映画の日々

古今東西 映画の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Sundance London: Film Programme Unveiled For Inaugural Event - 7th March 2012


SUNDANCE LONDON: FILM PROGRAMME UNVEILED FOR INAUGURAL EVENT
14 Films Make Their UK Premieres, 26-29 April at The O2


London, 7 March 2012 — Sundance Institute and The O2 announced today the programme of 14 narrative and documentary feature films that will make their UK premieres at the inaugural Sundance London festival, taking place at The O2 from 26-29 April. These films premiered in January at the 2012 Sundance Film Festival in Park City, Utah – the premier independent film festival in the United States.

“I welcome the opportunity to see how people in the UK experience these films,” said Robert Redford, President and Founder of Sundance Institute. “While they are American productions they speak to universal experiences and global challenges.”

He went on to add, “Sundance London also is the perfect opportunity to continue our long-time commitment to growing a broader international community around new voices and new perspectives.”

John Cooper, Director of the Sundance Film Festival, said, “Sundance London grew out of our desire to help American independent filmmakers expand their reach, and we are happy that these 14 filmmakers are joining us on this adventure. Their participation has helped us to not only create a programme for Sundance London that reflects the diversity of our film festival in Park City, but also that helps build an enduring legacy of American stories that speak to international audiences.”

strong>Alex Hill, Chief Finance and Strategy Officer of AEG Europe, owners of host venue The O2, adds:  "All at The O2 are very excited that the inaugural Sundance London film and music festival is nearly upon us.  The 14 films which Sundance Institute is bringing to London reflect the strength, depth and breadth of American independent cinema that showcased earlier in the year at the Sundance Film Festival.  They complement an exciting music component with performances from Tricky and Placebo, and our opening night event An Evening With Robert Redford and T Bone Burnett.  In what is arguably the world's most culturally diverse city, The O2 is proud to be hosting such a prestigious festival."

In addition to film screenings, Sundance London will host live music performances and events each evening, including the previously announced Opening Night event An Evening With Robert Redford And T Bone Burnett, Placebo in concert and Tricky and Martina Topley-Bird performing Maxinquaye. Also on offer to Sundance London audiences will be unique opportunities to attend panels and hear guest speakers talk about the part they play in making films, documentaries and the role of music in modern cinema.

Forthcoming announcements include the festival’s short film programme, special events and additional music performers.

Programme information and ticket packages are available at  www.sundance-london.com. Individual tickets will be on sale in early April.

FILM PROGRAMME IN DETAIL

2 Days in New York (Director: Julie Delpy, Screenwriters: Julie Delpy, Alexia Landeau) — Marion has broken up with Jack and now lives in New York with their child. A visit from her family, the different cultural background of her new boyfriend, an ex-boyfriend who her sister is now dating, and her upcoming photo exhibition make for an explosive mix. Cast: Julie Delpy, Chris Rock, Albert Delpy, Alexia Landeau, Alex Nahon.





Chasing Ice (Director: Jeff Orlowski) — Science, spectacle and human passion mix in this stunningly cinematic portrait as National Geographic photographer James Balog captures time-lapse photography of glaciers over several years providing tangible visual evidence of climate change. Winner of the Excellence in Cinematography Award: U.S. Documentary at the 2012 Sundance Film Festival.





Filly Brown (Directors: Youssef Delara, Michael D. Olmos, Screenwriter: Youssef Delara) — A Hip Hop-driven drama about a Mexican girl who rises to fame and consciousness as she copes with the incarceration of her mother through music. Cast: Lou Diamond Phillips, Gina Rodriguez, Jenni Rivera, Edward James Olmos.





Finding North (Directors: Kristi Jacobson, Lori Silverbush) — A crisis of hunger looms in America and is not limited to the poverty stricken and uneducated. Can a return to policies of the 1970s save our future? Features interviews with activists including Witness to Hunger’s Mariana Chilton, Top Chef’s Tom Colicchio and Academy Award®-winning actor Jeff Bridges, as well as original music by T Bone Burnett & The Civil Wars.





For Ellen (Director and screenwriter: So Yong Kim) - A struggling musician takes an overnight long-distance drive in order to fight his estranged wife for custody of their young daughter. Cast: Paul Dano, Jon Heder, Jena Malone, Margarita Levieva, Shay Mandigo.





The House I Live In (Director: Eugene Jarecki) — For over 40 years, the War on Drugs has accounted for 45 million arrests, made America the world's largest jailer and damaged poor communities at home and abroad. Yet, drugs are cheaper, purer and more available today than ever. Where did we go wrong and what is the path toward healing? Winner of the Grand Jury Prize: U.S. Documentary at the 2012 Sundance Film Festival





Liberal Arts (Director and screenwriter: Josh Radnor) — Bookish and newly single Jesse Fisher returns to his alma mater for his favorite professor’s retirement dinner. A chance meeting with Zibby – a precocious classical music-loving sophomore – awakens in him long-dormant feelings of possibility and connection. Cast: Josh Radnor, Elizabeth Olsen, Richard Jenkins, Allison Janney, John Magaro, Elizabeth Reaser.





LUV (Director: Sheldon Candis, Screenwriters: Sheldon Candis, Justin Wilson) — An orphaned 11-year-old boy is forced to face the unpleasant truth about his beloved uncle during one harrowing day in the streets of Baltimore. Cast: Common, Michael Rainey Jr., Dennis Haysbert, Danny Glover, Charles S. Dutton.





Nobody Walks (Director: Ry Russo-Young, Screenwriters: Lena Dunham, Ry Russo-Young) — Martine, a young artist from New York, is invited into the home of a hip, liberal LA family for a week. Her presence unravels the family’s carefully maintained status quo, and a mess of sexual and emotional entanglements ensues. Cast: John Krasinski, Olivia Thirlby, Rosemarie DeWitt, India Ennenga, Justin Kirk. Winner of the U.S. Dramatic Special Jury Prize for Excellence in Independent Film Producing at the 2012 Sundance Film Festival.





An Oversimplification of Her Beauty (Director and screenwriter: Terence Nance) — A quixotic young man humorously courses live action and various animated landscapes as he tries to understand himself after a mystery girl stands him up. Cast: Terence Nance, Namik Minter, Chanelle Pearson.





The Queen of Versailles (Director: Lauren Greenfield) — Jackie and David were triumphantly constructing the biggest house in America – a sprawling, 90,000-square-foot palace inspired by Versailles – when their timeshare empire falters due to the economic crisis. Their story reveals the innate virtues and flaws of the American Dream. Winner of the Directing Award: U.S. Documentary at the 2012 Sundance Film Festival.





Safety Not Guaranteed (Director: Colin Trevorrow, Screenwriter: Derek Connolly) — A trio of magazine employees investigate a classified ad seeking a partner for time travel. One employee develops feelings for the paranoid but compelling loner and seeks to discover what he’s really up to. Cast: Aubrey Plaza, Mark Duplass, Jake Johnson, Karan Soni. Winner of the Waldo Salt Screenwriting Award at the 2012 Sundance Film Festival.





SHUT UP AND PLAY THE HITS (Directors: Dylan Southern, Will Lovelace) — A film that follows LCD Soundsystem front man James Murphy over a crucial 48-hour period, from the day of their final gig at Madison Square Garden to the morning after, the official end of one of the best live bands in the world.





Under African Skies (Director: Joe Berlinger) — Paul Simon returns to South Africa to explore the incredible journey of his historic Graceland album, including the political backlash he sparked for allegedly breaking the UN cultural boycott of South Africa, designed to end Apartheid.





 楽しみな映画祭です。

スポンサーサイト

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2012/03/15(木) 22:07:25|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆうばり映画祭2012:上映作品・特別企画 おすすめポイント (1)

ウルトラマンサーガ

おすすめ作品!
<ファン必見! 円谷作品・大集結>
劇場公開前の新作映画とともに、円谷プロ関連作が“ゆうばり”に集結!
子供も大人も大満足! 
この冬のゆうばりは<ウルトラ>三昧で決まり!!


(その1)《招待作品部門・ワールドプレミア》
『ウルトラマンサーガ』配給:松竹 
今春公開の劇場版最新作。究極進化の新たなウルトラマンがここに誕生!みんなの願いを込めて、今、地球の平和のために立ち向かう!
3月24日(土) より全国ロードショー!<2D・3D同時公開> 
(C)2011『ウルトラマンサーガ』製作委員会
(2月25日(土)開映:12:00~/会場:アディーレ会館ゆうばり)


(その2)《スカパー!映画部×チャンネルNECO×読売新聞 presents「ウルトラマンサーガ」公開記念》
『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』
昨年公開した<ウルトラマンシリーズ45周年記念作品>の特別上映。上映以外にも、最新作「ウルトラマンサーガ」公開記念ウルトラヒーロー握手会も予定。
(2月25日(土)開映:9:30~/会場:ホワイトロック)


(その3)《ゆうばりチョイス部門》上映イベント
『総天然色ウルトラQ in ゆうばり』
カラーライズ化されたウルトラシリーズの原点を映画祭で特別上映。桜井浩子さん&品田冬樹さんによるトークショーでは、マニア必聴の撮影秘話も飛び出すかも。乞うご期待!
(2月24日(金)開演:16:00~/会場:ホテルシューパロ ライムライト)


おすすめ企画!
<東北支援企画/KIZUNA「東北発!」映画上映会>
東日本大震災被災地支援事業の一環として「KIZUNA(絆)」をテーマに、「ゆうばり WHITE ROCK KIZUNA プロジェクト」をスタート。ゆうばり映画祭では初の試みとなる大型のドームテント(通称/ホワイトロック)を使用した東北関連作品の上映をはじめ、ご当地名産品やご当地料理なども楽しんで頂けます。多くの皆様のご来場をお待ちしております。 

KIZUNA「東北発!」映画上映会(作品ラインナップ)  
(1)『エクレール・お菓子放浪記』宮城県(2011年 近藤明男監督 107分)
(2)『がんばっぺフラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』 
               福島県(2011年 小林正樹監督 102分)
(3)『パンドラの匣』      岩手県(2009年 冨永昌敬監督 94分)
(4)『津軽百年食堂』      青森県(2011年 大森一樹監督 106分)
シンポジウム「町を映画の力で再生させる」(入場無料)       
関連上映『ハナばあちゃん~わたしのヤマのカミサマ~』
               秋田県(2011年 杉村和彦監督 125分)

★最新情報は公式ホームページでも随時公開しています。
http://yubarifanta.com (PC・モバイル共通)



 「総天然色ウルトラQ」ちょっと観たいかも。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2012/01/28(土) 19:55:56|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨコハマ・フットボール映画祭2012開催

チラシ

 この度、ヨコハマ・フットボール映画祭実行委員会と、NPO法人横浜スポーツコミュニケーションズ、NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク、株式会社オン・ザ・コーナーは、昨年2月に日本国内初となるサッカー映画を集めた映画フェスティバルとして始まり、前売りソールドアウトを記録した「ヨコハマ・フットボール映画祭」(以下YFFF)を、神奈川県横浜市にて2012年度も開催することとなりました。

 日程は、前回からスケールアップして2月19日(日)25日(土)26日(日)の3日間。
 作品数も7作品に拡大しながら、神奈川県唯一のミニシアターとして映画ファンの聖地となっているシネマ・ジャック&ベティにて今年も行います。
 
 今年20回目の開催を迎えるJリーグを記念して、あの懐かしの「Jリーグを100倍楽しく見る方法!!!」(1994年)や鄭 大世(チョン・テセ)選手のドキュメンタリー話題作「TESE(テセ)」、国内劇場未公開作品の「二人のエスコバル」(南米)「モンテビデオ-夢のワールドカップ」(東欧)「テヘラン25時」(中東)など、ここだけしか観れない作品が目白押しです。
 観客リクエストによる「オフサイド・ガールズ」(ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作)もあわせて上映いたします。

 なお、今回の開催では米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル&アジアとコラボレーションし、2011年6月に初めて開催したフットボールプログラム presented by Jリーグで上映したサッカーのショートフィルム作品を2月20日(月)から26日(日)おなじ横浜市内のブリリア ショートショート シアターにて上映するなど、ヨコハマをサッカー映画でジャックする企画も。
 また、サッカーを愛するアーティストによるサッカーをテーマとした展覧会「サッカーのチカラ展
」の作品の特別展示なども行い、「サッカー発祥の地」「戦後映画のパイオニアの地」である横浜を盛り上げていきます。



 Jリーグを100倍楽しく見る方法!!!とは懐かしい。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2012/01/25(水) 17:51:43|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2012 始動!

