彼らが死んでも世間に知られることはない・・文字通り使い捨ての消耗品軍団だ。彼らのもとに、チャーチと名乗る謎の男から、南米の独裁軍事国家を壊滅させてほしいと仕事の依頼が入る。だが、彼らを待ち受けるのは、史上最も困難な死闘だった...!そして、屈強な軍隊との死闘の末に男たちが見つけたものとは!?アクション・オールスターたちによる夢の響宴!!全米を制覇した最強無敵の消耗品軍団が、日本を席巻する!監督、脚本、主演シルベスター・スタローンが贈る「ロッキー」「ランボー」シリーズを超える驚異のアクション超大作!!


─────────────────────────────────
  10月16日(土)全国超拡大ロードショー!   
─────────────────────────────────

■『エクスペンダブルズ』(原題:THE EXPENDABLES)※全米公開:8月13日
■監督、脚本、主演:シルベスター・スタローン
■出演:ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ランディ・クートゥア、テリー・クルーズ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス and アーノルド・シュワルツェネッガー

●映画『エクスペンダブルズ』
●10月16日(土) 全国超拡大ロードショー! 
●(C)2010 ALTA VISTA PRODUCTIONS,INC.



 スタローンもツイッターをやってるんですね。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/20(月) 00:16:33|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『マチェーテ』11/6(土)全国ロードショー!!

メイン画像

------------------------------------------------------------------------------------------------

クエンティン・タランティーノ製作
ロバート・ロドリゲス監督&脚本
映画『マチェーテ』

11月6日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー決定!!

------------------------------------------------------------------------------------------------

グラインドハウス』の偽の予告編が奇跡の映画化!!


傑作B級映画の中に出てきた予告編を、まさかの映画化!!
クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスが競作したB級映画へのトリビュート作品『グラインドハウス』の中に登場したことにより世界中で噂となった予告編。あくまで、映画の中の演出の一部として見られていたパイロット版的な映像が、なんとファンの熱い声援と元囚人の俳優、主演ダニー・トレホの執念により、この度大半の予想を裏切り奇跡的に映画化された!監督のロバート・ロドリゲスは、「グラインドハウス上映の際に流れた、偽の予告編に対する反響は大きかった。あの予告編を見た人たちから、あの映画は作るのか?とよく聞かれたよ。また、ダニー・トレホについても、「ダニーからはよく電話がかかってきたんだ。『今はもう多くの人たちが期待しているから、マジでこの映画を作らなきゃいけなくなった』ってね。2年間ずっと彼からの電話が鳴りっぱなしだったよ(笑)」まさに、映画好きによる映画好きの為に作られた、B級の中のB級映画!そして、常識外れの設定とキャラクターだらけ、世の中の悪を相手にスーパーアウトロー"マチェーテ"が44本のナイフで暴れまくる!

超B級映画という名の地獄の果てで、ハリウッドスターたちが悪夢の競演!
近年稀に見るアウトロー"マチェーテ"を演じるのは、ロドリゲス監督が映画史上最高に凄い顔の持ち主と大絶賛する、ダニー・トレホ。元服役囚であることや薬中、アル中であった彼の生々しい過去が、マチェーテをよりリアルにキャラクターに押し上げている!そして、この映画愛から生まれた超B級映画に、ハリウッドでも名高い数々の一流俳優がその想いに賛同して出演。移民を嫌う人種差別の米政治家、マクラフリン上院議員をロバート・デニーロ。移民関税執行局職員サルタナをジェシカ・アルバ。表向きはタコス売りの女戦士、ルースをミシェル・ロドリゲス。尼僧姿のマフィア娘のエイプリルをリンジー・ローハン。そして、上院議員下でうごめく麻薬王トーレスをスティーブン・セガール!そうそうたる顔ぶれが、超ド級のコミックを超えたラテンバイオレンス映画で、大真面目に演じているのも大注目だ!!


製作:クエンティン・タランティーノ
監督&脚本:ロバート・ロドリゲス
出演:ダニー・トレホ、ロバート・デニーロ、リンジー・ローハン、ジェシカ・アルバ、スティーブン・セガール他

------------------------------------------------------------------------------------------------
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
-----------------------------------------------------------------------------------------------



 上院議員下でうごめく麻薬王トーレスをスティーブン・セガール!…(笑)。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/19(日) 00:02:39|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ヴェネチア映画祭クロージング作品『テンペスト』、ヘレン・ミレンの迫力演技に喝采!



ソフィア・コッポラ監督作『SOMEWHERE』(原題)のグランプリ受賞となった第67回ヴェネチア映画祭は、11日ヘレン・ミレン主演によるシェイクスピア大作『テンペスト』(原題)をクロージング作品として上映後、大盛況のうちに幕を閉じました。

**********************************************************************

<会見コメント>

■監督:ジュリー・テイモア
オフ・ブロードウェイで演出して以来「テンペスト」に惚れ込んでしまった。シェイクスピアの戯曲はどれもとても豊かで、時代に限らず、監督・演者それぞれ個人的に解釈することができる。プロスペローを女性として描いたものは今まで作られていなかったように思ったし、新しい「テンペスト」が出現する余地があると思った。またシェイクスピアの中でも最も視覚的なところも魅力的な作品です。

■ヘレン・ミレン
シェイクスピアがきっかけで女優を目指すようになったくらい大好きなの。そのときはキャリバン(奴隷)の役だったけど(笑)。以前からプロスペローは女性が演じてもいいんじゃないかと思っていて、ジュリーと同じことを考えていました。今回は台詞がすべて頭に入った完璧な状態で臨まなければと思っていたので 2ヶ月間台本を片手に丸々頭に入れました。そんなの人生初めてで、自分にそんなことができるとは夢にも思わなかったわ!

**********************************************************************

(作品概要)
ナポリ王アロンゾー、ミラノ大公アントーニオらを乗せた船が大嵐に遭い難破、一行は絶海の孤島に漂着する。その島には12年前に弟アントーニオによって大公の地位を追われ追放されたプロスペラーと娘ミランダが魔法と学問を研究して暮らしていた。船を襲った嵐は、12年前の復讐をするために、プロスペラーが手下の妖精エアリエルに命じて用いた魔法の力によるものだった。シェイクスピア最後の作品であり最も想像力に満ちた「テンペスト」が執筆400周年を迎える2011年、主人公を女性に変えてに新たに蘇る!
(2010/英語/110分/シネスコ) (C)2010Miramax Films. All rights reserved.
監督・脚本:ジュリー・テイモア(「ライオンキング」『フリーダ』『アクロス・ザ・ユニバース』)/原作:ウィリアム・シェイクスピア/衣裳:サンディ・パウエル/出演:ヘレン・ミレン、トム・コンティ、デヴィッド・ストラザーン、ジャイモン・フンスー、アルフレッド・モリナ、ベン・ウィショー、ラッセル・ブランド、フェリシティ・ジョーンズ、リーヴ・カーニー、アラン・カミング、クリス・クーパー

2011年初夏、TOHOシネマズ シャンテにてロードショー!



 ヘレン・ミレンは上手いですからね。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/18(土) 23:09:35|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『キック・アス』日本公開決定


ブラッド・ピット(プロデューサー)×ニコラス・ケイジ
全米初登場No.1! 驚愕のスーパーヒーロー日本上陸!


 第3回したまちコメディ映画祭in台東の映画秘宝ナイト【9月16日(木)】日本プレミア上映では、チケット大好評につき完売、その期待度と関心の高さを見せつけた映画『キック・アス』が、とうとう日本で劇場公開されることが決定いたしました。

 業界内や劇場関係者からも注目度が高く、配給元(カルチュア・パブリッシャーズユニット)には問い合わせが相次ぎ、はやくもプリント増産の検討に入るなど、うれしい悲鳴となっております。

※海外版予告編はこちらから→ 海外版HP: http://kickass-themovie.com

[配給元:カルチュア・パブリッシャーズユニット 宣伝プロデューサー 泉真人 コメント]
「社内で劇場公開を決議した翌日に、どこから聞きつけたのか業界各社から問い合わせが殺到。このようなことは初めてで、異様なほどの注目度に度肝を抜かれています。業界内外の「キック・アス」ファンが積極的に宣伝をはじめられていて、配給元より情報が早い場合も多く、嬉しい悲鳴をあげています」

また劇場側の応援も熱く、ポスターを一刻も早く掲出したいとの要望から、急遽海外版のポスターを入手し、劇場に掲出されることとなりました。

特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙---
あるのは正義を愛する心だけ!