メインビジュアル

映画ファン・映画関係者の支持率NO.1(自称)。参加して楽しい映画祭NO.1(自称)。世界一心あたたかい映画祭NO.1(自称)。
毎年、たくさんの方々から待ち望まれている“ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012”の今期開催が、<2012年2月23日(木)~2月27日(月)>に決定しました!!!
今回も多彩な作品とゲストで盛り上がること間違いなし。是非ともご期待ください!!

=======================================
2月開催に向けて、準備も本格始動!
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2012
<会期2012年2月23日(木)∼2月27日(月)>

=======================================
今期映画祭テーマ....『つながろう、映画の力で。』


昨年、東日本に訪れた大きな悲劇は、被災地はじめ日本のみならず世界中に沢山の悲しみをもたらしました。そしてこれは、日本に住むすべての人が、しっかりと受け取らねばならない痛みとして残りました。この大きな困難を受け止めて、必ず来るであろう被災地の復興と完全復活のその日まで、我々も東北の皆さんはじめ世界中の人々と、映画が生み出す力を<元気>に変えて、手をつないでいきたいと思います。
その思いから、今期はこのテーマを掲げさせて頂きました。
是非とも今期映画祭にご期待ください!



 今年のゆうばりもいよいよ始動したようです。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2012/01/10(火) 22:44:08|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TIFF ARIGATOプロジェクト 募金結果

第24回東京国際映画祭では、3月11日の東日本大震災を受け、映画を通じて人に夢や希望を与え、日本の復興に貢献することを目指し、「TIFF ARIGATOプロジェクト」を立ち上げました。

その一環として、東京国際映画祭会期終了日まで、映画祭会場や、様々な関連イベント会場において募金箱を設置、募金活動を行い、多くの皆様からご協力を頂いた結果、募金総額は1,376,097円となりました。
この募金とチャリティ―オークションでの売上金及び映画祭チケット・グッズ売上の一部を併せた総額3,229,336円を、「日本赤十字社」「緑の東京募金」「木下の森」「ローソン緑の募金」、及び「シネマエール東北」(被災地での映画上映活動への支援)、そして10月のトルコ地震への義援金としてトルコ大使館に寄付いたします。



 被災地が必ず復興を遂げますように!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2012/01/08(日) 17:48:18|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012(第9回)】2012年7月に開催決定!長編・短編部門コンペ作品募集スタート!!

世界に先駆けてデジタルシネマによる才能ある映像クリエイターの発掘・支援に取り組んできました「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」(主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会ほか)は2004年よりスタートし、本年で第9回目を迎えます。

2011年は初の秋開催として話題を呼びましたが、本年2012は、例年通りの開催時期である7月・夏開催を予定しております。

本日(1月5日)より、長編・短編コンペティション部門の作品募集もスタートいたしました。
より多くの若手クリエイターのみなさんからご応募いただきたく、貴媒体にて情報掲載いただけますよう、お願い申し上げます。

●映画祭2012 開催日程決定!
 〔2012年7月14日(土)~22日(日) 9日間〕

●長編・短編部門コンペティション作品募集開始!
 〔応募締切:2012年3月1日(木)必着〕

 ・長編部門(国際コンペティション)
   デジタルによる撮影・編集ならびにデジタル上映が可能な70分以上の作品を
   世界中から募集します。
 ・短編部門(国内コンペティション)
   国内制作作品に限定して、世界に活躍の場を広げることを目指し、将来的に
   商業作品制作を志す若手クリエイターの作品を募集します。
   デジタルで撮影・編集・上映が可能な15分以上30分以下の作品とします。

●映画祭ホームページ、リニューアルオープン
 〔http://www.skipcity-dcf.jp/

●SKIPシティDシネマプロジェクト(映像関連施策)
   本映画祭にエントリーされた良質な作品の劇場公開を支援し、
   若手クリエイターがビジネスチャンスを広げていくことを目的とした
   「SKIPシティDシネマプロジェクト」により、クリエイター支援を
   強化しています。



 もう9回になるんですね。早いものです。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2012/01/05(木) 17:12:05|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第12回東京フィルメックス受賞結果

受賞者写真

第 12 回東京フィルメックスコンペティション部門審査員は以下の作品に賞を贈ります。

第 12 回東京フィルメックス コンペティション 受賞結果

■最優秀作品賞
『オールド・ドッグ』

(ペマツェテン/中国/ 2011 年/ 88 分/カラー)

副賞として賞金 100 万円が監督に授与されます。

受賞理由;
これは何もない場所にある静寂と雰囲気を捉え、登場人物の心の中に入り込んだ作品です。非常に真摯な
手段で文学から映画への移行が行われています。私たちに、この地域そしてその人々の生活を経験させて
くれるものです。

■審査員特別賞 コダック VISION アワード
『ムサン日記~白い犬』

(パク・ジョンボム/韓国/ 2010 年/ 127 分/カラー)

副賞としてコダック株式会社より 8,000 米ドル相当の生フィルムが監督に授与されます。

受賞理由;
カメラの前と後ろに立つという困難に身を置きながら、監督は情熱をもってこの作品を完成させました。
その情熱が全キャスト、全スタッフに伝染し、真のコラボレーションを達成させました。主人公を通して
私たちは現代の韓国と北朝鮮の複雑な状況そのものを経験するのです。

■ スペシャル・メンション
社会の隅に追いやられた主人公の人物像を繊細に作り上げた『ミスター・ツリー』のワン・バオチャン(王宝強)の演技は特筆すべきものでした。
また、審査員はドキュメンタリー作品『無人地帯』に映し出された福島に住む人々への想いをスペシャルメンションとして伝えたいと思います。

**************************************************************
■第12 回東京フィルメックス コンペティション審査員:
アミール・ナデリ(審査委員長:アメリカ/映画監督)、フィリップ・アズーリ(フランス/批評家)、チョン・スワン(韓国/映画研究者)、篠崎誠(日本/映画監督)、スーザン・レイ(アメリカ/ニコラス・レイ財団代表、映画監督)
**************************************************************

■ 観客賞
『アリラン』

(キム・ギドク/韓国/ 2011 年/ 91 分/カラー)



■ 学生審査員賞
『東京プレイボーイクラブ』

(奥田庸介/日本/ 2011 年/ 96 分/カラー)

受賞理由;
東京フィルメックスのコンセプトに「映画の未来へ」とあります。芯をもってやり切る強さ、製作者の情熱が観客への刺激になり、最も映画を豊かにする。それこそが映画の「未来」に繋がるのではと考えました。数ある作品の中で、特に奥田監督の作品は、「映画を撮りたい!」という初期衝動が、無骨にむき出している様に感じました。それが本当に、刺激的でシビれました!!
故に、本賞に選ばせて頂きました。
本作のようにパンクな作品がもっと世に広まっていけば、映画はより豊かになると思います。

●学生審査員:古地良子(東京造形大学)、山口直哉(東京藝術大学)、梶睦(東京慈恵会医科大学)



■ タレント・キャンパス・トーキョー2011 最優秀企画賞
「Song of The Mulberries」
(シャン・ゾーロン SHAN Zuolong/中国)

副賞として賞金 30 万円が受賞者に授与されます。

受賞理由;
シャン・ゾーロン監督による本ドキュメンタリー作品は、中国東部の小さな町に暮らす二世代にわたる絹職人を描いた物語で、計画経済から市場経済への移行に翻弄される現代中国を映し出しています。ローカルな問題を静かで平和的なトーンで描きながらも、国際的に広く観客の心に届く作品であると講師一同は確信しています。この受賞により、本作品が一日も早く完成することを願い本賞を授与します。

■スペシャル・メンション
「The Boy in White」
(アフィク・ディーン Mohd Afiq DEEN /マレーシア)

本作品は、アフィク・ディーン監督による一部実話に基づいた成長物語です。監督自身が経験した両親の離婚を土台にして、現代のマレーシア社会におけるイスラム教や近代化といった問題を緻密に描いたコメディー・ドラマとして本作を書き上げました。ディーン監督が新鮮な視点を維持し、タブーにとらわれない映画作りの更なる追求を支援するために本賞を授与します。

**************************************************************

■タレント・キャンパス・トーキョー2011 エキスパーツ(講師):
賈樟柯<ジャ・ジャンクー>(映画監督)、パク・キヨン(プロデューサー、脚本家、監督)
オリンピア・ポン・チャフェル(「コプロダクションオフィス」セールス部門マネージャー)
クリスティーネ・トロストルム(「ベルリン・タレント・キャンパス」プロジェクト・マネージャー)

東京フィルメックス事務局 TOKYO FILMeX
〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル3F
Phone: 03-3560-6393 / Fax: 03-3586-0201 / E-mail: info@filmex.net / http://www.filmex.net



 オールド・ドッグには奇跡のような映像が撮られていましたから,最優秀作品賞に値する作品であると私も思います。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/27(日) 23:55:27|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川島雄三特集トークイベント(11/19寺島進、11/20崔洋一)

<世界×日本×未来=つなげる国際映画祭>
第12回東京フィルメックス
客観的かつシニカルなスタイルが今なお映画ファンの心を掴む、川島雄三監督特集上映!
「限定!川島パラダイス♪」
★寺島進~「『洲崎パラダイス』リメイクするなら、相手は真矢みきで!?」
★崔洋一~「『とんかつ大将』魅力は、娯楽映画の耽美と独特の世界観!」
11月19日(土)&20日(日)トークイベント
登壇者:寺島進(19 土)、崔洋一(20 日)

いま世界が最も注目する作品をいち早く上映する国際映画祭「第12 回東京フィルメックス」が、11 月19 日(土)から11 月27 日(日)の全9 日間、有楽町朝日ホールを中心に開催しております。
毎年プログラムを準備している特集映画、今年は、名匠・川島雄三監督作品を「限定!川島パラダイス♪」と題して一挙4作品を上映。これを記念して、19 日(土)は寺島進、20 日(日)は崔洋一を招いてトークイベントを開催いたしました。

【概要】
<会場(2 日間共通)>
*敬称略
東劇(中央区築地4-1-1 東劇ビル3F/東京メトロ「東銀座」駅6番出口)
①『洲崎パラダイス赤信号
11月19日(土)11:21~11:50/ゲスト:寺島進
②『とんかつ大将
11月20日(日)11:34~12:00/ゲスト:崔洋一

19日(土)は、俳優の寺島進が登場。勝どき橋の近くにゆかりがあることを懐かしみつつ、「(新珠三千代さんを観ていて)祇園遊びしていたころを思い出しました(笑)」と笑わせ、リメイクの話をふられると「相手役は、真矢みきさんがいいかな」と意欲満々!「三橋さんの役柄の幅広いこと。最近自分もワンパターン化してきちゃっているから打破しないと。昔の役者さんは、グッと大人だと思いますね。役者としてのレベルが高いから勉強になります」と、役者魂も忘れていないところをアピールしていた。
20 日(日)は、かねてから川島雄三のファンだったという、崔洋一監督が登場。「川島雄三は大量に娯楽映画を作ったが、娯楽映画の耽美と独特の世界観があった。大量に撮っていながら、世界の流れを知っていたのだと思う。
とんかつ大将は、ネオリアリズムですよ」と、独自の視点を展開、「ある種の社会の階級差など、面白がれるモダニズムもあった。今の日本映画とちがう時代があったことが分かる日本映画ですよ」と、今の映画についての思いを含ませるようなときもあった。
川島雄三監督(1918-1963)は松竹、日活、東宝、大映などで活躍。田中絹代主演『還って来た男』(1944)でデビュー。下町の風俗を生き生きととらえた『とんかつ大将』(52)で境地を開拓。意欲的に話題作を発表し続けていくも、45 歳の若さで急逝。代表作に『幕末太陽傳』(1957)。助監督には今村昌平らが名を連ねている。

◆「第1 2 回東京フィルメックス」
◆日程:2 0 1 1 年1 1 月1 9 日(土)~2 7 日(日)
*全9 日間
◆公式サイト
h t t p : / / w w w . f i l m e x . n e t
◆会場:有楽町朝日ホール、東劇、T O H O シネマズ日劇、T O H O シネマズ有楽座にて


【第12 回東京フィルメックス概要】「東京フィルメックス」は、いま世界が最も注目する作品をいち早く上映する国際映画祭です。アジアの若手によるコンペ部門、最先端の注目作が並ぶ特別招待作品のほか、毎年好評の特集上映では、ニコラス・レイ監督生誕百年記念上映や相米慎二監督作品13本一挙上映、名匠・川島雄三作品が登場。監督らもお招きする観客との質疑応答やトークイベントでは、映画と人との出逢いが"映画の未来へ"誘います。



 川島雄三は日本を代表する監督の一人ですからね。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/23(水) 07:47:55|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11/19オープニング・セレモニー 東京フィルメックス

<世界×日本×未来=つなげる国際映画祭>第1 2 回東京フィルメックス
アミール・ナデリ監督「フィルメックスは私のホームです!」
「第1 2 回東京フィルメックス」
1 1 月1 9 日(土)オープニングセレモニーご報告
登壇者:アミール・ナデリ/フィリップ・アズーリ/チョン・スワン/篠崎誠/林加奈子
※敬称略

いま世界が最も注目する作品をいち早く上映する国際映画祭「第12 回東京フィルメックス」が、11 月19 日(土)から11 月27 日(日)の全9 日間、有楽町朝日ホールを中心に開催しております。
19 日(土)に、オープニング作品、キム・ギドク監督作『アリラン』の上映前に、オープニングセレモニーが開催されました。

【概要】
日時:11月19日(土)
19:20~19:40
会場:TOHO シネマズ有楽座(千代田区有楽町2-2-3 ニュートーキョービル3F 東京メトロ「銀座駅」C1 出口)
登壇者:アミール・ナデリ(アメリカ/審査委員長、映画監督)、フィリップ・アズーリ(フランス/批評家)、チョン・スワン(韓国/前チョンジュ国際映画祭プログラム・ディレクター)、篠崎誠(日本/映画監督)、林加奈子(日本/東京フィルメックスディレクター)

東京フィルメックスディレクター林が、「今を生きる私たちが、もっと強く生きるために必要な映画が揃いました!」と、開会宣言をすると、映画祭の開催を心待ちにしていた観客で埋まった会場からも大きな拍手が!
続いて今年のコンペティション部門の審査員のうち4名が登壇し、代表して審査委員長のアミール・ナデリが挨拶、「フィルメックスとは8 年間の付き合いで、日本への窓口になってくれました。西島秀俊さんとも、スタッフとも出会い、その結果日本で映画をつくることができ(『CUT』)、この映画祭は“我が家”といえます!」と、東京フィルメックスへの感謝の気持ちを語りました。
「コンペティション10本の作品を観ると、林ディレクターと市山プログラムディレクターが丁寧に選んだという確信があります。映画について真剣に考えて、心から(審査員としての)仕事をおこないたいと思います」と、力強い決意を表明。また、特集上映のプログラムについても自身が好きな作品が数多く上映されるとあって、「今日(こんにち)においても新鮮なアイデアを得たり、映画の基本的なルーツに戻ることもできる作品たち」と、観客にもこの機会にたくさん鑑賞するようにアピール、挨拶の締めくくりに「私の映画は『CUT』というタイトルですが、映画のオープニングにあわせて“アクション”と申し上げたい」と話すと、客席からは笑い声も。最後に、来場していたドナルド・リチー氏に向かって、「今この瞬間を彼にささげます」と心からの謝辞を述べ、最高の盛り上がりの中オープニングセレモニーは終了しました。

◆「第1 2 回東京フィルメックス」
◆日程:2 0 1 1 年1 1 月1 9 日(土)~2 7 日(日)
*全9 日間
◆公式サイト
h t t p : / / w w w . f i l m e x . n e t
◆会場:有楽町朝日ホール、東劇、T O H O シネマズ日劇、T O H O シネマズ有楽座にて


【第12 回東京フィルメックス概要】
「東京フィルメックス」は、いま世界が最も注目する作品をいち早く上映する国際映画祭です。アジアの若手によるコンペ部門、最先端の注目作が並ぶ特別招待作品のほか、毎年好評の特集上映では、ニコラス・レイ監督生誕百年記念上映や相米慎二監督作品13 本一挙上映、名匠・川島雄三作品が登場。監督らもお招きする観客との質疑応答やトークイベントでは、映画と人との出逢いが"映画の未来へ"誘います。



 いよいよ始まりました。私も毎日通う予定です。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/22(火) 23:11:17|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4回沖縄国際映画祭 「長編プログラム」「JIMOT CM COMPETITION」エントリー開始

ポスター
 2012年3月24日~31日まで開催します“Laugh&Peace”がコンセプトの第4回沖縄国際映画祭の「長編プログラム」「JIMOT CM COMPETITION」のエントリーを11月4日より開始しました。

 「長編プログラム」は本映画祭のコンセプトである"Laugh & Peace"の趣旨に沿った「笑える、もしくは観終わった後に幸せな気分になれる」という作品を公募し、Laugh 部門、Peace 部門それぞれから観客大賞(賞金2,500,000 円)を各1 作品・両部門を併せた全出品作品から審査員特別賞を選出します。
 「JIMOT CM COMPETITON」は、その地域に住んでいるからこそ知っている地元の魅力を伝えるアイデアを一般公募し、その中から選考したアイディアをもとに沖縄国際映画祭のスタッフとともにCMを作成します。
 “地元愛”があれば誰でも参加できる部門でグランプリには賞金47万円と地上波テレビでの放送が授与されます。

前回の第3回沖縄国際映画祭(期間:2011年3月18日~27日・31万人動員)では、開催直前におこった東日本大震災の被災地への思いを込め、「Yell,Laugh&Peace」をコンセプトに沖縄から「笑顔」を通じた「心のつながり」を被災地、全国へ届けることができました。第4回目では、前回にまして「笑顔」を通じた「心のつながり」を、沖縄全土から日本全国へと、さらには国境を越え、アジア、世界へと、幅広く伝搬させていく様々な展開を企画しております。

 つきましては、「長編プログラム」と「JIMOT CM COMPETITION」の2部門のエントリー開始のご案内をさせていただきます。

第4 回沖縄国際映画祭
「長編プログラム」 / 「JIMOT CM COMPETITION」 エントリー詳細

●長編プログラム

応募条件 ①2011年1月1日以降に完成した作品で、35mm、または上映用ビデオの長編映画作品であること。
     ②上映時間60分以上であること。
     ③本映画祭での上映時に、出品者の負担で英語字幕版を用意できること。英語字幕版製作に使用したダイアログ・リストを提出できること。
     ④本映画祭終了日以前に日本国内で商業公開(劇場/テレビ放映/インターネット配信)されていないこと。
     ⑤本映画祭の趣旨に沿った作品であること。
応募締切 2012年1月20日(金)
●JIMOT CM COMPETITON
応募条件 “地元”の魅力をあなたの「地元愛」をアイディアシートでご提出ください。
応募締切 2011年12月16日(金)
詳細は沖縄国際映画祭 ホームページをご参照ください。http://www.oimf.jp



 もう4回目なんですね!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/16(水) 23:36:53|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聴覚障がい者向け日本語字幕付きバリアフリー上映会を実施

--------------------------------------------------------------
  第12回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2011
  2011年11月19日(土)~11月27日(日)
  有楽町朝日ホール、東劇 他にて
  http://www.filmex.net/
---------------------------------------- 映画の未来へ -----

=====================================
聴覚障がい者向け日本語字幕付きバリアフリー上映会を実施します
=====================================

聴覚に障がいを持った方にも映画を楽しんでいただくために、日本語字幕付きでバリアフリー上映を実施します。

        <開催概要>

第12回東京フィルメックス
「聴覚障がい者向け日本語字幕付きバリアフリー上映会」

協力:KAWASAKIしんゆり映画祭

◎日時:2011年11月23日(水・祝)13時 開始
◎会場:東劇(中央区築地4-1-1 東劇ビル3F) Tel; 03-3541-2711
   東京メトロ東銀座駅 6番出口

◎ 作品:『夏の庭 The Friends』(1994年/113分/相米慎二監督)
 http://filmex.net/2011/so11.html
※上映終了後にトークイベントも予定しています
(10分程度、ゲストは後日発表、手話通訳付き)。

当日券 一般1,500円 シニア・学生・小人1,000円
※障害者手帳をお持ちのお客様は、ご本人と付添いの方(2名様まで)が、それぞれ1,000円でご鑑賞いただけます。チケット売場にて、障害者手帳をご提示ください


-------------- + + + -------------- + + + -------------- + + + --------------

なお、この上映では、第5回<「映画」の時間>と題して、親子20組40名様を無料でご招待しております(映画祭公式サイトで参加者募集中、11/9まで)。
http://filmex.net/news/2011/03/post-201.html

また、バリアフリー用の日本語字幕の他に、英語字幕も付いた状態での上映です。子どもたちも、外国人も、聴覚障がい者の方も、より多くの方に名作を楽しんでいただけるように企画いたしました。

-------------- + + + -------------- + + + -------------- + + + --------------

◎作品詳細
『夏の庭 The Friends』(1994年/113分/相米慎二監督)
出演:三國連太郎、戸田菜穂、淡島千景、笑福亭鶴瓶、坂田直樹、王泰貴、牧野憲一、寺田農、柄本明

・物語……サッカー仲間である小学6年生の3人組。その夏、彼らは一人暮らしのおじいさんの見張りを始めた。死ぬところを見るために。おじいさんは、見られることを意識して、逆に元気になっていき、死ぬことを見に行ったはずの彼らは、おじいさんのかけがえのない人生と出会うことになる。そして、突然の死。少年たちにとっておじいさんは心強い“あの世の知り合い”になったのだった。

・解説……真夏の神戸を舞台に、ワンパクざかりの男の子3人と老人との交流を描くドラマ。課題図書にも指定された、湯本香樹実の同名児童小説(福武書店、新潮文庫・刊)を原作に相米慎二が監督。主演の小6トリオは1万人を超えるオーディションにより選ばれた。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第5位、同読者選出日本映画ベストテン第8位。

------------------------------------------------------------
●第12回東京フィルメックス●
2011年11月19日(土)-27日(日)
有楽町朝日ホール 他 にて
---------------------------------
▽東京フィルメックス事務局
  URL:http://www.filmex.net
E-mail:info@filmex.net
〒107-0052
  東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル3F
TEL:03-3560-6393 FAX:03-3586-0201
----------------------------------------------------
(c)TOKYO FILMeX



 バリアフリー上映会はもっともっと行われるべきでしょう。映画は台詞だけではなく,画の芸術でもあるのですから。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/07(月) 21:05:09|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「東京国際映画祭 in 仙台」特別上映会実施

「ステキな金縛り」舞台挨拶
(c)2011 TIFF

10月25日、仮設住宅にお住まいの方を含む、仙台地区在住の皆様をお招きした「東京国際映画祭 in仙台」特別上映会を、MOVIX仙台にて開催致しました。応募総数は1,781名、そのうち約700名の当選者が来場し、新作映画4作を楽しみました。

============================================================================
■日/場所
 10月25日(火) MOVIX仙台(宮城県仙台市太白区長町7丁目20-15)