NYに住むデイブ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生。ある日、インターネットで買った自前のスーツとマスクで、自分も"DIYヒーロー"として街で活動を開始。何の特殊能力も持たない彼は、初出動のときにあっさり犯罪者にやられるが、その捨て身の活動がネットで話題になり"キック・アス"の名で一躍有名に。やがて高度な訓練を受けた美少女ヒーロー"ヒット・ガール"(クロエ・グレース・モレッツ)とその父"ビッグ・ダディ"(ニコラス・ケイジ)も仲間入りし、犯罪組織に立ち向かう!

全米初登場No.1!
新時代の等身大スーパーヒーロームービーが満を持して日本上陸!


監督は次回作"X-Men:First Class (原題)"も控えているマシュー・ヴォーン。プロデューサーにはブラッド・ピットが名を連ねる。出演は『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』で注目のアーロン・ジョンソン、『(500)日のサマー』のクロエ・グレース・モレッツが美少女ヒーローを熱演、そしてニコラス・ケイジがバットマン風コスプレで暴れまくる!
※ M.スコセッシの次世代ミューズ、"ヒット・ガール"のクロエ・グレース・モレッツの来日も予定しています。

[キック・アス 作品情報]
製作:マシュー・ヴォーン、ブラッド・ピット、クリス・サイキエル/監督:マシュー・ヴォーン/原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミータ・Jr/出演:アーロン・ジョンソン(『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』)、クロエ・グレース・モレッツ(『(500)日のサマー』)、クリストファー・ミンツ=プラッセ(『ヒックとドラゴン』)、ニコラス・ケイジ(『魔法使いの弟子』) 2010/アメリカ・イギリス/117分/シネマスコープ/ドルビーSR・SRD/R15+
原題:KICK-ASS/字幕監修:町山智浩/字幕翻訳:松崎広幸 配給:カルチュア・パブリッシャーズ
(C)KA Films LP. All Rights Reserved.
★日本版HP:www.kick-ass.jp

12/18(Sat)より、渋谷シネセゾン他全国順次ロードショー!



 ニコラス・ケイジも好きですね(笑)。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/17(金) 22:47:25|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『モンガに散る』12/18(土) シネマスクエアとうきゅう他全国ロードショー決定


『モンガに散る』
12/18(土) シネマスクエアとうきゅう他お正月全国順次ロードショー決定


アジアの巨匠(ジョン・ウー、ピーター・チャン、ホウ・シャオシェン)が、こぞって絶賛!
2010年9月現在、台湾映画として本年度最高動員記録を樹立!
第83回アカデミー賞外国語映画賞、台湾代表作品として選定決定!


2010年に公開された台湾映画として、本国台湾では最高動員数を記録し、第83回アカデミー賞外国語映画賞に台湾代表作品として選定された『モンガに散る』が、12/18(土)より、シネマスクエアとうきゅう他にてお正月全国順次公開する運びとなりました。

------------------------------------------------------------------------

イントロダクション:
1980年代、台北一の歓楽街・モンガ。商業の中心地として繁栄しながらも、黒社会の抗争が絶えないこの街を舞台に、極道の世界に染まっていく若者たちの友情と絆、そしてそれぞれに待ち受ける哀しい運命を、疾走感溢れる映像とエモーショナルな演出で描いた人間ドラマ『モンガに散る』。台湾では、2010年旧正月(2月5日)に公開され、初日興行収入が『アバター』を抜く大ヒットスタートを切り、台湾映画としては歴代1位を記録しました。また、本年度最高動員記録(2010年9月現在、台湾映画として)を樹立しており、第83回アカデミー賞外国語映画賞に台湾代表作品として選定されるなど、数々の快挙を成し遂げています。舞台となった実在の街・モンガ(現在は「万華」と称される)は一躍人気観光名所となり、昨年台湾でブームとなった『海角七号/君想う、国境の南』を超える社会現象を巻き起こした話題作です。監督は、『ビバ!監督人生!!』以来2作目となるニウ・チェンザー。主演は、人気ドラマ「ハートに命中100%」で大ブレイクを果たしたイーサン・ルアンと、ドラマ「ブラック&ホワイト」でF4のヴィック・チョウとダブル主演を務めたマーク・チャオという若手人気実力派俳優の2人。『モンガに散る』での演技が、ジョン・ウー監督やピーター・チャン監督に絶賛され、次回作へのオファーが検討されているほど。共演は、『海角七号/君想う、国境の南』のマー・ルーロンと『九月に降る風』のリディアン・ヴォーン、『一年之初』のクー・ジャーヤンと、ベテランから若手まで実力派俳優が顔を揃えております。

------------------------------------------------------------------------

STORY:
1986年、台北一の歓楽街・モンガは、商業地区として繁栄する裏側で、多くの極道組織がひしめき合い縄張り争いを繰り広げる、抗争の絶えない街であった。この街に、母親と引っ越してきた高校生の"モスキート"は、転校初日に些細なことからクラスの不良グループに因縁をつけられる。放課後、待ち伏せしていた不良グループに追いかけられるモスキートの様子を偶然目にしたのは、モンガで一番の権力を握る極道、廟口(ヨウカウ)組の親分の一人息子で校内勢力を仕切っている"ドラゴン"と、彼の率いるグループだった。たった1人で不良グループと奮闘するモスキートを気に入ったドラゴンは、彼を仲間に迎え入れる。極道の世界に戸惑いつつも、生まれて初めて出来た友達とケンカに明け暮れながら、モンガの街で青春を謳歌していくモスキート。幼い頃から一目置かれる存在のドラゴンと、ドラゴンの幼馴染で頭の切れる影のリーダー"モンク"、お調子者の"アペイ"、腕っ節の強い"白ザル"。いつしか5人は義兄弟の契りを交わし、固い絆で結ばれていく。彼らにとって、このモンガの街、そして義兄弟がすべてだった。
そんな中、街の利権を狙う新たな勢力がモンガに乗り込みはじめる。それをきっかけに、モンガの街に大きな抗争の波が押し寄せる。激しい抗争と陰謀に巻き込まれたモスキートたち5人は、それぞれの想いを抱えながらも、この街を守ろうと戦っていた。しかし、この戦いは、やがて彼らに哀しい運命をたどらせていく・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ジョン・ウー監督
「イーサン・ルアン、マーク・チャオの自然でリアルな演技が素晴らしい!」
★ピーター・チャン監督
「イーサン・ルアンの演技にスターの誕生を感じた」
★ホウ・シャオシェン監督
「ニウ・チェンザー監督は今後10年の台湾映画界を担う監督になるだろう」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

監督:ニウ・チェンザー
出演:イーサン・ルアン、マーク・チャオ、マー・ルーロン、リディアン・ヴォーン、クー・ジャーヤン
2010年/台湾/141分/原題:MONGA/字幕翻訳:税田春介
(c)2010 Green Days Film Co. Ltd. Honto Production All Rights Reserved.
提供:ハピネット/ブロードメディア・スタジオ
配給:ブロードメディア・スタジオ

12/18(土) シネマスクエアとうきゅう 他 お正月全国順次ロードショー



 東京国際映画祭で一足先に上映されるようですね。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/16(木) 22:35:33|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネチア映画祭グランプリ受賞!ソフィア・コッポラ『SOMEWHERE』審査員満場一致の快挙!


ソフィア・コッポラ最新作

『SOMEWHERE』
第67回ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門
"審査員満場一致"の金獅子賞受賞!!