■作品/登壇者
13:00~「ハルのふえ」@シアター8 (舞台挨拶)戸田恵子さん、野沢雅子さん
15:20~「ステキな金縛り」@シアター7 (舞台挨拶)西田敏行さん、三谷幸喜監督
17:00~「カイジ2 ~人生奪回ゲーム~」@シアター8
19:10~「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」@シアター7
    ※ミラ・ジョヴォヴィッチのビデオ・メッセージ付上映
============================================================================

 やなせたかしさん原作のアニメーション「ハルのふえ」では、上映後、多くの子どもファンが詰めかける中、声優を務めた野沢雅子さん、戸田恵子さんが登壇。野沢さんは「生き物である以上は全部同じ気持ちだなと思った。人間が忘れがちなことを教えてくれるような原点」と本作を称え、戸田さんはやなせたかしさんの「大人の方にもぜひとも見ていただきたい。じんわりほっこりする気持ちが皆様に伝わり、癒されるのではないか」というメッセージを伝え、仙台の子どもたちが野沢さん、戸田さんを囲んで行われたフォトセッションでは、文字通りほっこりとした雰囲気に場内が包まれました。

 「ハルのふえ」の舞台挨拶では、東京国際映画祭都島信成事務局長と仙台市市民局文化スポーツ部・武田均部長が登壇、都島より、「映画祭ができる事は映画を見ていただく事、この上映会をきっかけにもっと映画を沢山見て欲しい」「被災地で映画の巡回上映を展開する『シネマエール東北』をサポートしている」旨の話があり、続けて、武田部長が、奥山恵美子仙台市長のメッセージ「人々が人らしく生きていくために、夢や希望が必要です。そのために文化の力が欠かせません。今日、映画という文化の力で、ここにお集まりの市民の皆様が、また一歩進む希望を得られるとすれば、私にとっても大変な喜びでございます。さあ、明日からまた一緒に、前を向いて歩いていきましょう」(抜粋)を読み上げました。

 「ステキな金縛り」では、上映後、主演の西田敏行さん、三谷幸喜監督が登壇。三谷監督は「映画というのは、映画館でこうやってみんなで一緒に見る事で何倍も面白くなると思います」と話しました。西田さんは「僕の子どもの頃の情操というのは映画館で育くまれたと言っても過言ではありません。それくらい父と母に映画館に連れて行かれました。何でも、どん欲に見ました。学校のいつも怒っている先生が『二十四の瞳』を見ている時にぼろぼろ泣いている姿を見たり、人間は心の中にいろいろなものを持っているのだと、子ども心ながらに知りました。これはぜひお子さんたちに見てほしい。みんな元気を取り戻してほしい。映画というものは本当にすばらしい力を持っていると確信している」と熱く語りました。

 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」では、主演のミラ・ジョヴォヴィッチさんからの心のこもったメッセージ「どの映画を作っても日本に来るくらい日本が好き」「大変な時期だからこそ、愛をこめてこの映画を届けたい」が披露されました。

============================================================================
「ハルのふえ」(48分 2011年 日本)
 監督:川又 浩 原作:やなせたかし キャスト:戸田恵子、野沢雅子 

「ステキな金縛り」(142分 2011年 日本)
 脚本/監督:三谷幸喜 キャスト:深津絵里、西田敏行、中井貴一 

「カイジ2~人生奪回ゲーム~」(133分 2011年 日本)
 監督:佐藤東弥 キャスト:藤原竜也、伊勢谷友介、吉高由里子 

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」
(111分 2011年 ドイツ=フランス=イギリス 字幕 3D)
 監督:ポール・W・S・アンダーソン キャスト:ローガン・ラーマン、
    ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム 

============================================================================



 東京国際映画祭期間中だけではなく,定期的にこういう企画があるといいですね。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/04(金) 09:46:13|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊急追加上映決定!!『人山人海』ー第12回東京フィルメックス

--------------------------------------------------------------
  第12回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2011
  2011年11月19日(土)~11月27日(日)
  有楽町朝日ホール、東劇 他にて
  http://www.filmex.net/
---------------------------------------- 映画の未来へ -----

====================
 緊急追加上映決定!!
====================

【東京フィルメックス特別招待作品】

特別招待作品に以下の作品が追加されました(全10作品)。

『人山人海』(れんしゃんれんはい)People Mountain People Sea / 人山人海
中国、香港 / 2011 / 91分 / 監督:ツァイ・シャンジュン (CAI Shangiun)

中国の注目の新鋭ツァイ・シャンジュンの監督第2作。弟を殺して逃走した男の行方を追って南部の貴州から重慶、更に北部の炭鉱へと向かう主人公をリアリズム・タッチで描き、繁栄の背後にあるもう一つの中国の現状を見せる。
ヴェネチア映画祭でサプライズ上映され、銀獅子賞(監督賞)を受賞。

上映日時:11月19日(土) 21:15 @TOHOシネマズ 日劇 *Q&A予定
     11月27日(日) 10:30 @有楽町朝日ホール

特別招待作品は、9/30までに発表した9本とあわせ、全10作品で確定しました。
(以下、リストの通り)

===========================================

【東京フィルメックス特別招待作品】全10作品

【特別招待作品】

<オープニング作品>
『アリラン』
韓国 / 2011 / 100分 / 監督、出演:キム・ギドク

<クロージング作品>
『奪命金』
香港、中国 / 2011 / 107分 / 監督:ジョニー・トー


『ニーチェの馬』
ハンガリー、フランス、スイス、ドイツ / 2011 / 146分 / 監督:タル・ベーラ

『これは映画ではない』
イラン / 2011 / 75分 / 監督:ジャファール・パナヒ、モジタバ・ ミルタマスブ

『モンスターズクラブ』
日本 / 2011 / 72分 / 監督:豊田利晃

『CUT』
日本 / 2011 / 132分 / 監督:アミール・ナデリ

『RIVER』
日本 / 2011 / 89分 / 監督:廣木隆一

『我が道を語る』Yulu / Yulu (語路)
中国 / 2011 / 88分 / 監督:ジャ・ジャンクー、タン・チュイムイ、チェン・タオ、
 チェン・ジーホン、ソン・ファン、ワン・ツーチャオ、ウェイ・ティエ

『KOTOKO』KOTOKO / KOTOKO
日本 / 2011 / 91分 / 監督:塚本晋也

『人山人海』People Mountain People Sea / 人山人海
中国、香港 / 2011 / 91分 / 監督:ツァイ・シャンジュン


【コンペティション部門】
 10本

【ニコラス・レイ生誕百年記念上映】
 2本

【限定!川島パラダイス♪】
 4本

【木下惠介特別上映】
 1本

【相米慎二のすべて -1980-2001 全作品上映-】
 13本
------

全40本

------------------------------------------------------------
●第12回東京フィルメックス●
2011年11月19日(土)-28日(日)
有楽町朝日ホール 他 にて
---------------------------------
▽東京フィルメックス事務局
  URL:http://www.filmex.net
E-mail:info@filmex.net
〒107-0052
  東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル3F
TEL:03-3560-6393 FAX:03-3586-0201
----------------------------------------------------
(c)TOKYO FILMeX



 昨日から前売の一般発売も開始となり,既に満席の回も出ているようです。私も連日観に行く予定にしています。楽しみ!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/04(金) 00:54:52|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第24回 東京国際映画祭 『キツツキと雨』審査員特別賞受賞!!

kitsutsuki_main.jpg

小さな村を舞台に、映画撮影隊と村人たちとのおかしくも温かい関係を、『南極料理人』で藤本賞新人賞を受賞した沖田修一監督が描く『キツツキと雨』(2012年2/11全国公開)。10/22~30開催の第24回東京国際映画祭。そのコンペティション部門に日本映画として唯一出品した本作が、本映画祭にて審査員特別賞を受賞致しました!

世界で活躍する名優、役所広司が今回、作業服に足袋という出で立ちで、素朴で武骨な木こりを、そして引く手数多の実力派俳優、小栗旬が気弱な新人監督を演じます。共演には、若手注目俳優の高良健吾、臼田あさ美、ベテランの伊武雅刀、さらに山努が出演。コメディセンス溢れる沖田監督の演出によって、見たことのない役所広司×小栗旬、豪華なキャストたちが、再び日本中を笑顔にする、ヒューマン・エンタテインメント作品です。

このたびの審査員特別賞 受賞にあたり、沖田修一監督、出演の役所広司さん、小栗旬さんより喜びのコメントが到着いたしました。

本作品は、2012年2月11日より全国にて公開いたします。ぜひご期待ください!


【沖田修一監督】
びっくりしてます。今回のコンペ作品で唯一の日本映画ということで、大きなプレッシャーを背負い、周囲の方から、頑張ってくださいと言っていただきました。上映を楽しみにしてくださったお客さんに見てもらっただけでもうれしく、それだけで満足でした。この映画は地方ロケでたくさんの方の力をかりて作った作品です。この場をかりてこの作品に携わった皆さんに、ありがとうございました。

【役所広司】
沖田監督、おめでとうございます!審査委員の皆様、そして映画を観てくださった、お客様、ありがとうございます。小倉から大声で喜んで叫んでいる、役所です!

【小栗旬】
うれしい!けどグランプリがよかった、接戦だったと聞いたので...。
でも僕は映画祭に参加してお客さんが喜んでくれている姿を直接見られたので、それだけで満足です。



出演:役所広司 小栗 旬  /高良健吾 臼田あさ美 古舘寛治 伊武雅刀 山 努
監督・脚本:沖田修一(『南極料理人』) 脚本:守屋文雄   配給・宣伝:角川映画 
製作:©2011「キツツキと雨」製作委員会



 「最強のふたり」とグランプリを争ったそうですね。本作は映画祭で観ることができなかったので,とても楽しみにしています。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/02(水) 02:59:37|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ビバ!ナデリ」開催ー第12回東京フィルメックス『CUT』上映記念

--------------------------------------------------------------
  第12回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2011
  2011年11月19日(土)~11月27日(日)
  有楽町朝日ホール、東劇 他にて
  http://www.filmex.net/
---------------------------------------- 映画の未来へ -----

今年のコンペティション部門審査委員長で、最新作『CUT』が特別招待作品としてジャパンプレミアされるアミール・ナデリ監督。
彼のゼロ年代の傑作『サウンド・バリア』と『べガス』の2本を11月11日と12日の2日間限定で上映いたします。
11/12(土)『べガス』上映後には、黒沢清監督がナデリ作品の魅力を語るトークイベントも開催されます。

http://filmex.net/2011/guest.html

==========================================

第12回東京フィルメックス『CUT』上映記念
      「ビバ!ナデリ」
アミール・ナデリ監督『サウンド・バリア』『べガス』上映
-------------------------

2011年11月11日(金)、12日(土)
オーディトリウム渋谷にて限定上映

2005年11月、アミール・ナデリは東京フィルメックスに『サウンド・バリア』を携え来日し、そこで審査員を務めていた西島秀俊と出会った。その出会いは5年余りの年月を経て最新作『CUT』へと結実し、今年8月のヴェネチア映画祭で絶賛を博した。しかし、まだ現在の日本ではナデリ作品の「凄さ」は十分に知られていないだろう。第12回東京フィルメックスでの『CUT』ジャパン・プレミアを控えた今、彼のゼロ年代の傑作を2日間だけ限定上映。
ナデリとは何者か。彼の作品の魅力に迫る。

会場:オーディトリウム渋谷 http://a-shibuya.jp/
    東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F TEL: 03-6809-0538

チケット:当日券のみ 1回券:1,500円/2回券:2,500円
映画美学校生および東京フィルメックスサポーターズ会員割引:1,200円(1回券)
※半券をお持ちの方はトークイベントをご覧いただけます
 (いずれの日時でも可、詳細は劇場まで)

・各回入替、自由席
・開場は開映15分前

サウンド・バリア
Sound Barrier/2005/107min.
ニューヨーク。11歳の聾唖の少年ジェシーは、ラジオのDJだった亡き母親の声を録音したテープを探してクィーンズの倉庫にやって来る。ジェシーは苦労して大量のテープの中から母親のテープを探し出す。テープの中で母親が
何を言っているのかを知るために、ジェシーはテープを持って街へ出るのだが...。

→上映日時:11月11日(金)19:00~、11月12日(土)21:15~

べガス
Vegas: Based on a True Story/2008/102min.
砂漠の中の大都市ラスベガス。その近郊にパーカー一家は暮らしている。自動車修理工の父エディは稼ぎの大半を賭博に注ぎ込み、ウェイトレスとして働く母トレイシーが家族の生活を支えている。ある日見知らぬ男が訪ねてき
たことにより、一家のささやかな生活は一変する。ヴェネチア映画祭コンペティションで上映。

→上映日時:11月11日(金)21:15~、11月12日(土)18:15~
※11/12(土)『べガス』上映終了後トークイベントを予定
(ゲスト:黒沢清<映画監督>・聞き手:市山尚三)


【アミール・ナデリ プロフィール】 Amir NADERI
1945年、イランのアバダン生まれ。スチール・カメラマン、映写技師、助監督などを経験した後、「Khoda Hafez Rafig(Good Bye Friend)」(71)で映画デビュー。アッバス・キアロスタミとともに児童青少年知育協会をベースに活動。『駆ける少年』(86)、『水、風、砂』(89)で2作連続してナント三大陸映画祭グランプリを獲得。その後アメリカに移住し、現在はNYを拠点に活躍中。
最新作は日本で撮影された『CUT』(11)。第12回東京フィルメックス審査委員長。


【西島秀俊、『CUT』の撮影現場を語る】
「『CUT』の撮影は想像を超えたとてつもない体験で、自分にとってもこの作品が転機になりました。この映画があったから今後も俳優を続けていけると思えましたし、『CUT』以前と以後の自分に分かれるほどの体験でした」
※2010年11月10日に丸の内カフェで行われた西島秀俊さんとアミール・ナデリ監督の対談より採録

------
徹底的にやる、とことんやる、何が何でもやる、それがナデリ流だ。こうして映画からあらゆる装飾と贅肉と錆とがそぎ落とされ、凶暴な本質がまばゆいばかりに光り始める。我々が目にするのは一種の鍛え上げられた刃物だと言っていいだろう。それが轟音と共にスクリーンから斬りかかってくる。よけられる者はいない。そして映画が終わった時、観客の心は一度失った命を再び与えられたかのような不思議な喪失感と希望とで満たされる。映画とは本来このような力を持つものだったのだ...黒沢 清(映画監督)

------------------------------------------------------------
●第12回東京フィルメックス●
2011年11月19日(土)-28日(日)
有楽町朝日ホール 他 にて
---------------------------------
▽東京フィルメックス事務局
  URL:http://www.filmex.net
E-mail:info@filmex.net
〒107-0052
  東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル3F
TEL:03-3560-6393 FAX:03-3586-0201
----------------------------------------------------
(c)TOKYO FILMeX



 アミール・ナデリ監督作は観ていない…というより全く知らないに等しい。おそらく,CUT は今回観られると思うのだが,やはり,この上映会にも行っておきたい。でも,忙しくて無理な気がする。残念。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/11/01(火) 00:19:54|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第24回東京国際映画祭 各賞受賞作品・受賞者の発表

受賞者記念撮影
(c)2011 TIFF

本日、第24回東京国際映画祭クロージングセレモニーが行なわれました。
東京 サクラ グランプリを始めとする各賞の受賞作品と受賞者が発表されました。

■日時: 10月30日(日) 14:00~
■会場: TOHO シネマズ六本木ヒルズ スクリーン7

コンペティション審査委員長のエドワード・R・プレスマンさんは、「今年は、選考委員会が良い仕事をして素晴らしい作品ばかりで、審査委員の仕事は大変難しいものとなりました。審査委員のメンバーとはかなり議論を重ねてきましたが、友情も築けたと思います。映画は、その時代を象徴する聖堂です。たくさん集まった良い作品の中で、その傾向として、移民問題をテーマとして扱っているものが目立ちました。異なる文化や階級のぶつかり合い、そういった混沌とした世界を表現している作品が多くありました。東京さくらグランプリの『最強の二人』は、性格の異なる二人がぶつかり合い、友情を深めて行くという物語です。技術と芸術性に長けた作品です」。

また、審査委員キース・カサンダーさんは、特に審査員特別賞と東京サクラグランプリの受賞作品について、「候補にあがった2作品は甲乙つけがたく、悩みに悩んで決定しました」とコメント。

東京さくらグランプリに輝いた『最強のふたり』のエリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュからのヴォイスメッセージが紹介されました。
エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ監督: 「東京の友人の皆さん、素晴らしいニュースが届きました。私たちの映画にグランプリが与えられると!映画が、感情やユーモアなど、世界共通の価値観を伝達してくれるものであることを改めて実感しています。この信じられないような本当の物語を選んでくださってありがとうございます。二日後にフランスで公開になります。そして近日の日本公開にあわせて日本を訪れることを約束します!すごくハッピーです。Thank you, thank you, thank you, Tokyo!」



 サクラグランプリに輝いた最強のふたりは私も拝見しましたが,ユーモアいっぱいの感動作でした。日本公開が早く決まればいいですね。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/30(日) 23:28:53|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京国際映画祭開幕!ギャガ配給4作品のスターたちも六本木に集結!






震災後初のハリウッドスター来日に、湧きました!!
画像左からガブリエラ・ワイルド、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ポール・W・S・アンダーソン監督、ローガン・ラーマン
公式オープニング作品である本作はアリーナでのファンに向けた登壇後 オープニングセレモニー
正式上映の舞台にも登壇いたしました。






ピンクのドレスで登壇した芦田愛菜、原作者のメアリー・ポープ・オズボーンと





文豪ゲーテを演じたイケメン・ドイツ人俳優、アレクサンダー・フェーリング








  来日回数15回以上という
  親日家ヴィム・ヴェンダース監督夫妻も
  にこやかに登場!






 私もその場にいたのですが,ヴィム・ヴェンダース監督は格好良かったです。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/26(水) 00:48:51|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『夏の庭 The Friends』親子20組40名様ご招待ー第5回<「映画」の時間>

--------------------------------------------------------------
  第12回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2011
  2011年11月19日(土)~11月27日(日)
  有楽町朝日ホール、東劇 他にて
  http://www.filmex.net/
---------------------------------------- 映画の未来へ -----

2008年より東京フィルメックスが取り組んできた、子ども映画ワークショップ<「映画」の時間>。
今年は相米慎二監督の『夏の庭 The Friends』へ親子20組40名をご招待します。

==========================================

第5回<「映画」の時間>
夏の庭 The Friends
親子20組40名 無料ご招待

-------------------------

映画館ってどんなところ?
大きなスクリーンで"みんな"で一緒に映画を観よう!

親子20組40名を無料でご招待します。

◎日時:2011年11月23日(水・祝)13時 開始
◎会場:東劇(中央区築地4-1-1 東劇ビル3F) Tel; 03-3541-2711
   東京メトロ東銀座駅 6番出口
◎ 作品:『夏の庭 The Friends』(1994年/113分/相米慎二監督)
※上映終了後にトークイベントも予定しています。
 (10分程度、ゲストは後日発表)
 
◎お申し込み方法
Eメールの本文に以下の情報をお書き添えの上、(eiganojikan@filmex.net)へお申し込みください。受付メールを返信いたします。
応募多数の場合は、抽選の上、ご当選者のみなさまにご案内いたします。
 
応募締切:11月9日(水)20時
※当選者へのご案内は翌11月10日(木)を予定しています。
 
--------------------------------
●メール件名→「夏の庭」親子招待申し込み
 
●保護者のお名前(よみ)
●お子様のお名前(よみ)
●お子様の学年・年齢
●メールアドレス
●お電話番号
 
以下の質問はよろしければお答えください。
・ どこでこの募集をお知りになりましたか?
・ <「映画」の時間>(子ども映画ワークショップ)はご存知でしたか?
・ お子様と一緒にどんな映画をご覧になりたいですか?
---------------------------------
 
※ お子様は18歳以下が対象です。映画の推奨年齢は8歳以上です。
※ ごきょうだいや、ご両親でご覧になりたい場合は追加のお席はご購入いただきます。その際、ご当選者の親子席と離れたお席しかご用意できない場合がございます(全席指定席制)。あらかじめご了承の上、お申し込みください。
 
◎作品詳細

夏の庭 The Friends』(1994年/113分/相米慎二監督)
出演:三國連太郎、戸田菜穂、淡島千景、笑福亭鶴瓶、坂田直樹、王泰貴、牧野憲一、寺田農、柄本明
 
・物語......サッカー仲間である小学6年生の3人組。その夏、彼らは一人暮らしのおじいさんの見張りを始めた。死ぬところを見るために。おじいさんは、見られることを意識して、逆に元気になっていき、死ぬことを見に行ったはずの彼らは、おじいさんのかけがえのない人生と出会うことになる。
そして、突然の死。少年たちにとっておじいさんは心強い"あの世の知り合い"になったのだった。
 
・解説......真夏の神戸を舞台に、ワンパクざかりの男の子3人と老人との交流を描くドラマ。課題図書にも指定された、湯本香樹実の同名児童小説(福武書店、新潮文庫・刊)を原作に相米慎二が監督。主演の小6トリオは1万人を超えるオーディションにより選ばれた。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第5位、同読者選出日本映画ベストテン第8位。

-------------
★ 上映するフィルムには、英語と日本語の字幕がついています。

お家でひとりでDVDを観るのも楽しい。
でも、映画館でたくさんのお友だちや初めて出会う人たちと一緒に映画を観るのも、もっと楽しい。
映画館には色々なお客さまが来ます。
外国人のお客さまも映画を楽しみたい。
耳の不自由なお客さまも映画を楽しみたい。
そんなたくさんの願いにこたえて、日本語と英語の字幕をつけて『夏の庭 The Friends夏の庭 The Friends』を上映します。
みなさんが観ている映画館には、この字幕を必要としているお客さまがいる--
そんなことも少し考えてみてくださいね。
 
=============================================
 
東京フィルメックスでは、2008年より子ども映画ワークショップ<「映画」の時間>に取り組んで参りました。
第1回(08年)~第3回(10年3月)では、映画を「みる」「しる」「つくる」「みせる」をキーワードに、小学3年生~中学3年生の子どもたちが、特別講師の映画監督と大人スタッフのサポートにより、子どもたちの手で映画制作から上映会までを実現しました。
第11回東京フィルメックスの開催期間中に行われた第4回(10年11月)では、特に「みる」「しる」に重点を置き、観賞後に映像に命が吹き込まれる瞬間を体験しました。

これまでの活動を公式サイトにまとめておりますので、ご覧ください。
http://filmex.net/news/2011/03/post-201.html

------------------------------------------------------------
●第12回東京フィルメックス●
2011年11月19日(土)-28日(日)
有楽町朝日ホール 他 にて
---------------------------------
▽東京フィルメックス事務局
  URL:http://www.filmex.net
E-mail:info@filmex.net
〒107-0052
  東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル3F
TEL:03-3560-6393 FAX:03-3586-0201
----------------------------------------------------
(c)TOKYO FILMeX



 映画館で映画を観ることの重要性を子供たちに伝えていくことは重要なことです。特に今回はシネコンではない映画館ですから,今では貴重な体験になるかもしれません。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/25(火) 12:57:52|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第24回東京国際映画祭 オープニングイベント

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の皆さん
(c)2011 TIFF

第24回東京国際映画祭

*******************************************************************

いよいよ開幕!!豪華ゲストがグリーンカーペットに登場!