この度、東北新社配給作品、ソフィア・コッポラ監督最新作『SOMEWHERE』(原題)が、9月1日~11日まで開催された第67回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門でグランプリにあたる金獅子賞を受賞しました。

公式上映時より地元イタリアメディアを中心に高い評価を得ていた本作は、審査委員長クエンティン・タランティーノ以下審査員の心を強く掴み、満場一致による金獅子賞受賞が決定しました。

■審査委員長クエンティン・タランティーノのコメント:審査員満場一致で(金獅子賞に)決定した。我々は最初の試写から「SOMEWHERE」に魅了されてしまった。審査員と他の作品の話をしていても、「SOMEWHERE」に立ち戻ってしまった。(金獅子賞を与えるにあたって)我々の求めていた芸術性を感じた。ソフィアにこの賞を渡せることを嬉しく思う、と賛辞を述べた。

■ソフィア・コッポラ監督の受賞コメント:信じられない!!誇りに思います。受賞は、この作品がより多くの人へ届く助けになります。(父である映画監督フランシス・フォード・コッポラに対し、)私に映画作りを教えてくれたことを感謝しています。ありがとう。
また、「現代のロサンジェルスを舞台にした親密な作品」と自ら位置づける本作の受賞によって、「このような小規模なパーソナルな映画が増えると嬉しい」と述べた。

ヴェネチア映画祭でプレミア上映された後、数々の賞レースを席巻しアカデミー賞脚本賞を受賞した前々作「ロスト・イン・トランスレーション」(03)同様、本作の今後の賞レースの行方にも大きな注目が集まる。アメリカ公開は12月22日。

**********************************************************************

日本中の女性を虜にした『マリー・アントワネット』から4年、ソフィア・コッポラ待望の新作はアカデミー賞脚本賞に輝いた『ロスト・イン・トランスレーション』以来のオリジナル・ストーリー。
舞台は、ハリウッド伝説のホテル"シャトー・マーモント"。
孤独を抱えるハリウッド俳優が、離れて暮らす一人娘との触れ合いによって自らの人生を見つめ直す感動のドラマ。


タブロイド紙を頻繁に賑わす俳優ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、ハリウッドにある伝説的なホテル、シャトー・マーモントで暮らしている。フェラーリを乗り回し、ホテルで一緒に過ごす女性にも事欠かないが、孤独を抱えて生きている。そんな中、別れて暮らす11歳の娘クレオ(エル・ファニング)が、不意にシャトーに現れる。クレオと過ごす日々によってジョニーは自分の人生を見つめ直し始めるが・・・。

**********************************************************************

監督・脚本:ソフィア・コッポラ 『マリー・アントワネット』『ロスト・イン・トランスレーション』(第76回アカデミー賞脚本賞受賞)
撮影監督:ハリス・サヴィデス プロダクション・デザイン:アン・ロス 音楽:フェニックス
出演:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス
2010年/カラー/ビスタ/98分 (C) 2010 - Somewhere LLC

オフィシャルサイト:www.somewhere-movie.jp/

2011年4月2日(土)、新宿ピカデリー他全国ロードショー



 満場一致とは…ちょっとびっくり!

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/15(水) 12:09:32|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲキ×シネ「蛮幽鬼」公開決定

メイン画像

演劇雑誌「えんぶチャート2009」作品部門第1位!
連日スタンディングオベーションが巻き起こった伝説の舞台が、ゲキ×シネ最新作で登場!

ゲキ×シネ「蛮幽鬼」10月2日(土)公開決定

上川隆也、堺雅人主演のゲキ×シネ最新作・劇団☆新感線『蛮幽鬼(ばんゆうき)』が、10月2日(土)より公開・全国ロードショーが決定しました!圧倒的な動員数を誇り、エンターテインメント界のトップを走り続ける《劇団☆新感線》に、上川隆也、堺雅人に加え、稲森いずみ、早乙女太一ら豪華キャストが集結した舞台『蛮幽鬼』は、昨年夏に東京・大阪で上演され連日超満員、毎公演スタンディングオベーションが巻き起こり伝説となった舞台。演劇雑誌【演劇ぶっく】が実施した人気投票「えんぶチャート2009」では作品部門で第1位、俳優部門では、1位に上川隆也、2位に堺雅人が並ぶなど、まさに2009年度最高の舞台と言っても過言ではありません。
その話題の舞台が、演劇の映像を映画館で見る《ゲキ×シネ》としていよいよ全国の映画館に登場!最新のデジタル技術で大胆かつ細かな部分にもこだわり、舞台とはまた違う迫力と興奮、そして新たな感動が味わえる《ゲキ×シネ》となりさらにスケール感がアップ、物語に渦巻く人間の業を深くえぐり出す壮大なドラマをぜひお見逃しなく!

闇の友が囁く――復讐の道を進めと。その終わり無き荒野へと続く道を。
遠い昔。ようやくひとつの政権で統治され始めた島国・鳳来(ほうらい)の国にまつわる物語。
無実の罪で監獄島に幽閉された《伊達土門》(だてのどもん)。10年の歳月が流れてもなお、濡れ衣を着せた者たちへの復讐を生きる糧にしている。監獄島の奥深くに捕らえられていた《サジと名乗る男》の力を得て脱獄、復讐への道を着実に歩む土門の前に立ちはだかったのは、かつて将来を誓った女、《美古都》(みこと)だった。
友の無念を晴らすことに命を掛ける復讐の鬼、伊達土門(だてのどもん)【上川隆也】
土門への愛を秘めながら国を立て直そうとする妃、美古都(みこと)【稲森いずみ】
美古都への忠誠心に生きる舞の名手であり剣の達人、刀衣(とうい)【早乙女太一】
解放の引替えに土門の復讐への協力を誓った謎の殺し屋、サジと名乗る男【堺雅人】
土門の復讐は果たされるのか――
サジと名乗る男は一体何者なのか――
美古都の心の奥底に秘めた想いとは――

[作] 中島かずき[演出] いのうえひでのり
[出演] 上川隆也 稲森いずみ 早乙女太一/橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと/山内圭哉 山本亨 千葉哲也/堺雅人
[料金]前売券2,000円当日一般券2,500円当日学生小人券1,800円※6/12(土)各種プレイガイド・上映館にて発売

2010年/日本/182分映像製作/イーオシバイ配給/ヴィレッヂティ・ジョイ舞台製作/松竹著作/松竹ヴィレッヂ
http://banyuki.com/

10月2日(土)新宿バルト9、梅田ブルク7他全国公開



 話題の舞台が手軽に観られるのは素晴らしいことです。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/14(火) 23:59:50|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新作3D映画『スマーフ』2011年9月ロードショー

[高画質で再生]

「スマーフ」予告動画

------------------------------------------------------------------------------------------------

『スマーフ』
2011年9月ロードショー
http://www.smurf-movie.jp/

---------------------------------------------------------------------------------------------

【作品紹介】

世界中で愛される小さな青い妖精が
3D映画として登場!!


ベルギーで漫画として生まれ国民的人気キャラクターとなり、ドイツ、フランスなどヨーロッパ各国にもその人気が広まり、海を越えたアメリカではアニメキャラとなって爆発的人気を得た、小さな青い妖精スマーフ。世界中で愛さるスマーフが3D映画のキャラクターとなって大画面に登場する!

スマーフたちは、森の奥深くの不思議な村で人知れず住んでいたが、凶悪な魔法使いガルガメルに村を追い出され、人間の世界に落っこってきた!しかもそこはニューヨークセントラルパークのど真ん中!!スマーフたちはガルガメラの追跡をかわしながら、人間の世界で大冒険を繰り広げる。期待の3Dハイブリッド・ライブアクション(実写とアニメの合成3D)で描く2011年最大にして最高に楽しいファミリーエンタテインメントがついに登場!!

■監督:ラージャ・ゴスネル『ビバリーヒルズ・チワワ
■出演:ニール・パトリック・ハリス『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』、ジェイマ・メイズ「HEROES/ヒーローズ」、ソフィア・ヴェルガラ『ロード・オブ・ドッグタウン』、アントン・イェルチン(声の出演)『ターミネーター4』ほか
■原題:THE SMURFS
■日本公開:2011年9月ロードショー



------------------------------------------------------------------------------------------------
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
-----------------------------------------------------------------------------------------------



 来年秋かぁ…。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/13(月) 12:49:23|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『バーレスク』クリスティーナ・アギレラ初主演、12/18全国公開

[高画質で再生]

「バーレスク」予告動画

------------------------------------------------------------------------------------------------

『バーレスク』

12月18日(土)より、丸の内ルーブルほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.burlesque.jp/

---------------------------------------------------------------------------------------------

世界中を魅了するスーパー・アーティスト
クリスティーナ・アギレラ初出演映画『バーレスク』予告解禁!!


全世界トータル・セールス3000万枚、グラミー賞4部門受賞歴を誇り、6月にリリースした最新作『バイオニック』も世界中で大ヒットを続けるクリスティーナ・アギレラと、オスカー&グラミーW受賞で映画界、音楽界の頂点を極めたシェール。ショウビズ界の新旧ディーヴァの豪華共演で早くも話題を呼んでいる映画『バーレスク』(12月18日公開)の予告編が解禁された。

予告編では、ビデオクリップなどで見せるセクシーさやパワフルさよりも、田舎町で大都会に憧れ、華やかなバーレスク・クラブのステージを夢見る一途でピュアなアギレラが映し出されている。自信なくステージに立つシーンに、いつもの堂々とした彼女の姿はないが、一度その歌声を披露するとバーレスクの空気が一転。驚きと共に、彼女の世界が広がっていく。その様子に、観客の心もアギレラの世界へ引き込まれていく―。「私は完璧主義者。ミュージシャンとしての自分は、いかに自分のすべてを出し切って表現するかにかかっているが、女優の仕事はその逆。いかに素の自分を抑えて、役になりきるかということ」と、アギレラが語るとおり、彼女の新しい女優としての才能を充分に感じられる予告編になっている。
また、他のキャストから群を抜いて、その存在感に圧倒されるシェールとの共演シーンも見ごたえがある。シェールがパフォーマンスを披露するシーンはわずかしか見ることができないが、ステージに立つことの教えをアギレラにぶつけるシーンでは、シェールだからこその説得力と迫力が感じられる。

この予告編に合わせ、アギレラ自身の最新オリジナル作『バイオニック』からのセカンド・シングル「ユー・ロスト・ミー」のビデオクリップもGyaO!(http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v09614 /v0993900000000542087/)にて解禁。

■バーレスク・クラブ、それはセクシーなダンサーたちがゴージャスなショーを繰り広げる大人のためのエンタテインメントクラブ。アリ(クリスティーナ・アギレラ)は歌手になる夢を追いかけて、テス(シェール)が経営するロサンゼルスのバーレスク・クラブで働きはじめる。やがてアリの抜群の歌唱力と突出したダンスの才能が話題となり、クラブは大盛況を極めていく―。
この冬、最高にセクシーでゴージャスなエンタテインメント傑作が遂に日本上陸!!

■映画『バーレスク』
監督:スティーブ・アンティン
出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチほか
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
日本公開:12月18日(土)より丸の内ルーブルほか全国ロードショー

■ニュー・アルバム『バイオニック』 発売中
SICP2604 スペシャル・プライス\2,310(税込)
全23曲収録/20Pブックレット/スペシャル・レンティキュラー仕様(立体視覚特殊ジャケット)

■オリジナル・サウンドトラック『バーレスク』 12月8日発売
12月8日発売
SICP2933 \2,520(税込) 初回盤のみオリジナル特典封入予定


------------------------------------------------------------------------------------------------
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
-----------------------------------------------------------------------------------------------



 かなり期待してもいいですか?

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/12(日) 11:36:51|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『デイブレイカー』初日 11/27(土)決定!!

メイン画像

ブロードメディア・スタジオ配給作品『デイブレイカー』の初日が、11月27日(土)に決定いたしました。新宿バルト9ほか全国公開となります。
-----------------------------------

絶滅寸前の人類に希望はあるのか―
西暦2019年、人類の大半がヴァンパイアと化した世界。
旧来の"人間"は捕獲・管理されていた―


ヴァンパイアが世界を支配し、人間が絶滅の危機に瀕した近未来を描く、
革新的SFアクション・スリラー

兄弟監督ピーター&マイケル・スピエリッグは、舞台を2019年という近未来に設定し、ヴァンパイアが圧倒的なマジョリティとなった社会を描くという大胆な発想で、斬新な映像世界を創り上げた。かつての地球の支配者たる人間は無力な"絶滅危惧種"に落ちぶれており、ある者はヴァンパイアに血を捧げるために飼育され、またある者は野に身を潜めてひっそりと生きながらえている。これまでの人間とヴァンパイアのパワー・バランスが完全に逆転した近未来世界を、常識破りのオリジナリティで映像化したSFアクション・スリラーが『デイブレイカー』である。


ヴァンパイアへの血液供給源として、人間が捕獲・管理される社会。
これは人類が行き着く未来なのか―

西暦2019年。かつて世界中を襲った疫病により、人類の大半はヴァンパイアへと変貌していた。知性を備えたヴァンパイアたちは、注意深く太陽光線を避けながら新たな生活秩序を構築したが、すぐさま深刻な社会問題が持ち上がる。ヴァンパイアへの食糧供給源である旧来の人間が全人口の5%にまで減少し、血液が枯渇し始めたのだ。ヴァンパイアでありながら人間的な良心を保つ血液研究者エドワード(イーサン・ホーク)は、絶滅寸前の人間を救う為、巨大製薬会社で代用血液の開発を急いでいた。一方、レジスタンス組織のメンバーであるコーマック(ウィレム・デフォー)は、逃亡中の人間たちの保護活動を行っていた...。

希少な血液を巡り、各地で暴動が起き、混乱する社会。
人間を狩る者、人間を守る者、そして、生き残った数少ない人間たち。
人類はこのまま滅びてしまう運命なのか―

-----------------------------------

第23回東京国際映画祭特別招待作品

監督:ピーター・スピエリッグ、マイケル・スピエリッグ 
出演:イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、イザベル・ルーカス、サム・ニール    
2008年/オーストラリア・アメリカ/カラー/シネマスコープ/DTS・SDDS/字幕翻訳:松浦美奈/上映時間:98分/原題:DAYBREAKERS/R-15
提供:ポニーキャニオン、ブロードメディア・スタジオ
配給:ブロードメディア・スタジオ   
www.daybreakers-movie.jp
© 2008 Lionsgate and Paradise Pty Limited, Film Finance Corporation
Australia Limited and Pacific Film and Television Commission Pty Limited. 

11/27(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー



 一足先に東京国際映画祭で観られるかな?

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/11(土) 10:06:23|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネチア映画祭で喝采!ソフィア・コッポラ最新作『SOMEWHERE』ワールド・プレミア

ヴェネチア映画祭フォトコール
(C)Kazuko WAKAYAMA

9月1日より開催中のヴェネチア映画祭にて、ソフィア・コッポラ監督作『SOMEWHERE』の公式記者会見が9月3日(金)13時より行われ、ソフィア・コッポラ、主演のスティーヴン・ドーフ、エル・ファニングが登壇しました。

ワールド・プレミアとあって会見にはプレス・スクリーニングを終えた世界各国のプレスが多数参加。
ソフィア・コッポラは、幼いころよりよく訪れていたイタリアの地でワールド・プレミアできることを幸せに思うと、感慨を述べた。

その他主なコメントは下記の通り。

■『SOMEWHERE』制作のきっかけについて:
「幼い頃から暮らしていたロサンジェルス(現在はパリ在住)での思い出を、現代で再現してみたかった。」

■『ロスト・イン・トランスレーション』(03)に続き高級ホテル"シャトー・マーモント"を舞台にしたことについて:
「子供の頃、父(フランシス・F・コッポラ)の撮影に同行してよくホテル暮らしをしていたから、その頃の経験が生きているわ。」

■脚本執筆時から俳優ジョニー・マルコ役にイメージしていたという主演のスティーヴン・ドーフについて:
「すごく才能ある俳優であると同時に、暖かいハートの持ち主なのよ。だから彼とエル・ファニングのシーンに暖かさが生まれてきたのだと思うわ」と絶賛。

■絶賛を受けたスティーヴン・ドーフ:
「今の自分にぴったりな作品だとおもったし、ソフィアから何かを学びたかった。ソフィア、エルとの仕事はとても楽しくて、撮影が終わったときはとても淋しくなったよ」と撮影を振り返った。


また、会見中海外プレスから、「現代社会の中の孤独感や、悲劇を見事にとらえたこのようなすばらしい作品を作ってくださったことを心から感謝します。」と熱い感想が述べられ、満員の場内で大拍手が巻き起こる一幕もあった。

同日、19時半より行われた公式上映では満員の観客から大喝采を浴びた。

現地メディアでは作品のみならず、主演スティーヴン・ドーフの評価も高く、受賞の期待がかかっている。

**********************************************************************

【作品データ】
『SOMEWHERE』(原題)
日本中の女性を虜にした『マリー・アントワネット』から4年、ソフィア・コッポラ監督待望の最新作、ついに公開!
ハリウッド伝説のホテル"シャトー・マーモント"を舞台に、ハリウッド俳優ジョニー・マルコと、娘クレオと心の交流を描いた感動作!

【STAFF&CAST】
監督・脚本:ソフィア・コッポラ 『マリー・アントワネット』『ロスト・イン・トランスレーション』(第76回アカデミー賞脚本賞受賞)
撮影監督:ハリス・サヴィデス プロダクション・デザイン:アン・ロス
音楽:フェニックス
出演:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス
2010年/カラー/ビスタ/98分 (C) 2010 - Somewhere LLC

**********************************************************************

2011年4月2日(土)、新宿ピカデリー他全国ロードショー!



 ロスト・イン・トランスレーションは観てないんですよね。どこか上映してくれませんかね?