*******************************************************************

今年も豪華なゲストをお迎えしてのオープニングイベントを下記の通り行いました。午前中まで降り続いていた雨も無事に上がり、オープニングのグリーンカーペットに続き、セレモニーが執り行われました。

===================================================================

■日 時: 10月22日(土) 
■場 所: グリーンカーペットイベント(六本木ヒルズ けやき坂)、セレモニー(TOHOシネマズ六本木ヒルズ Screen7)
■セレモニー登壇者:依田巽(第24回TIFFチェアマン)
■ゲスト:エドワード・R・プレスマン、キース・カサンダー、ファン・ビンビン、小林政広監督、レイコ・クルック(コンペティション国際審査委員)、ジャッキー・チェン(『1911』主演)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』)、野田佳彦総理大臣、枝野幸男経済産業大臣
(敬称略)

===================================================================
 第24回東京国際映画祭が、依田チェアマンの開催宣言で華やかに開幕致しました。心配された雨も上がり、恒例の約200Mのグリーンカーペットに、ジャッキー・チェンさん、江角マキコさん、中川翔子さん、岡田将生さん、榮倉奈々さん、役所広司さん、小栗 旬さん、阿部 寛さん、中井貴一さん、溝端淳平さん、黒木メイサさん、ヴィム・ヴェンダースさん、山田孝之さん、ミラ・ジョヴォヴィッチさんなど国内外の豪華ゲストが登壇した他、芦田愛菜さんが可愛らしい着ぐるみの人形と供に登場。そして、フラガールやスケート少女たちの団体や、バルーンが登場するなど、華やかなカーペットとなりました。

 グリーンカーペット終了後、TOHOシネマズ六本木ヒルズ SCREEN7で行われたオープニングセレモニーでは、依田チェアマンが開幕宣言。その後、依田チェアマンは「今回は映画の持つ力、夢、希望を与えられる映画祭にしたい。“TIFF ARIGATOプロジェクト”をテーマに皆様に感謝を伝えたい」と挨拶。また、野田佳彦内閣総理大臣が登壇し、「映画は本当に素晴らしいし、いい映画は永遠に残ります。その感動を、国境を越えて分かち合うのが、映画祭の意義だと思います。第24回のこの東京国際映画祭を通じて、この東京から感動の渦が世界に広がることを期待したい」と述べました。
 
 出演作から、特別オープニング作品『1911』より代表してジャッキー・チェンさんが「僕の特別な作品「1911」が特別オープニング作品に選ばれたことを大変光栄に思います。東京国際映画祭が大成功することを願っております」と述べ、公式オープニング作品『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』よりミラ・ジョヴォヴィッチさんが「日本に戻ってこられて本当に嬉しいけれども、36時間しかいられないことが悲しい」と述べました。

 本日のオープニングイベントでは、豪華ゲストが402名、グリーンカーペットの一般観覧人数は5000人、マスコミの数も640を超え、大変な賑わいを見せ、華やかに第24回東京国際映画祭が開幕致しました。



 今回は朝方から,かなりの雨が降っており,これはグリーンカーペットを歩くのは難しいのかと思っていたら,昼頃には雨が上がってくれました。今まで雨に祟られることのほとんどなかった東京国際映画祭のオープニングですが,今回もジンクス通り,そうなってくれたのには驚きました。関係者の日頃の行いがとてもいいのかもしれません。
 私もグリーンカーペットはアリーナ席から拝見しておりましたが,いつもながらの熱気で,今年の東京国際映画祭も華やかに開幕を迎えたわけです。
 さぁ,期間中は映画を観るぞ!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/23(日) 23:56:40|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ開幕!豪華ゲストが登場!

ロゴ

いよいよ本日10月22日(土)から今年の東京国際映画祭が開幕となります。昨年に引続き100%ペットボトルのリサイクルで作ったグリーンカーペットを敷きつめ、各国から多彩なゲストが登場し、開幕を飾ります。

第24回東京国際映画祭オープニングイベント

今年のグリーンカーペット参加者は、
エドワード・R・プレスマン、キース・カサンダー、ファン・ビンビン、小林政広監督、
レイコ・クルック(コンペティション国際審査委員)、ポール・W・S・アンダーソン監督、
ミラ・ジョヴォヴィッチ、ローガン・ラーマン、ガブリエラ・ワイルド(『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』)、ジャッキー・チェン、江角マキコ、中川翔子(『1911』)、市井紗耶香、八千草薫(『明日に架ける愛』)、岡田将生、榮倉奈々(『アントキノイノチ』)、ソニア・スイ(『運命の死化粧師』)、高杉真宙、剛力彩芽、鶴田真由、細川茂樹(『カルテット!』)、フラガールズの皆さん(『がんばっぺ フラガール! ~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』)、役所広司、小栗 旬(『キツツキと雨』)、渡辺真起子(『ギリギリの女たち』)、阿部 寛、中井貴一、溝端淳平、黒木メイサ(『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』)、小池徹平、生瀬勝久(『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』)、伊勢谷友介監督、森山未來(『セイジ ―陸の魚―』)、仲里依紗、石橋 凌(『ハラがコレなんで』)ヴィム・ヴェンダース(『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』)、北川景子、芦田愛菜(『マジック・ツリーハウス』)、オキサイド・パン監督(『夢遊 スリープウォーカー』)山田孝之(『指輪をはめたい』)、加藤夏希(『レッド・ティアーズ~紅涙~』)、久保純子、ジョン・カビラ(司会チーム)、佐藤永典、竹内 寿、牧田哲也(TIFF BOYS)など
(敬称略)

●上記ゲストの来場は、全て予定です。変更になる場合もございますのでご了承下さい。
グリーンカーペットの歩き順ではございませんのでご留意下さい。



 私もこれから取材に行ってまいります。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/22(土) 09:07:33|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKYO × Le Baron de Paris「東京国際映画祭 スペシャルハロウィンパーティ」開催

ロゴ
*******************************************************************

TIFF TOKYO × Le Baron de Paris
「東京国際映画祭 スペシャルハロウィンパーティ」開催

*******************************************************************

第24回東京国際映画祭(TIFF、10月22日~30日開催)は、10月29日(土)に東京のカルチャーシーンをリードするクラブラウンジLe Baron de Paris(南青山)にて、スペシャルハロウィンパーティを開催いたします。

“Believe! The power of films” (信じよう。映画の力。)をコミュニケーションメッセージに、今年のTIFFではハロウィンを兼ねた複合的なパーティを実施。様々な角度から映画祭の魅力をアピールし、若者を中心とした新たな映画人・映画ファンの新規開拓を目指します。
また、パーティでは被災地への応援プロジェクト「TIFF ARIGATOプロジェクト」の活動を盛り込むなど、来場者参加型のパーティを演出。国際映画祭として、誰もが参加できる華やかな社交場を提供するとともに、日本の力(Spirit of Japan)を世界に発信いたします。

当日はLe Baron de Paris店内も映画祭カラー「グリーン」をテーマに、スペシャルなデコレーションを予定。エントランスにはグリーンカーペットを敷設し、映画祭ゲストや映画人、映画ファンをはじめ、華やかなゲストをお迎えいたします。

===================================================================
■開催概要
【タイトル】TIFF TOKYO × Le Baron de Paris 「東京国際映画祭 スペシャルハロウィンパーティ」
【開催日】 2011年10月29日(土)
【時間】  Open 21:00
【場所】 Le Baron de Paris
東京都港区南青山3-8-40 青山センタービルB1 http://lebaron.jp/
【入場料】 3,000円(1ドリンク込)
【LIVE】  THE 5.6.7.8’s http://www.the5678s.net/
【DJ】 PELI, FUJIKO(RESTIR), Naoki Serizawa(LiLiTH), Gogy Esparza & Sachiko(SHIMA), MISHA JANETTE, EDDIE(TDA), more!
【ドレスコード】ハロウィン
【Special Decoration】東 信(花樹研究所) http://www.azumamakoto.com/



 土曜の夜は楽しみましょう!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/21(金) 01:10:14|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロシアアニメーションフェスティバル、11/19に開催決定!

メインビジュアル

毎年恒例となって参りましたロシアアニメーションフェスティバルの開催が今年も決定しました!
11月25日(金)にロシア語版のDVDが発売される新作「チェブラーシカ」とオリジナル版「チェブラーシカ」を中心に、最近、注目度が増しているロシアアニメーションをお楽しみいただく絶好の機会となります。
是非、ご来場ください!

【日程】11月19日(土)
【会場】オーディトリウム渋谷(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)
※渋谷駅より徒歩10分、文化村前交差点「松濤郵便局前」左折
【スケジュール】
<第1部>14:30~ 上映スタート
<第2部>17:30~ 上映スタート
【入場】完全無料招待制、公式HPにて応募受付
詳細は公式HPまで
ロシアアニメーションフェスティバル2011 公式HP
http://www.cheb-project.com/raf2011/

【応募締切】11月3日(木)※祝日

オリジナル版「チェブラーシカ」(ロシア)、2010年公開の劇場版「チェブラーシカ」(日本)の一部ほか、日本では観る機会が限られているロシアのアニメーション作品をセレクトして上映致します。なお、2010年度版の劇場版「チェブラーシカ」<銀残しver.>は本邦初公開となります!

その他、ゲストを迎えてのトークショーなども調整中で、決定次第、公式HP上で発表される予定となっているので、ご期待下さい!

※<銀残し>とは...フィルムへの特殊な現像手法により、深みのある色調をお楽しみいただけます。

主催:ロシアアニメーションフェスティバル2011実行委員会
後援:ロシア文化フェスティバル組織委員会、ロシア連邦文化省、チェブラーシカ・プロジェクト、フロンティアワークス
協力:東宝、竹書房

©2010 Cheburashka Movie Partners/Cheburashka Project



 銀残しヴァージョンまであるとは!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/14(金) 21:54:10|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特別招待作品に2本追加決定!東京フィルメックス

--------------------------------------------------------------
  第12回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX 2011
  2011年11月19日(土)~11月27日(日)
  有楽町朝日ホール、東劇 他にて
  http://www.filmex.net/
---------------------------------------- 映画の未来へ -----

【東京フィルメックス特別招待作品】


特別招待作品に以下の2作品が追加されました(全9作品)。


『我が道を語る』Yulu / Yulu (語路)
中国 / 2011 / 88分 / 監督:ジャ・ジャンクー、タン・チュイムイ、チェン・タオ、チェン・ジーホン、ソン・ファン、ワン・ツーチャオ、ウェイ・ティエ
ジャ・ジャンクーがタン・チュイムイをはじめとする6人の若手監督たちとともに手がけたオムニバス・ドキュメンタリー。実業家、社会活動家、若手昆劇俳優など、様々なジャンルで活躍する人々へのインタビューにより、現代中国の様相を生き生きと表現した作品。

『KOTOKO』KOTOKO / KOTOKO
日本 / 2011 / 91分 / 監督:塚本晋也
配給:マコトヤ
塚本晋也=製作・脚本・撮影・編集の最新作。Coccoを主演・原案に、子供を愛しながらも歌っている時以外は世の中に順応し難く、現実と虚構とのバランスを保てずに葛藤を続ける姿を、美しくもエネルギッシュに描く。ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門の最高賞を受賞。


特別招待作品は、9/15に既に発表した7本とあわせ、全9作品です。
(9/30現在、以下、リストの通り)


===========================================

【東京フィルメックス特別招待作品】全9作品 *9/28現在

【特別招待作品】

<オープニング作品>
『アリラン』
韓国 / 2011 / 100分 / 監督、出演:キム・ギドク

<クロージング作品>
『奪命金』
香港、中国 / 2011 / 107分 / 監督:ジョニー・トー


『ニーチェの馬』
ハンガリー、フランス、スイス、ドイツ / 2011 / 146分 / 監督:タル・ベーラ

『これは映画ではない』
イラン / 2011 / 75分 / 監督:ジャファール・パナヒ、モジタバ・ ミルタマスブ

『モンスターズクラブ』
日本 / 2011 / 72分 / 監督:豊田利晃

『CUT』
日本 / 2011 / 132分 / 監督:アミール・ナデリ

『RIVER』
日本 / 2011 / 89分 / 監督:廣木隆一

『我が道を語る』Yulu / Yulu (語路)
中国 / 2011 / 88分 / 監督:ジャ・ジャンクー、タン・チュイムイ、チェン・タオ、チェン・ジーホン、ソン・ファン、ワン・ツーチャオ、ウェイ・ティエ