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/10(金) 12:10:12|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2週連続、全米1位!スタローン監督最新作『エクスペンダブルズ』

場面画像

映画『エクスペンダブルズ』
全米2週連続の首位!
イギリス、フランスでも初登場1位で全世界を席巻中!
スタローン率いる消耗品軍団の勢いが止まらない!!


シルベスター・スタローン監督、脚本、主演の最新作
映画『エクスペンダブルズ』(=消耗品軍団)最新情報を定期的にお届けします!

──────────────────────────────────

〔 消耗品TOPICS ─その1─ 2週連続、首位!!〕

8月13日に全米公開された映画『エクスペンダブルズ』(原題:THE EXPENDABLES)が、8月20~22日の週末3日間の興行収入ランキングで、1650万ドル(約14億円)を記録し、2週連続首位に!公開から10日間で6,536万ドル(約58億8,240万円)となりました。スタローンの監督作、主演作のオープニング記録を塗り替え、歴代最高の大ヒット作となったことで、全米ではスタローンフィーバーが巻き起こっています。さらに、8月18日に公開されたイギリス、フランスのランキングでも初登場1位!先日には、ニューヨーク証券取引所で取引開始のベルをスタローン、ジェイソン、ラングレン、テリー・クルーズで鳴らしたかと思えば、証券取引所でテリー・クルーズがまさかの脱衣!株価にも影響があったとかなかったとか。還暦(64)オーバーの現役アクションスター兼監督の復活劇に、確実に株価は上がっていると思われます!!

参考URL http://www.timewarp.jp/gossipscoop/2010/08/24/25377/

──────────────────────────────────

〔 消耗品TOPICS─その2─公式HPリニューアル!!〕

映画『エクスペンダブルズ』日本版公式HPが、リニューアルしました!
最新情報など続々UPして参ります。ぜひご覧ください。
さらに、公式ツイッターも開始!ぜひ、フォローください。

●公式URL:http://www.expendables.jp/
●ツイッターアカウント:expendables_mov

──────────────────────────────────

〔 消耗品TOPICS─その3─今年一番の最高傑作!!〕

先日行われたマスコミ完成披露試写会では、松竹の女子社員で結成したエスペガールズたちによるお出迎えもあり、盛況のうちに終えることができました。エクスペガールズは、皆様のご要望に応じて今後も出撃いたします!お越しいただいた皆様ありがとうございました。

──────────────────────────────────

★★★★ 今週のエクスペンダブルズな一言! ! ~SLY名言集より~★★★★

他人を救うことが、人間を人間的な存在にしている証なんだ。
自分のことを守るのは当たり前。それは「ナチュラル」だ。
だが、他の人間を救うこと、それこそが「スーパーナチュラル」なんだ!

──────────────────────────────────

作品概要
「エクスペンダブルズ」(= 消耗品軍団 )は、巨額の報酬で、どんな危険な仕事でも引き受ける傭兵部隊。腕に自信はあるが、お互いの過去も知らない7人の男たち。彼らが死んでも世間に知られることはない・・文字通り使い捨ての消耗品軍団だ。彼らのもとに、チャーチと名乗る謎の男から、南米の独裁軍事国家を壊滅させてほしいと仕事の依頼が入る。だが、彼らを待ち受けるのは、史上最も困難な死闘だった...!そして、屈強な軍隊との死闘の末に男たちが見つけたものとは!?アクション・オールスターたちによる夢の響宴!!全米を制覇した最強無敵の消耗品軍団が、日本を席巻する!監督、脚本、主演シルベスター・スタローンが贈る「ロッキー」「ランボー」シリーズを超える驚異のアクション超大作!!

─────────────────────────────────
  10月16日(土)全国超拡大ロードショー!   
─────────────────────────────────

■『エクスペンダブルズ』(原題:THE EXPENDABLES)※全米公開:8月13日
■監督、脚本、主演:シルベスター・スタローン
■出演:ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ランディ・クートゥア、テリー・クルーズ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス and アーノルド・シュワルツェネッガー
 
●(C)2010 ALTA VISTA PRODUCTIONS,INC.



 何やら,コメディであるという噂も…(笑)。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/09(木) 12:47:04|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画『さらば愛しの大統領』地元・大阪にて"世界のナベアツ"が、関西の皆さまを100%(パー)アホにするマニフェスト、関西1週間先行上映を宣言しました!!

場面画像

11月6日(土)より公開となる、究極のお笑いのギャグ・エンタテイメント"『さらば愛しの大統領』。
宮川大輔&ケンドーコバヤシを主演に迎え、"ノバウサギ"・ジョージア"「明日があるさ」"などのCMを監督、CM・PV界で活躍する柴田大輔と世界のナベアツが共同監督をしました。

この度、本作の監督でもあり、大阪合衆国の初代大統領を演じております"世界のナベアツ"が、先日行われました東京に続き、地元・大阪での完成披露試写会に登壇しました。

そこで、世界のナベアツから、関西の皆さまに向けて、一足早い、10/30(土)から先行上映することを宣言しました。 元気のない日本に地元・関西から、「笑い」を発信し、「笑い」でみんなを明るく幸せにする!!と強く意気込んでおりました!

キャスティングから製作までのオモローエピソードなど、世界のナベアツトークに会場内は爆笑の連続!
また、大阪都構想計画を推進している橋本大阪府知事にだけには見られたくない!と言いつつも、関西の皆さまには背もたれを使って、ダラーっと、何も考えずに見て下さい!と強く薦めておりました。

イベント:『さらば愛しの大統領』完成披露試写会 
日程:9月1日(水)19:00~19:20(20分間)
場所:梅田ブルク7 大阪市北区梅田1-12-6
登壇:世界のナベアツ 監督、串かっちゃん

(MC:大阪の皆さまに一言ご挨拶をお願いします。)
世界のナベアツ:
「ただいま~笑!!」(会場内から「おかえり~」の声!)
「この度、とってもアホな映画が出来上がりました!寝ころんでみたい映画ランキングがあれば、第1位まちがいなしでございます!アホな映画なんで、みなさん是非、鼻を垂らして、お楽しみ下さい!」

(MC:「地元・大阪での完成披露ですが、監督としては、どんな感じですか?」)
世界のナベアツ:
「感無量です。これで、いつでも胸張って、大阪に帰って来れるなって思います。大阪が大好きですし、今日もこんなにも多くの人が来てくれるなんて本当に嬉しいです。」
「あれですよね、みなさん抽選で当たったみたいということなんですよね?さくらとかいないですよね?(会場内爆笑)それでも、メッチャ嬉しいです」


(MC:「ダブル監督という事ですが、役割分担は明確にあったのですか?」)
世界のナベアツ:
「はっきりとは決まってないんですけれども・・・・・・友情あり、ライバル関係でもあるというか、わかりやすくいうと僕がキティちゃんで、柴田監督がケロッピーであるという感じです。(会場内大爆笑)」

(MC:「タイトルがとてもスケールが大きかったんですが、、、」)
世界のナベアツ:
「見る前ですけど、結構お金がかかっているんです。本当に楽しんでください。B級映画と思いがちかもしれませんが、そんなことございません。」

(MC:「ワイヤーアクションとかCGとかもありましたよね?」)
世界のナベアツ:
「ナイスアシストですね!バイキング料理的に色んな味楽しめますよ~的な映画に仕上がっております。串かっちゃんも活躍するんで!」

(MC:「4体のキャラクターを考えたのはナベアツ監督ですか?」)
世界のナベアツ:
「そうです、4体いるんですが、一番かわいいのが、串かっちゃんなんですけど。 
 (隣の串かっちゃんを指さしながら)串かっちゃんはエースです!」

(MC:「吉本の芸人さん勢揃いででますが、キャスティングは監督が考えたんですか?」)
世界のナベアツ:
「そうです。適材適所といいますか、この役はこの人が似合うという感じで、お願いしていきました。」



(MC:「豪華俳優がでておりますが、いかがでしたか?」 )
世界のナベアツ:
「みなさん、よーやってくれはったってぐらい、アホなことやってくれました。笑。」

(MC:「おもしろエピソードなどありますか?」
世界のナベアツ:
「前田吟さんが警察の所長役なんですが、僕が挨拶しにいったら、警察の制服を着はって、ちょびヒゲをかいてあったんです。前田吟さんが、『僕、ここにヒゲつけようとおもうんだけど、どうかな?』ってよかれと思って、プレゼンしてくれたんです。吟さん、少しお年を召しているから、吟さんの中ではコメディ映画=チャップリンがあるんでしょうね?ちょびヒゲがおもしろすぎて、逆に、「僕も大輔さんもコバもヒゲなんで」ってお断りするのきつかったんですよ。「ちょっとなしで」って伝えた時の前田吟さんの悲しい顔といったらありませんでした。(会場内大爆笑)

(MC:「改めて、大阪の街に感じることはありますか?」)
世界のナベアツ:
「他の地方では見られない様な人種がね、出て来るんですよ。
今日新大阪からなんばまでタクシーで行ったんですけど、地べたに座ってるおばちゃんを3人みたんですよ。大阪やな~っておもって。こんな大阪しか見られへんよな~と思って。
唯一無二といいますか、大阪の独特な空気・あったかさが大阪にはあんねんな、って思いました。
大阪のみなさんからこの映画を盛り上げて、味方になってもらわないといけないという感じなのですが・・・。」


(MC:「それでは本日、世界の大統領役でも今日お越しいただいてるので、皆さまに第1弾のマニフェストを掲げてもらえればと思うんですが・・・」

初代ナベアツ大統領宣言:

「関西は1週前より先行公開します!!」

「10月30日(土)関西2府4県は関西を舞台にしてる映画、大阪に人に元気になってほしいという気持ちをこめて、先行上映することにしました!」

(MC:「いいんですか?」)
初代ナベアツ大統領:
「細かいことは任せて、僕がやるといったら、やります。これは恐怖政治だと思ってくれていいので!笑1週早く、関西の方見て下さい。よろしくお願い致します。」

(MC:「橋下知事も大阪都構想をやっているんで、みてもらいたいですか?」)
初代ナベアツ大統領:
「橋下さんだけには見てもらいたくないですね、そんなアホなっていわれるから!笑」

(MC:最後に一言お願い致します。)
世界のナベアツ:
「今僕、東京に住んでるんですが、聞こえてくる話は、大阪が元気ない、という話ばかり、なんか暗い顔でおるって聞くんで、何にも考えず、見て、ちょっと元気になってもらえたらと思っております。ぜひ、何にも考えんと見てください。今日見に来てくれた方はだらーとしてください。映画が始るまえから、だらーっとしてる人が30人いますけれども、その時点ではさみしいですけれども、背もたれをものすごい使って、みてください。見終わったあとに、お友達同士で、好きなキャラクターとかシーンとか話して下さい。(串かっちゃんに向かって)こびうらない~!(笑)本当にありがとうございました。」

≪Story≫
独立国家宣言をした世界のナベアツが、大阪合衆国初代大統領に就任!そんな時、謎の大統領暗殺予告が届く。大阪府警捜査一課随一のアホコンビ、早川刑事(宮川大輔)と番場刑事(ケンドーコバヤシ)が暗殺犯の捜査に乗り出すが・・・・次々現れる暗殺犯!操る謎の組織とは!?
隠された陰謀とは何か!?二人の刑事は、大統領を守ることができるのか?合衆国に未来はあるのか?



出演:宮川大輔 ケンドーコバヤシ 世界のナベアツ・吹石一恵・大杉漣 前田吟・宮迫博之・仲村トオル・釈由美子
監督:柴田大輔 世界のナベアツ 製作:吉本興業 アスミック・エースエンタテインメント 電通 オズ KDDI
製作プロダクション:オズ/配給:アスミック・エース 2010年日本/カラー/87分/ヴィスタサイズ/ドルビーSR
(C)2010「さらば愛しの大統領」製作委員会 

10月30日(土)関西先行ロードショー
11月6日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー



 10月30日は東京国際映画祭最終日。本作も映画祭で上映されるんでしょうか?

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/08(水) 12:34:26|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【東京国際映画祭】アジアの風 - 台湾新世代映画特集決定!!

4枚目の似顔絵

台湾電影ルネッサンス2010~美麗新世代 / 台湾新世代映画特集決定!!

10月23日(土)~31日(日)に開催致します第23回東京国際映画祭(以下TIFF)の“アジアの風”において、特集上映をすることとなりました。ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤン、ツァイ・ミンリャンらによる黄金期を経て、一時低迷状態にあった台湾映画が急速に復興の兆しを見せている今、第18回東京国際映画祭で好評を博した【台湾:電影ルネッサンス】が5年ぶりに東京国際映画祭に帰ってきます!!現在世界の映画界から熱い注目を浴びる選りすぐりの新作を【台湾電影ルネッサンス2010~美麗新世代】としてお届けいたします。

--------------------------------------------------------------------------------

第23回東京国際映画祭 アジアの風
「台湾電影ルネッサンス2010~美麗新世代」ラインアップ一覧
共催:台北電影委員会、行政院新聞局、台北駐日経済文化代表處

■『4枚目の似顔絵』(2010年)
原題:第四張畫 英題:The Fourth Portrait
監督:チュン・モンホン(鍾孟宏)
出演:ビー・シャオハイ、ハオ・レイ、レオン・ダイ
父の死後、再婚した母に引取られた10歳のシャンには孤独な未来が待ち受けていた。
彼は絵を描くことに慰めを見出していくのだが・・・
台北映画祭のオープニングを飾った注目作。

■『ジュリエット』(2010年)★オムニバス作品
原題:茱麗葉 英題:Juliets            
①監督:ホウ・チーラン(候季然)
 出演:ビビアン・スー、ワン・ポーチエ       
②監督:シェン・コーシャン(沈可尚)
 出演:リー・チエンナー、ホワン・ホー
③監督:チェン・ユーシュン(陳玉勳)
 出演:カンカン、リャン・ハーチュン
3話オムニバス、日本でも人気のビビアン・スー主演作品や、『熱帯魚』のチェン・ユーシュン監督の復活作にも注目。


■『風に吹かれて~キャメラマン李屏賓(リー・ピンビン)の肖像』(2009年)
原題:乘著光影旅行 英題: Let the Wind Carry Me
監督:クワン・プンリョン(關本良)、チアン・シウチュン(姜秀瓊)
出演:リー・ピンビン(李屏賓)
台湾出身の名撮影監督リー・ピンビンと彼の仕事に迫ったドキュメンタリー。
ホウ・シャオシェン監督やウォン・カーウァイ監督作品から日本の行定勲監督、是枝裕和監督の作品にいたるまで名匠の仕事に密着。台北映画祭のグランプリに輝いた最新作。

■『台北カフェ・ストーリー』(2010年)
原題:第36個故事 英題: Taipei Exchanges
監督:シアオ・ヤーチュアン(蕭雅全)
出演:グイ・ルンメイ、チャン・ハン、リン・チェンシー
ドリスが経営するカフェは妹がはじめた“物々交換”が話題になって毎日沢山の人がやってくる。
ある日、一人の男性があるものを持ってきてドリスの人生に変化が訪れるのだが・・・
藍色夏恋』のグイ・ルンメイ主演のラブリーな最新作。

■『ズーム・ハンティング』(2010年)
原題:獵豔 英題:Zoom Hunting 
監督: チュオ・リー(卓立)
出演: チャン・チュンニン、チュウ・チーイン、ウェン・シェンハオ
写真家と探偵小説家の姉妹。ひょんなことから妹が向かいのマンションの一室で情熱的にセックスをしている
カップルの姿を写真に撮る。しかし、数日後その女性がほかの男と結婚していたことを知り妹はそのカップルを観察し始める・・・TV「ザ・ホスピタル」のチャン・チェンニン主演作。


--------------------------------------------------------------------------------
<東京国際映画祭に関するお問い合わせ先>
tiffinfo2010@tiff-jp.net



 台湾映画の今を知ることができる嬉しい特集です!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/07(火) 18:39:01|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『戦火の中へ』(英題:71-Into the Fire)邦題&2月公開決定

『サヨナライツカ』『私の頭の中の消しゴム』の
イ・ジェハン監督最新作
チェ・スンヒョン(T.O.P【BIGBANG】)、クォン・サンウ、チャ・スンウォン、キム・スンウ出演

『戦火の中へ』邦題&2月公開決定!