『KOTOKO』KOTOKO / KOTOKO
日本 / 2011 / 91分 / 監督:塚本晋也

【コンペティション部門】
 10本

【ニコラス・レイ生誕百年記念上映】
 2本

【限定!川島パラダイス♪】
 4本

【木下惠介特別上映】
 1本

【相米慎二のすべて -1980-2001 全作品上映-】
 13本
------

全39本

* 9/30時点での情報です。

------------------------------------------------------------
●第12回東京フィルメックス●
2011年11月19日(土)-28日(日)
有楽町朝日ホール 他 にて
---------------------------------
▽東京フィルメックス事務局
  URL:http://www.filmex.net
E-mail:info@filmex.net
〒107-0052
  東京都港区赤坂5-4-14 トレード赤坂ビル3F
TEL:03-3560-6393 FAX:03-3586-0201
----------------------------------------------------
(c)TOKYO FILMeX



 やっぱりジャ・ジャンクー監督作も上映されるんですね!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/07(金) 22:57:47|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第24回東京国際映画祭 コンペティション審査委員決定

ロゴ
9月21日の記者会見にて発表いたしました審査員長を含む、第24回東京国際映画祭のコンペティション審査委員5名が決定いたしました。

===================================================================

■第24回東京国際映画祭 コンペティション審査委員
             
審査委員長:エドワード・R・プレスマン/ 映画プロデューサー

審査委員:キース・カサンダー/ 映画プロデューサー

審査委員:ファン・ビンビン/ 女優

審査委員:小林政広/ 映画監督

審査委員:レイコ・クルック/特殊メーキャップアーティスト

★各審査委員のプロフィールは公式サイトをご確認ください。
http://2011.tiff-jp.net/news/ja/?p=425

===================================================================

■第24回東京国際映画祭
■開催期間:10月22日(土)~10月30日(日) 9日間   
■会場:六本木ヒルズ(港区)ほか
■オフィシャルHP:http://www.tiff-jp.net/      
■チケット発売日:10月8日(土)前売鑑賞券発売開始
■一般問い合わせ先
ハローダイヤル 9/21(水)~10/30(日)
日本語:03-5777-8600、050-5541-8600 (全日/8:00~22:00)
英語:03-5405-8686 (全日/9:00~18:00)

===================================================================



 ようやく審査員も決定して,本番を待つのみとなりました。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/03(月) 23:55:08|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4回したまちコメディ映画祭 「クロージングセレモニー」

クロージングセレモニー

9月19日(月) クロージングセレモニーが行われ、9月16日(金)から始まった、「第4回したまちコメディ映画祭in台東」が幕を閉じました。4日間でなんと10万人を超える観客が訪れ、過去最高の来場者数となりました。

クロージングセレモニーでは、笑いと音楽で多くの人々を魅了した"日本の喜劇王"エノケンと"ブギの女王"笠置シヅ子に敬意を表して、豪華アーティストが集結。彼らの楽曲を一曲ずつカバーし、細野晴臣と高田漣ブギウギバンドのセッションが実現するなど、貴重なライブが行われました。ライブ後には、総合プロデューサーのいとうせいこう、吉住弘(実行委員会会長、台東区長)、青柳雅之(区議会議長)より挨拶がありました。そして、最後はライブ出演者、サポーター、したまちコメディ大賞グランプリ受賞者も壇上にあがり、会場全員で笠置シヅ子の「東京ブギウギ」を合唱し、閉会しました。


「第4回したまちコメディ映画祭in台東 クロージングセレモニー」

●実施日時:9月19日(月・祝)
●場所:不忍池水上音楽堂(台東区上野公園)
●登壇:いとうせいこう、吉住弘(実行委員会会長/台東区長)、青柳雅之(区議会議長)
    ライブ出演者(浅草ジンタ、EGO-WRAPPIN'、高田漣ブギウギバンド(ゲスト:細野晴臣)、
    ポカスカジャン、メトロファルス、レキシ)
    サポーターの皆さん、吐山由美監督、西本真希子監督(したまちコメディ大賞2011グランプリ受賞者)


いとうせいこう:
演奏に心がこもっていました。皆さん元気になって帰るのではないでしょうか!いろいろな方に参加して頂きまし
たが、温かい映画祭だ。来年も参加したいと言ってくれる方ばかりで、来年5回目はさらにすごいことになります
よ!

吉住弘(実行委員会会長/台東区長):
4日間大勢の方にお越し頂きまして感謝しております。総合プロデューサーのいとうせいこう、スタッフ、サポー
ター、そしてお客さん。大勢の方に支えられて素晴らしい映画祭となりました。来年も素晴らしい企画を立てて、たくさんの方に喜んでもらえるように努力いたしますので、よろしくお願いいたします。

青柳雅之(区議会議長):
これだけ大勢の方にお越し頂きありがとうございました。みんなで笑顔になれたこと、ガリガリ君の歌をポカスカ
ジャンが歌っていること、今日は本当に色々なことを知ることができました。第5回に向けてみなさんと盛り上げ
ていけたらと思います。そして何より、「したまち」「映画」「笑い」のトライアングルが全国に、そして世界に元
気を届けることができたと思います。被災地は今も復興に向けて努力しています。元気と笑顔を被災地にも届けて、
第5回も盛り上げていけるように皆さんどうぞご協力をお願いいたします。




「第4回したまちコメディ映画祭in台東」
公式HP:www.shitacome.jp



 来年も楽しみにしております。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/10/02(日) 18:33:04|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4回したまちコメディ映画祭in台東 「声優口演inしたコメ2011」



第4回したまちコメディ映画祭がついに開催されました!「したコメ」は浅草、上野という東京随一のしたまちの魅力を、コメディ映画を通じて存分に味わっていただく映画祭です。


古き良き名作無声映画にライブで台詞をつけてお贈りする「声優口演ライブinしたコメ」。4回目となる今年はお馴染みの羽佐間道夫、山寺宏一に加え、ゲストに野沢雅子、高木渉を招き、世界の三大喜劇王の一人、ハロルド・ロイドの名作「ロイドの巨人征服」を、羽佐間、野沢、高木が、あのチャップリンの「犬の生活」を山寺が、名演しました!

ロイドの巨人征服」では、病弱の主人公・ハロルドを看病する看護婦役の野沢雅子が「オラに元気を分けてくれ!」と有名なドラゴンボールの悟空になりきってみたり、登場する薬を"仙豆"を呼んだり、ハロルドが看護婦を助けるシーンでは、ハロルドを演じる高木渉が、「エイドリアーン!」と羽佐間道夫が長年演じてきたシルヴェスター・スタローンの「ロッキー」の名シーンを口真似してみたり、ファンには見どころ満載のショーをなりました。

続いては、山寺宏一による「犬の生活」。長年演じてきた作品なだけに、台本を見ないで犬の犬種を言い分けたり、男性役も女性役も全て一人で演じ、アドリブを交えながらのスゴ技を見せつけました。


「声優口演inしたコメ2011」

●実施日時:9月18日(日)
●場所:不忍池水上音楽堂
●口演:羽佐間道夫、野沢雅子、高木渉、山寺宏一


■羽佐間
無声映画というものは昔は活弁というものをのせて見せていたけれども、それは一人で状況を説明するようなものだったけれども、これにキャストが話しているように観れたらおもしろいと思って、この声優口演を始めました。声が画にのることでだんだん立体になっていく。それを僕らが作っていくんです。

■山寺
僕は宮城出身なんですけれども、何回か慰問にも行かせていただきました。復興が進んでいる地域もあれば、まだまだ復興を待つところもあります。皆さんに元気になっていただければと思い、いろんなイベントも行ってますが、是非この声優口演もやりたいですね!



「第4回したまちコメディ映画祭in台東」
公式HP:www.shitacome.jp



 声優口演は色々なところで,もっとやってほしいですね。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/09/30(金) 00:36:46|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4回したまちコメディ映画祭in台東 「極道めし」舞台挨拶・ティーチイン

「極道めし」舞台挨拶

第4回したまちコメディ映画祭がついに開催されました!「したコメ」は浅草、上野という東京随一のしたまちの魅力を、コメディ映画を通じて存分に味わっていただく映画祭です。
 年に一度の贅沢メニュー"おせち料理"を懸けて受刑者たちが想いでめし自慢バトルを繰り広げる「極道めし」。公開に先駆けて本映画祭での上映となり、監督・メインキャストが集まり、舞台挨拶とティーチインを行いました。


「極道めし」舞台挨拶・ティーチイン

●実施日時:9月19日(月・祝)
●場所:浅草公会堂
●登壇:前田哲監督、永岡佑(29)、勝村政信(48)、落合トモキ(21)、ぎたろー(コンドルズ/29)、麿赤兒(68)、木村文乃(23) 

■前田:
原作から映画にするにあたって、やはり食は自分の生まれ育ちとか、環境がすごく影響していると思うんです。原点、ベースはやはり母の手作りのもの。5人の主人公の裏側にあるもの、大切な人が作ったとか、誰と食べたのかっていうところにおいしさが潜んでいるんじゃないかなと思って作りました。映画自体はもちろんフィクションなんですけど、フィクションの中に真実があるというか、大切な人に対する思いみたいなものを通せばみなさんに届くのでは、と思って作りました。実写以外を使ったのは、その中からファンタジーな要素、想像力を持ってもらいたかった。映画というのは自由で、決まった表現もあるが、そうゆう(想像力等を自由に)表現をしてもいいんだよということを映画を通して伝えたかった。食事とトイレが一緒になっている刑務所の画から、人間の営みを出したかった。この映画で取り上げられた食事は原作のなかでは定番メニューなんです。他の食事も今後のパート2、パート3として取り上げて行けたらなと思っています。

■永岡
劇中のしおりラーメンは本当においしかったです。ラーメン以外だと、僕は黄金めしが一番好きでした。
こんなにお腹の空く映画はないです。食べたい物を食べて、この映画をぜひ食事の前菜として扱ってくれればすごくうれしいです。見た感想などをtwitterなどで呟いてくれればうれしいです。

■勝村
劇中、僕だけ背負った話がなくて・・・。(笑)この作品は本当短い期間で凝縮して、役者同士も仲良くなれたし、監督も締めるところを締めてくれて。食べ物の話をしていましたが、食べ物を作ってくれた人たちや僕らのことを支えてくれた全ての人たちの力が凝縮された作品となっているので、ぜひ宣伝していただいて、たくさんの方に見ていただければ。

■落合
黄金めしはおいしかったです。卵も本当に新鮮で、お母さん役(木野花)がすごい良い人で・・・。
こうやってこの場に立たせて頂いて、皆さんの表情を見れてやっと完成したんだなと思いました。いろんな人に見てもらって、おいしいごはんや、誰と食べるかということを考える映画だと思うのでそこを感じていただければうれしいです。

■ぎたろー
しおりラーメンは、ねぎ油のにおいがすごいんですよね。食べさせてもらえなかったんですけどね(笑)この作品で15kg太っちゃったのと、勝村さんがクマをやれとか振るんで、遊んでて衣装を破っちゃったりして、担当の方に怒られました。(笑)
食べてばかりの映画ですが、食べる=生きていくということなので、ごはんを食べるときに「いただきます」や「ごちそうさま」とかの思いをもって暮らしていっていただければ良いなと思います。

■麿
劇中に登場する、すきやき。おいしかったですよ。はちみつと味噌と・・・(質問した観客の方に向かって)今度ごちそうしますよ。(笑)塀の中の話ですが、食をはじめとする、人間の生活の縮図として、見ていただければと思います。

■木村
1人でご飯を食べるのが普通になってしまった今だからこそ、一緒にごはんを食べたい人とこの映画を観に行ってもらえたらなと思います。この映画を通して、思い出のごはんの話だったり色々な話をすることでまた人間関係を築ける、そういったメッセージや思いがこもった作品だと思います。



「第4回したまちコメディ映画祭in台東」
公式HP:www.shitacome.jp



 前田哲監督の新作。まだ観ていませんが,期待しています。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/09/29(木) 01:04:50|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第24回東京国際映画祭 仙台での上映も決定!!TIFF ARIGATO プロジェクト詳細発表

ロゴ
東京国際映画祭の役割は、人に夢と希望を与える素晴らしい芸術文化である映画を通じて、皆様に喜びや感動、勇気を届けることです。3月11日の東日本大震災を受けて、第24回東京国際映画祭が展開中の「TIFF ARIGATOプロジェクト」においても、素晴らしい映画を上映し、夢と希望をお届けすることが日本の復興に通じると考え、第24回東京国際映画祭記者会見にて新たに仙台での特別上映会及び特別上映-「震災を超えて」の開催決定ついて発表いたしました。

===================================================================

■「東京国際映画祭 in 仙台」特別上映会
東京国際映画祭の出張特別上映会を仙台で開催。東京国際映画祭と映画祭を支援する協賛スポンサーが被災地に向けて送る応援プロジェクトです。
【日時】 2011年10月25日(火)午後   
【会場】 MOVIX仙台
【上映作品】
・『ハルのふえ』(提供:トムス・エンタテインメント)
・『ステキな金縛り』(配給:東宝) 
・『カイジ2 ~人生略奪ゲーム~』(配給:東宝)
・『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(配給:ギャガ)



■特別上映-「震災を越えて」
TIFFの特別上映枠にて、被災地発の映画・映像作品を上映。
【上映作品】
・『ギリギリの女たち』(監督:小林政広)
・『がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』(監督:小林正樹)
・KWN:キッド・ウイットネス・ニュース「今、つたえたいこと」
岩手・宮城・福島の三県の被災地に住む子どもたちの「今、つたえたいこと」をテーマに撮影した映像メッセージ

※TIFF ARIGATOプロジェクトでは既に発表の通り、その他TIFF ARIGATO募金、TIFF ARIGATOメッセージ、TIFF ARIGATOバンドの活動も行っております。詳しくは公式サイトをご覧ください。

===================================================================

■第24回東京国際映画祭
■開催期間:10月22日(土)~10月30日(日) 9日間   
■会場:六本木ヒルズ(港区)ほか
■オフィシャルHP:http://www.tiff-jp.net/      
■チケット発売日:10月8日(土)前売鑑賞券発売開始
■一般問い合わせ先
ハローダイヤル 9/21(水)~10/30(日)
日本語:03-5777-8600、050-5541-8600 (全日/8:00~22:00)
英語:03-5405-8686 (全日/9:00~18:00)

===================================================================



 ギリギリの女たちも上映されるのですね!

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/09/28(水) 05:56:55|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ映画講義

エノケン&笠置シヅ子に見る

第4回したまちコメディ映画祭がついに開催されました!「したコメ」は浅草、上野という東京随一のしたまちの魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく映画祭です。

毎年コメディに精通した方を講師としてお呼びし行う「コメディ映画講義」。今年は9/17(土)に「エノケン&笠置シヅ子に見る"音楽の世界"」と、9/18(日)に「今年もやります!モンティ・パイソン特別講義」を開講いたしました!



「エノケン&笠置シヅ子に見る"音楽の世界"」

昭和を代表する2大喜劇スター、エノケンこと榎本健一と笠置シヅ子を大特集!ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏をお招きし、2人の魅力に迫るコメディ講義を開講いたしました。

●実施日時:9月17日(土)
●場所:上野東急2
●登壇:ケラリーノ・サンドロヴィッチ(47)、いとうせいこう(50)
●進行:佐藤利明(47)


-昨年に引き続き、映画評論家である佐藤利明氏の進行の元、往年の人気コメディアンであるエノケン(榎本健一)と笠置シヅ子の名シーンを紅白形式で、スクリーン鑑賞しました。

・代表曲対決:エノケン「月光値千金」VS笠置シヅ子「東京ブギウギ
-代表曲対決として、まずは、エノケン「月光値千金」を披露、実は、翌日のライブでこの曲を歌うという、ケラリーノさん。リハーサルの気持ちで映像を見たいとのことでした。戦時中に作られた曲のため、規制により様々なバージョンの歌詞で作成された同曲。ケラリーノさんも、どのバージョンを歌うか思案中とのことでした。また、いとうさんもエノケンの貫禄ある歌いっぷりに、感銘をうけていました。

続いては、笠置シヅ子さんの「東京ブギウギ」。踊って歌う笠置さんを見て、いとうさん「ロックスターみたい」。佐藤さん、「レディ・ガガみたい」、ケラリーノさん「笠置ガガだね」、と大盛り上がり。 

・ジャズ対決:エノケン「窓拭き対決」VS笠置シヅ子「ロスアンゼルスの買いもの
-次に、スクリーンで放映されたのが、エノケンの「窓拭き対決」。戦争の時期に作成された曲のため、「ぜいたくは敵」との風潮を反映した歌詞に注目とのことです。エノケンの歌いまわしに、いとうさんも、「これはラップだよ」と大絶賛。

続いて、笠置さんの歌う「ロスアンゼルスの買い物」を上映。戦後に作られた歌で、先ほどのエノケンの歌とはうって変わってアメリカ礼賛となっている点に、一同驚いている様子でした。また、スクリーン上の歌う笠置さんをみて、「けっして美人じゃないけれど、表情を見ると好きになってしまう」と、いとうさん。

・極めつけの対決:エノケン「ラブ草子」VS笠置シヅ子「買い物ブギ
-ラストは、極めつけの対決。まずは、映画「
かっちり時代」から、エノケンが歌う「ラブ草子」を上映。宝塚のスターとの競演に、3人とも目が離せない様子でした。

続いて、笠置シヅ子「買い物ブギ」を上映。佐藤さんが、自身のコレクションの中から、大変レアな映画で使用された「買い物ブギ」を持ってきており、動く「買い物ブギ」の鑑賞となりました。これには、いとうさんも「なかなか見れるものじゃないよ」と感動の様子。クロージングセレモニーでも、「エノケン×笠置シヅ子のブギフェス」として、豪華アーティストが演奏することを、3人とも楽しみしていました。

また、最後は、佐藤さんの膨大なコレクションの中から、ケラリーノさん、いとうさんが観たい映像をそれぞれリクエスト。佐藤さんによると「DVD屋でもめったに見れない」映像がスクリーンで上映され、盛会裏にトークショーが終了となりました。



「今年もやります!モンティ・パイソン特別講義」

コメディ界のビートルズと呼ばれたモンティ・パイソン。今年もお馴染みの3人、松尾貴史、宮沢章夫、須田泰成がモンティ・パイソンについて語りました!

●実施日時:9月18日(日)
●場所:上野東急2
●登壇:松尾貴史、宮沢章夫 
●進行:須田泰成


■松尾
エリック・アイドルって、日本だと誰がこういうことやってるって置き換えてみればいいんでしょうね。藤田まこと的な人がこういうことやってくれるのってすごいよね。日本ではリハーサルがあって一回だけ集まれば上出来、みたいな感じだけど、ジョン・クリーズの「チーズショップ」なんかもすごいですよね。ただただあれだけ出てくるってこともすごいのに、それが当たり前の状態になったうえで演技をやってるわけですからね。よく合いますよね。だから、本当はその芸を寄席に出て毎日毎日やるぐらいの気持ちがないと、そこまで精度を高めるってとこまでいかないじゃないですか。一回だけ映像に収めるためにそれをやってたわけですよね。それがすごい。(モンティ・パイソンの作品の背景に)気付いてなかったか、それに気付いた人はやめちゃったかどっちかですよね。

■宮沢
エリック・アイドルのコメントVTR、2週間前にメールで頂いたんですけど、届いた時には爆笑しましたね、夜中の3時に。来年70歳?この人いつまでたってもこうゆうことやってくれるんだなって。モンティ・パイソンのオープニング、最初は地味なんだよね。1969年に始まって、日本ではその2日前に「ゲバゲバ90分」が始まって、アメリカでも「ラーフイン」が始まって。共時的に何かが起こるっていうのがすごいですよね。別にそういう潮流があったわけでもないのに、何かの機会が重なってちょうど69年に生まれたんですね。社会情勢とか政治体制とか。そういう背景にある文化が世界的に共有されてるっていう感じがしますね。
でもやっぱりモンティ・パイソン見てると、めちゃくちゃ稽古してるって驚くことありますよね。日本のコント番組でここまでやらないだろっていうことを。そのあたりがすごいなって。20数年前にモンティ・パイソンみたいなことをやりたいっていう人はいっぱいいたんですよ。ただ、そこに気付く人っていうのはなかなかいなかったですよね。コントの質はこういうものがモンティ・パイソンっぽいなっていうのは考えたけど、その背景にあるのがどういうことなのか、こういう風に作ってるってことはあまり考えなかったですよね。


「第4回したまちコメディ映画祭in台東」
公式HP:www.shitacome.jp



 笠置シヅ子はもっともっと評価されるべき歌手だと思うのですよね。

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/09/27(火) 21:14:18|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第4回したまちコメディ映画祭in台東 「映画秘宝まつり」トークショー

0918_映画秘宝まつり②

第4回したまちコメディ映画祭がついに開催されました!「したコメ」は浅草、上野という東京随一のしたまちの魅力を、コメディ映画を通じて存分に味わっていただく映画祭です。


「映画秘宝まつり」トークショー

●実施日時:9月18日(日)
●場所:浅草公会堂
●登壇:町山智浩、浅草キッド、


◆したコメ恒例の「映画秘宝まつり」が今年もやってきた!

-前回は前夜祭で「キック・アス」プレミアム上映と町山智浩さん×水道橋博士のトークショーで盛り上がったしたまちコメディ映画祭恒例の「映画秘宝まつり」。今回は9月18日に浅草公会堂でジャパンプレミアとなる「宇宙人ポール」上映と町山智浩さんと浅草キッドの2人による過激トークショーが行われた。


◆浅草キッドが浅草に宇宙人を連れてきた!

-コメディ映画でありながら映画秘宝メンバーが「今みなさん笑っているけど、必ず号泣しますよ」と豪語した「宇宙人ポール」の紹介に先立ち、浅草キッドがブラックスーツにサングラスというメン・イン・ブラック風の衣装で登場。
更に、最後まで「ポールポジション」が定まらず、もめたという全身タイツに宇宙人のお面という格好で町山智浩さんが浅草キッドに舞台袖から連れ出されながら登場。「出た!捕まった宇宙人だ!」と水道橋博士が突っ込み、「今回町山さんが『宇宙人ポール』を用意してくれたので、僕は"玉"袋を用意しました」とまとめた。玉袋は「僕映画のこと何もわからないですよ。一番最近観たのはタイタニックですし。」と会場を沸かせた。。

「これをやるために日本に帰ってきたんですよね」という水道橋博士に言葉にまんざらでもなさそうな町山さん。「大学ではもう教えたりできないね」という突っ込みに対しては、「宇宙人なので大学では教えられない」と返す場面も。

◆町山智浩、宇宙人との接触に成功!?

トークショーでは、町山さんが実際にエリア51に行き、宇宙人に出会い、彼を宇宙に帰すという茶番映像を上映。浅草キッドのふたりからは「本当に行っちゃうなんてどうかしてるよ!」とのツッコミも。
また、「宇宙人ポール」のスタッフ・キャストの過去作品や、映画の場面写真スライドショーを盛り込みながら町山智浩による「宇宙人ポール」の作品解説が行われた。

◆今後話題の予告編大会!

その後には恒例の映画秘宝が一押しする新作映画予告編大会を実施。「電人ザボーガー」「アメイジング・スパイダーマン」「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」「ダークナイト・ライジング」など10作品の予告編を紹介し、町山智宏が解説した。



公式HP:www.shitacome.jp



 宇宙人ポールは一般公開決まったんでしょうか?

テーマ:映画祭 - ジャンル:映画

  1. 2011/09/25(日) 12:38:00|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。