『サヨナライツカ』『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督最新作"71 Into the Fire"(英題)の邦題が『戦火の中へ』に決定し、角川映画配給で2011年2月より角川シネマ新宿他全国公開が決定いたしました。

 本作は、韓国大手のエンタテインメント会社のテウォン エンタテインメントが製作、ロッテ エンタテインメント配給で、朝鮮戦争60周年にあたる今年6月16日に韓国で公開。観客動員数約350万人、興行成績は約2800万US㌦(約23.5億円)を叩き出した戦争アクション超大作。
 本作は朝鮮戦争で戦い命を落とした15歳の学徒兵が遺した手紙を基にしている。当時、学徒兵として集められた71人の若き学生たちが、夢と希望を抱きながら戦った勇敢な姿を描く。

主演には、日本でも絶大な人気のダンス・ヴォーカル・グループBIGBANGのT.O.Pことチェ・スンヒョンが、学徒兵たちを率いる中隊長を演じており、本作が本格的な映画デビューとなります。そして、中隊長にライバル意識を持ちながらも支える青年に『火山高』『美しき野獣』のクォン・サンウ、敵の北朝鮮を率いる将校を、『シークレット』(公開中)のチャ・スンウォン、韓国軍の将校を演じるのはドラマ「IRIS-アイリス-」のキム・スンウが演じています。
そして、『レッドクリフ』や『ブラザーフッド』などの特殊効果を手がけたチームが参加。今最も注目されているスタッフ・キャストが終結しました。

日本では、来年2月の公開を前に、11月頃より試写会を行う予定です。ぜひご期待ください!!


2011年2月、角川シネマ新宿他全国ロードショー!!



 男たちの映画ですかね。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/06(月) 23:19:08|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ヘレン・ミレン主演のシェイクスピア大作「テンペスト」ヴェネチア映画祭出品決定!



アカデミー賞女優ヘレン・ミレン主演/
「ライオンキング」ジュリー・テイモア監督最新作
『テンペスト(原題)』
第67回ヴェネチア国際映画祭
アウト・オブ・コンペ部門クロージング作品に決定!


この度、東北新社配給作品『テンペスト(原題)』が9月1日より開催される第67回ヴェネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペ部門のクロージング作品として上映されることが決定いたしました!上映スケジュールは下記のとおりです。

**********************************************************************

<第67回ヴェネチア国際映画祭上映スケジュール>日時:9月11日(土)
■記者会見:14時~/会場:Palazzo del Casino
参加者:ジュリー・テイモア、ヘレン・ミレン、リン・ヘンディー(プロデューサー)、エリオット・ゴールデンサール(音楽)
■公式上映:20:30~ 会場:Sala Grande

**********************************************************************

シェイクスピア最後の作品であり、もっとも想像力に満ちた「テンペスト」が執筆400周年を迎える2011年に新たに蘇る!監督を務めるのは演劇・映画界の鬼才ジュリー・テイモア。ミュージカル「ライオンキング」やビートルズの楽曲を使った映画『アクロス・ザ・ユニバース』など幅広い分野で才能を表す彼女は2010年秋にお披露目となる、ブロードウェイ至上最高額を投じた大作ミュージカル「スパイダーマン」の演出も手がけていることで話題となっている。肉親の陰謀によって国を追われたミラノ王プロスペローを女王プロスペラーに置き換える独創的な解釈が見所である本作はヘレン・ミレンの迫力の演技を引き出しておりアカデミー賞主演女優賞の呼び声も高い。(2010/英語/112分/シネスコ)(C)2010Miramax Films. All rights reserved.
監督・脚本:ジュリー・テイモア(『フリーダ』『アクロス・ザ・ユニバース』)/原作:ウィリアム・シェイクスピア/衣裳:サンディ・パウエル/出演:ヘレン・ミレン、トム・コンティ、デヴィッド・ストラザーン、ジャイモン・フンスー、アルフレッド・モリナ、ベン・ウィショー、ラッセル・ブランド、フェリシティ・ジョーンズ、リーヴ・カーニー、アラン・カミング、クリス・クーパー

2011年初夏、TOHOシネマズ シャンテにてロードショー!



 なぜヘレン・ミレン主演なのかと思ったら…。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/05(日) 09:44:45|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ソウ ザ・ファイナル 3D』なりきりコスチューム発売決定!!ビリーとジグソウ・キラーになりきって、最後のソウを目撃せよ!9月発売決定!!

なりきりコスチューム

史上最恐の【3D】で迫りくる、誰も予想しえなかった衝撃の結末
深化を遂げる戦慄の「ソリッド・シチュエーション・スリラー」 【シリーズ完結編】
『ソウ ザ・ファイナル 3D』

***************************************
なりきりコスチューム発売決定!!
被ると、着るとかなり怖い!
ビリーとジグソウ・キラーになりきって
最後のソウを目撃せよ!9月発売決定!!
***************************************

2004年に誕生した1作目『ソウ』以来、年1作制作し続け、映画ファンを虜にしてきた大ヒット・シリーズの最新作『ソウ ザ・ファイナル 3D』!
7作目となる本作で【遂に完結!】。そして、シリーズ初にして史上最恐の【3D】で登場となる日米同時公開の超話題作は、いよいよ10/30(土)公開となります!!
既に4/12(月)には撮影を終え、10/29(金)の全米公開に向け、編集中の本作。監督は、"シリーズでもTOPレベルの完成度!"と、ファンを熱狂させた『ソウ6』のケヴィン・グルタートが、2作連続での登板。
3Dとなった本作では、シリーズごとに私たちを驚愕させたゲームのシーンはどうなるのか。超立体映像で迫りくる新たな【謎】と【叫び】が、世界中を衝撃の渦へおとしいれる。


今回、『ソウ・ザ・ファイナル 3D』公開&ハロウィンに合わせ、ジグソウパペットのビリーと豚のマスクが印象的なジグソウ・キラーのなりきりコスチュームが待望の日本初登場!!

全国のドン・キホーテで9月より発売大決定!!今年のハロウィンには、街はビリーとジグソウ・キラーで溢れかえる!?

------------------------------------------------------------------------------
【SAW なりきりコスチューム 商品概要】


①品名:SAW - ビリー ラバーマスク 3,150円(税込)
素材:天然ラテックス製   対象年齢 15歳以上
説明:原型から製作まで国内で行ったジャパンメイドのラテックス製マスク、リアルな造型で『SAW』の顔とも言うべき「ビリー」を再現。


②品名:SAW - ビリー マスク&コスチューム セット
上代:9,240円(税込)  内容:ラバーマスク、ジャケット、ズボン、手袋
素材:マスク /天然ラテックス製 衣装/ポリエステル100%
サイズ:メンズフリー(身長165cm~180cm)
対象年齢 15歳以上
説明:マスクと衣装がセットになったビリーのなりきりコスチューム セット。このセットで劇中のビリーが再現出来ちゃいます。


③品名:SAW - ジグソウキラー マスク&コスチューム セット
上代:9,240円(税込)
内容:ラバーマスク(植毛仕様)、フード付きコート、手袋
素材:マスク /天然ラテックス製 衣装/ポリエステル100%
サイズ:メンズフリー(身長165cm~180cm)
対象年齢 15歳以上
説明:植毛を使用しプロップレプリカと見紛う、リアルすぎるマスクと衣装がセットになったジグソウ・キラーのなりきりコスチューム セット。このセットで劇中のジグソウ・キラーが再現出来ちゃいます。
------------------------------------------------------------------------------

『ソウ ザ・ファイナル 3D』●ストーリー
ジグソウのゲームの生き残りたちは、救済を求めて"精神的指導者"であり、自身もジグソウのゲームからの生存者であるボビー・デイガンのもとに集う。だが、ボビー自身の暗い過去が明かされるにつれ、新たな恐怖が襲いかかる......。一方、ホフマンとジルは、ジグソウの遺品を巡って争っていた。


【ソウ・シリーズとは】衝撃のラストシーンが話題となり、世界中で大ヒットした1作目『ソウ』(04)以来、毎年、ハロウィンシーズンに新作が公開され、映画ファンを虜にしてきた大ヒット・シリーズ。生死をかけたジグソウのゲームに翻弄される人々と、その過程で彼らの欲望や行為をえぐり出してゆく秀逸なストーリーが熱狂的なファンを生んだ。昨年、公開された『ソウ6』までのシリーズ全米興行収入は、3億7200万ドル。『13日の金曜日』シリーズ(11作)を抜き、名実ともにNo1のホラーシリーズとなった。日本でも、シリーズ劇場動員150万人と、類をみないヒットを続けている。

=======================================
監督:ケヴィン・グルタート『ソウ6』監督/『ソウ2』『ソウ3』『ソウ5』編集/脚本:パトリック・メルトン マーカス・ダンスタン
製作:マーク・バーグ  グレッグ・ホフマン オーレン・クールズ 
出演:トビン・ベル 『ソウ』シリーズ全作/ケアリー・エルウェズ『ソウ』/コスタス・マンディラー 『ソウ3』『ソウ4』『ソウ5』『ソウ6』/ベッツィ・ラッセル 『ソウ3』『ソウ4』『ソウ5』『ソウ6』/ショーン・パトリック・フラナリー/ジ―ナ・ホールデン/チャド・ドネラ/ローレンス・アンソニー/ディーン・アームストロング/タンデラ・ハワード  宣伝協力:ファントム・フィルム /配給:アスミック・エース   ©2010 Lions Gate Films Inc.All Rights Reserved.

==============================================================================
10月30日(土) TOHOシネマズ六本木ヒルズ ほか 全国ロードショー
==============================================================================



 これを着て観に行くのがトレンドでしょうね(笑)。


テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/04(土) 23:26:45|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【東京国際映画祭】コンペティション第一弾発表!!

And Peace on Earth

10月23日(土)~31日(日)に開催の第23回東京国際映画祭(以下TIFF)のコンペティション第一弾が発表になりました。東京国際映画祭のコンペティションは2010年1月以降に完成した長編作品を対象に世界各国から公募し、応募作品の中から厳選な予備審査を経た15本(予定)の多彩な作品を期間中上映いたします。6人の国際的な映画人で構成される審査員が作品の審査を行い、“東京 サクラ グランプリ”、“審査員特別賞”、“最優秀監督賞”など6賞を選定、10月31日(日)のクロージングセレモニーで発表いたします。

--------------------------------------------------------------------------------

第23回東京国際映画祭 コンペティション出品作品第一弾

■『『And Peace on Earth』(英題)/イタリア
監督:マッテオ・ボトルーニョ、ダニエレ・コルッチーニ
ローマ郊外のとある街、昔の仲間にコカインの取引をもちかけられる元服役囚、ドラッグやいいかげんなものに溢れた日々を過ごす若者たち、酒場で働く美しい女子大生。平行する3つの物語がしだいにつながっていく。

■『The Piano in a Factory』(英題)/中国
監督:チャン・メン 
離婚した両親のうちピアノを買ってくれる方と一緒に暮らすという娘の親権をめぐって、ピアノを手に入れるために奮闘する父親の物語。お金を借りる努力は徒労に終わり、ピアノを盗むことも失敗し、とうとうゼロからピアノを作ろう!という馬鹿げた計画をたてるのだが・・・

■『海炭市叙景』/日本
監督:熊切和嘉 
村上春樹らと並び評されながら不遇だった小説家・佐藤泰士の幻の小説の映画化。海炭市とそこで人生に苦い想いを抱えて生きる人々の姿を、函館市民の協力を得て、優しく包み込むように描きだした熊切和嘉監督の傑作。

■『Zephyr』(英題)/トルコ
監督:ベルマ・バシュ 
ゼフィアは自分勝手な母親のせいで祖父母の家に預けられっ放し。それでも母親を待ち続けるゼフィアの前にようやく現れた母親は遠い国に行ってしまうことを告げに来ただけだった・・行かせまいとするゼフィアがとった行動とは?


★作品の情報は9月2日現在のものです。詳しい邦題及び作品詳細は後日ウェブサイトにアップ予定です。
--------------------------------------------------------------------------------
<東京国際映画祭に関するお問い合わせ>
tiffinfo2010@tiff-jp.net



 東京国際映画祭のプログラムも少しずつ決まっています。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2010/09/03(金) 12:12:00|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『エクリプス/トワイライト・サーガ』日本語吹替キャスト決定


世界中の女性が憧れる少女ベラ役に、女優・上戸彩
"理想の彼氏"像と言わしめたヴァンパイアのエドワード役に、
俳優・成宮寛貴


トワイライト~初恋~』のスマッシュヒットで世界にその名を知らしめたトワイライト・サーガ。第2弾『ニュームーン/トワイライト・サーガ』では、初日興行収入$72,703,754で全米歴代No.1という脅威の記録を、第3弾『エクリプス/トワイライト・サーガ』は6月30日に全米公開され、$68,533,840という歴代2位の記録を残し、シリーズ2作で1位、2位を独占するという快挙を成し遂げました! 少女ベラと月のように美しいヴァンパイア・エドワードの禁断の恋。同じく、太陽のように熱いオオカミ族のジェイコブがベラに熱い想いを寄せ、ヴァンパイアとオオカミ族の数世紀に渡る敵対関係は、同じ女性を愛してしまった男同士の争いに―。そんな折ベラの命を狙う凶悪なヴァンパイア集団が出現。真実の愛を試す壮絶な戦いが今始まる!!!本作日本語吹替えキャストが、女優・上戸彩さん、俳優・成宮寛貴さん に決定致しました!! 世界中の女性が憧れる主人公ベラ役に女優・上戸彩さん、「世界一セクシーな男No.1」に選ばれたロバート・パティンソン演じるヴァンパイア・エドワード役に、俳優・成宮寛貴さん。奇しくも、二人そろって今年デビュー10周年を迎え、来月9月14日が誕生日という最強カップル誕生です!

---------------------------------------------------------------

上戸彩コメント:

成宮さんに初めてお会いしたのが17歳の頃。その頃と全く変わらない成宮さんとまた今回御一緒できて嬉しいです。ベラの声にしっかりハマる様、役をつかみ、人間に恋するのと全く一緒で、恋するベラちゃんの乙女な部分をしっかり伝えていきたいです。

成宮寛貴コメント:

シリーズ2作品とも元々見ていました。子供の頃からヴァンパイアものが大好きで、いつか自分もヴァンパイア役に挑戦してみたいと思っていたくらいです。ロバート・パティソンの芝居、世界観を大切にして演じたいと思っています。上戸さんとは何回か共演もしているし、誕生日が同じという共通点もあり、不思議な縁をいつも感じているので、今回久しぶりに一緒に仕事をできるのは嬉しいです。


11月13日(土)の公開に向けてますます盛り上がりを見せる『エクリプス/トワイライト・サーガ』に是非ご期待ください。

---------------------------------------------------------------

ストーリー:
愛するエドワードを追ってイタリアへ旅立った行動を父親からとがめられ、高校卒業を目前にして門限付きの生活を命じられているベラ(クリステン・スチュワート)。エドワード(ロバート・パティンソン)からのプロポーズにも心をかき乱され、卒業後の人生の選択に頭を悩ませていた。

その頃、シアトルでは死者や行方不明者が続出する事件が発生。背景には、ベラたちが暮らす町・フォークス出身のライリー(ハヴィエル・サミュエル)率いる"ニューボーン"と呼ばれる、謎のヴァンパイア集団の存在があった。人間から転身したばかりのニューボーンは血に飢えた本能のまま行動するため、人間にとって最も危険で獰猛な存在であった。

一方フォークスの森には、かつてエドワードに恋人を殺された恨みでベラの命を執拗に狙う凶悪なヴァンパイア・ヴィクトリア(ブライス・ダラス・ハワード)が出現。身の危険を感じたベラは、幼なじみのジェイコブ(テイラー・ロートナー)らが暮らすオオカミ族の敷地へ一旦避難することに。ベラへの想いが強まる距離を置こうとしていたジェイコブは、久々の交流に笑顔を見せるが、ヴァンパイアの仲間になろうとしているベラの決意を知り、怒りに任せてキスをする。

そして、いよいよ訪れた卒業式当日。カレン家で行われたパーティの席で、アリス(アシュリー・グリーン)はニューボーンの集団がベラを狙ってフォークスにやって来る未来を予知する。まもなく訪れる戦いの時に備えようとするエドワードたちカレン家と、ベラを守るという共通の目的を掲げ、協力を申し出るジェイコブらオオカミ族。数世紀に渡り宿敵関係にあったヴァンパイアとオオカミ族。両種族がタッグを組んだ壮絶な戦いが始まろうとしていた......。

---------------------------------------------------------------

クリステン・スチュワート(『パニック・ルーム』)
ロバート・パティンソン(『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)
テイラー・ロートナー(『バレンタインデー』)
ダコタ・ファニング(『宇宙戦争』) 
ブライス・ダラス・ハワード(『スパイダーマン3』)
原作:ステファニー・メイヤー「トワイライトIII」(ヴィレッジブックス刊)
監督:デヴィット・スレイド(『ハード・キャンディ』『30デイズ・ナイト』)
配給:角川映画  
TM & (C)2010 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
www.the-twilight-saga.jp/eclipse/

11月13日(土)丸の内ルーブルほか全国拡大ロードショー



 あっという間に第三作です。今から楽しみ。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/09/02(木) 12:04:52|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。